W情報

阪神6R・7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
【東西Aルート情報会議】
実績<勝負度合い『トライアル重賞』は分かりやすい!(現場の裏ネタ続々)



▼3月の激アツポイント公開▼
新たな金脈がやってくる
『トライアル』
『新人ご祝儀』
『中山ダ1200m』
(予習ページも必見です)




『年間で最も重賞の多い3月開催』がまもなく始まります。トライアル・前哨戦には“陣営の本音”こそ馬券に直結するもの。余裕を残した実績馬が人気で敗れ、トライアルでメイチの情報馬が激走で高配当……という場面も少なくありません。
その他にも『3月恒例の新人デビューご祝儀』や『中山恒例のダート1200m』など、来週からは高回収必至のネタが多数。ぜひとも、今のうちに予習しておきましょう!


情報筋S:
「いきなりやけど、昨日チラッと話した阪急杯に関する詳細は特設ページでチェックしていただければと思います」
-:
「すでに大きなご注目を頂いている阪急杯、確かに今年はメンバーも情報も非常に面白い、ということで、私も当日を楽しみにしております!
そして、何度もお伝えしてきたように、2月は別れの季節。引退関係者にとっての最終日がやってきました」
情報筋T:
「ワシも長いことお世話になった先生ばっかりや。ホンマにお疲れ様でした、やね」
情報筋M:
「その裏で、来週からデビューする調教師・騎手の準備も最終段階。新たな出会い、新たな情報が本当に楽しみです」
情報筋S:
「意外と大事なんが、解散する厩舎のスタッフがどこに移籍するか……というところやね。新規開業の厩舎は馬房数が少ないから、解散厩舎から全員が移動するワケじゃない。特に“腕利き”と言われる連中の動きは押さえておく必要がある」
-:
「馬の移籍先は公式でも発表されますけど、人の動きまではスポーツ紙・専門紙には載りませんよね」
情報筋T:
「だからこそ、もう一歩踏み込んだ情報収集が必要となるワケよ」
情報筋S:
「少し例を挙げておくと、角居厩舎でサートゥルナーリア等を担当してた助手は、新規開業の辻野厩舎にそのまま移籍するみたい。ま、辻野クン自体が角居厩舎出身やから、これはスンナリ決まったんやろね。キセキの担当も同じ流れって聞いたな。
その一方で、西橋厩舎とか西浦厩舎から移籍してくるスタッフも居るらしいから、色々とまた新しい人間関係が生まれてきそうやわ」
情報筋T:
「面白いところで言えば、畑端厩舎は多方面から腕利きが集まるって話がある。これ、噛み合えば結構伸びる厩舎になるんちゃう?我が強すぎて荒れるパターンもありそうやけどさ(苦笑)」
-:
「競馬サークルの動きって本当に面白いですね~。サイト内でも色々と配慮・工夫は必要になりますが、もっと沢山の役立つ話をお伝えできるように、スタッフも努力しないといけません」
情報筋M:
「ボクたちも、もっと現場の方々と密にお付き合いして、情報収集に力を入れていきます。そのために、今週からアプリ始めたんですよ。ウマ娘!」
情報筋S:
「アプリっつーか、それゲームじゃねえか……?」
情報筋M:
「競走馬を擬人化したゲームですが、これが現場でも結構やっている方が居るんですよ。ゴールドシップを担当していた名物の厩務員さん、ゲーム内でゴールドシップ育ててましたよ(笑)」
情報筋T:
「ま、人との繋がりのためには話題を増やしておくことは大事。ワシは年やで、ゲームの話はよう分からんが、最終的に良いネタを聞けることに繋がるなら、何でも取り組んでいきたいモンやね」
情報筋M:
「2月・3月は“人”の動きや熱量を特に感じられる季節、そしてもう一つの面白さは『トライアル重賞』がココから増えていくことですね」






情報筋T:
「そうやね。実績以上に勝負度合いの差が馬券に繋がる、叩き台のヤツとガチのヤツが同時に出てくる舞台ね。この辺についても色々とサイト内で解説しているので、ぜひともご覧になってくださいな」
情報筋S:
「来週のチューリップ賞・オーシャンS・弥生賞は昨年も◎○▲の3頭で3連チャンやったな。今年も良い感じで仕留めていきたいね~」
-:
「3月競馬も期待しております。それでは、最後に会議限定の注目レース、どこにしましょうか?」
情報筋T:
「クラシックに繋がる可能性があるという意味で、日曜阪神10RのすみれSでも行っとくか? 内部的には8番ディープモンスターと3番グロリアムンディ、この2陣営のヤル気が目立つな」
情報筋S:
「じゃあディープモンスターの方はオレから聞いた情報を伝えると、これはデビュー前から『併せ馬で遅れたことがない』って盛り上がっていたことが懐かしいね。デビュー予定の小倉戦で放馬して“ソッチの意味でモンスターかよ!”って多方面から突っ込まれてたけど、それ以外はだいたい順当に進んできた。ユタカさん(武豊)もこの馬にかける期待は大きいみたいよね」
情報筋T:
「賞金的には、ココを勝てば収得賞金2100万になってクラシック出走がほぼ確定するだけに、ヤル気は十分やろな。負けたらダービー路線に切り替えざるを得なくなるさかいに、是が非でも勝ちたいのは確かやろう」
-:
「今週の“社台特捜班ブログ”でも話題になっていましたが、そろそろクラシックの賞金ボーダーが見えてくる頃合いですよね~」
情報筋M:
「グロリアムンディに関しては、一貫して福永騎手サイドの評価が高い馬なんです。この馬単体のトーンだけでいえば、京都2歳Sも若駒Sも『負けは考えてない』というくらいに高かったですからね」
情報筋T:
「ただ、結果的にはどちらも負けてしまったと。京都2歳Sは位置取りが悪すぎって厩舎も怒ってたな。若駒Sは重馬場が厳しかったって言うてるみたいやね」
情報筋M:
「今回は良馬場ですから、いよいよ言い訳は利かない一戦です。福永騎手としても、共同通信社で騎乗したシャフリヤールで賞金加算ができなかったので、クラシックのお手馬候補としてはこの馬で勝つしかないでしょうから」
情報筋T:
「この2頭に、“明日の獲りドコ”でも取り上げられている美浦・堀厩舎の4番エスコバルが食い込めるかな?という構図。先行できそうな7番スパイラルノヴァの残り目も警戒やな」
情報筋S:
「そして、マツクニさん(松田国厩舎)の6番モンテディオ。3万馬券的中の立役者になった未勝利戦を勝って中1週の強行軍やけど、前走の勝ちっぷりは悪くなかった。果たしてどういう走りを見せるか!」
情報筋M:
「クラシックに繋がるレース、来週からは重賞の連続になります。先程も話題に挙げた通り、重要な情報戦、ぜひとも毎週ご注目いただければ幸いです」
-:
「承知しました!」





6R
3歳1勝クラス牝 ダ1400m

事前情報ランクM


期待値65%
松永幹 厩舎
6枠12番
チカリヨン


ダート替わりは歓迎の前走だったが、中間一頓挫あり半信半疑なところもあった。それでも、中団追走から直線は外に出し、抜群の伸びを見せて、内で粘る2着馬を競り落として、見事に勝利。レース後に騎乗していたルメールが、『上でも通用する』と褒めていたとの事だ。「中間は順調だし、昇級でも牝馬同士のココなら勝ち負けでしょう。結果次第では大きなところにも挑戦したいですね」と連勝期待の陣営。


期待値65%
宮本 厩舎
1枠2番
クインズメリッサ


新馬戦が8馬身差の圧勝だったので、距離延長の前走のなでしこ賞でも色気を持っていたが、ゲートで立ち上がって転倒。競走除外になり、ゲート再審を食らってしまった。「再審査に合格した後に放牧に出して立て直しました。乗り込んでゲート練習もシッカリやりました。気性的に幼いところはありますが、ゲートまで厩務員がついていけば大丈夫ですよ」と陣営。スピードはここでも通用するものがあり、久々でも侮れない。




7R
4歳上1勝クラス ダ1800m

事前情報ランクM


期待値65%
松田国 厩舎
8枠8番
サイモンルモンド


土曜日、同じく引退する田所秀厩舎のニシノダンテとの叩き合いを制してトライハードで勝利した松田国厩舎。最終日の日曜日は中山、阪神、小倉で7頭出しで、最後の最後まで意欲的に勝利を狙う。この馬もその一頭だ。「前走、出遅れたけど挽回して、4角は良い感じで回って来たのですが、直線は内にモタレて、それを矯正しながらになり4着まででした。中間も順調だし、阪神コースに替わるのも良いので、あとひと押しを期待します」と陣営。

期待値65%
寺島 厩舎
6枠6番
ヒミノブルー


軽度のトモの骨折明けで7ヵ月ぶりの競馬。「コース、坂路を併用して乗りだし、プールも取り入れて、順調に仕上がっています。馬体が成長して、良い休養になった感じもあります。一度使った次の方が良いかもしれませんが、このクラスで上位の実績があるし、メンバー的にもココなら食い込める余地はあると思います」と色気ありの陣営。



8R
4歳上2勝クラス 芝2400m

事前情報ランクC


期待値65%
寺島 厩舎
2枠2番
ディバインフォース


来週の中山・潮来特別を予定していたが、水曜日の想定の段階で3頭しかいなかったので、前倒しして今週に出走を決意。「前走は流れが向かなかったし、ハンデも堪えました。放牧明けですが、少し調教が足りなと思うくらいの時がこの馬は走るし、捌きやすい頭数も有難いですね」と陣営。





9R 甲南S
4歳上3勝クラス ダ2000m


事前情報ランクM


期待値65%
角居 厩舎
7枠8番
ワイドソロモン


静かに引退を迎える角居勝彦厩舎は、今週この馬1頭だけ出走。『スンナリ先行できれば昇級でも即通用』との前走。注文通りにハナを切れたが、直線半ばで苦しくなり9着。「休み明けのぶん、気持ちが入らなかったのかもしれません。今回の方が馬がヤル気になっているし、手前の関係から右回りの方が溜めが利くので、あとは自分の型に持ち込めるかどうかですね」と陣営。


期待値65%
松田国 厩舎
3枠3番
ハギノリュクス


立て直して仕上がりは良く、自信を持っていた前走。好位追走で流れに乗っている様に見えたが、追ってからの反応が悪く、伸びきれずにまさかの惨敗。『少し前半力んでいたのが影響したのか、いつもの伸びがありませんでした。レース後にすぐに息が入り、力を出していない感じでした』と騎乗していた福永騎手。「今週は火曜日にコースで追い、木曜日にはジョッキーが跨り、最終調整しました。これで気持ちが入ってくると思うし、能力的にここでは上なので、巻き返して欲しいですね」と陣営。




10R すみれS
3歳オープン 芝2200m

事前情報ランクM


期待値65%
堀 厩舎
4枠4番
エスコバル


父のモーリスに似て、ゲートでワンテンポ遅れてしまうところがある。それでも未勝利なら力だけで勝てたが、昇級の前走は鞍上が焦って強引な乗り方をしたのも影響して10着と力を出せずに終わった。「中間、ゲート練習をしていますが、すぐには改善できません。少しでも距離が延びるのは、それをカバーするには良いでしょう。素質のある強い馬もいますが、力を出し切れば、この馬も劣らないものはあるので、巻き返して欲しいですね」と反撃態勢。





12R
4歳上2勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM


期待値65%
上村 厩舎
4枠7番
スエーニョブランコ


◎クインズヴィヴィから的中をお届けした前走。1番人気に推されたが、間隔が開いていて気負っていたし、先行争いも激しく6着と人気を裏切ってしまった。「デビュー戦以来の左回りという事にも戸惑いがあったのかもしれません。一度使って良くなっているし、実績のある阪神コースならば、前走のような事はないでしょう」と陣営。前走後はココ目標に仕上げたと巻き返しに燃えていた。


期待値65%
鈴木伸 厩舎
8枠16番
ミツカネプリンス


前走は昇級で、ベストの1400mへ使えずに1300m。デキの良さで密かに期待をしていたが、スタートで接触して後ろからになり、更には前残りで展開も向かなかった。「それでも脚はそれなりに使っていたので、内容的には悲観していません。変わらず絶好調だし、このクラスでもやれる力はあるし、距離も1400mになるので、ココは改めて期待したいですね」と陣営。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する