W情報+匠

東京6R◎290.870.3150
東京9R×
東京10R ×
東京12R ×
匠の買う『馬』
東京6R 4歳以上1勝クラス
馬主特捜班キングダムが買う『馬』東京で惜敗続きにピリオドを打つ


コンテンツ説明

馬主情報の頂!
馬主特捜班『THE・キングダム』


数百万単位の勝負をすることもある大物馬主と、同じ情報を入手している馬主情報専門チーム。馬主は現役関係者の中で唯一馬券を買うのが許されている存在であり、馬主の元には決して表に出ることのない多くの裏ネタが集まってくる。実際の馬主が聞いているオフレコ情報に少しでも触れれば、これまでの競馬の見方が大きく変わるのは間違いないでしょう!





◎7枠11番

アメリカンフェイス


本命馬の話
?
前回に続いての本命、⑪アメリカンフェイス(馬主・吉澤ホールディングス)から入りたいと思います。
前走も軸馬として期待しましたが、スタートで他馬に寄られて、ポジションが悪くなる不利。あの乗り役(クリストフ・ルメール)らしく、レース後の談話ではそれを敗因としていなかったようですが、見ての通り、何もなければ勝っていたのではないでしょうか。中京・中山・中山と走ってきましたが、器用なタイプではないので外目の枠で距離延長はプラスでしょう。
「いつも強い相手がいるんですけど、安定してきました。もともと東京ダ2100mが良いと思っていただけに決めたいですね」とは厩舎サイド。実際、昨春に東京ダ2100mを使って、結果は出ていないのですが、当時は相手が強かったり、使い詰めの影響があったそうです。オーナーはアメリカのセリへ定期的に参加、マスターフェンサーでアメリカ遠征をしたことでも知られるように、所有馬の大半はダート適性が高いことでも知られますね。
相手上位には初ダート組も注目しておきたいもの。⑭エターナルボンドはジョッキーの進言もあり、挑戦することに。追い切りではこの馬なり動けており、「フットワークからもダートは向きそう」と陣営。田辺騎手の騎乗馬の最もお得意先である社台レースホースでもありますね。



馬連

11-14
3-11
1-11
-----
11-12
4-11




3連複

フォーメーション:計15点



1頭目→11
2頭目→14.3.1
3頭目→14.3.1.12.4.6.7





3連単

フォーメーション:計36点

1着→11
2着→14.3.1.12
3着→14.3.1.12.4.6.7
1着→14.3
2着→11
3着→14.3.1.12.4.6.7



匠の買う『馬』
東京9R 初音ステークス
元厩務員グループ『マムシ』が買う『馬』圧勝の舞台で巻き返す


コンテンツ説明

職人ホットライン
元厩務員グループ『マムシ』


競走馬と最も密に接する厩務員達の間には、知る人ぞ知る秘密のネットワークが存在する!確かに調教師や馬主に比べれば権力は無いが、だからこそ厩舎や所属、世代の垣根を越えた広大な繋がりが構築されており、そのルートで仕入れられる情報は他とは一線を画す。このネットワークで馬券を追い求める秘密のグループこそが『マムシ』だ。




◎7枠14番

ラルナブリラーレ


本命馬の話
?
昨日の蛯名、アカイイトは惜しかったな。結局馬券になったのはあのレースだけで、馬券的な狙いとしてもピントは合っていたんだが。今日は東京で1鞍だけなんでちょっと難しそうだが、来週、再来週に現役最後の勝利となるだろうか。
さて、東京9Rの初音Sはアカイイトが週半ばまで出走を予定していたレース。メンバーを見れば一目瞭然だが、飛鳥Sに回って大正解だったな。今すぐ牝馬重賞に使っても勝ち負けになるような馬が何頭も顔を揃えている。
中でも本命に期待しているのが⑭ラルナブリラーレ。圧勝した2走前にも本命にして万馬券的中になった関西馬だ。今回はその時と同じ東京の芝1800mで、単純に考えれば2走前と同じだけ走れば勝ち負けになる。
前走は馬群の中で運んだせいで馬の気持ちが萎えてしまったって話。今回は好走してる時のように外目をノビノビと走らせるつもりのようだし、おあつらえ向きの枠も引いている。田辺は先週のセイウンヴィーナスでもいい仕事をしてくれたが、ここでも期待だ。実際、今のところ関東リーディングだからな。
⑨デゼルも改めて説明する必要のないような素質馬。今年の後半には重賞の常連になっているだろう。前走は中山が合わなかったが、東京だった力通り走ってくるだろう。同じ勝負服でのワンツーが大本線だ。
先手を取れそうな⑮ショウナンハレルヤもペース次第で押し切る可能性がある。あとは良馬場なら見限れない⑬シングフォーユーと2走前3着の⑤アクアミラビリス。社台レースホースは5頭出しだが、3着まで独占という可能性もあるかもな。




馬連

9-14
14-15
13-14
5-14
-----
8-14
2-14
10-14
12-14





3連複

1頭軸流し:計28点



14⇒9.15.13.5.8.2.10.12





3連単

フォーメーション:計42点

1着→14
2着→9.15.13.5
3着→9.15.13.5.8.2.10.12
1着→9.15
2着→14
3着→9.15.13.5.8.2.10.12



匠の買う『馬』
東京10R バレンタインS
チームMKが買う『馬』展開は絶好 安定感はオープンでも


コンテンツ説明

現役関係者が率いる常勝軍団
チームMK 関西情報部


現役の大物関係者MK氏率いる関西情報部。その情報網は『東の飯塚、西のMK』とも言われるほどで、関東のチーム飯塚と双璧。最大の武器はトレセンの細部にまで張り巡らされた人脈で、特にエージェント系からの騎手情報、助手・厩務員絡みのヤリ話は高精度。根っからの馬券好きが揃っているのも特徴で、他の情報筋の間にも隠れファンが多い。





◎8枠16番

ニューモニュメント


本命馬の話
?
自らが潰れようともハナにこだわると宣言している存在がおり、モマれたくないタイプも多数でハイペースは濃厚。全般的にオープンでの経験が浅く、昇級初戦でも末脚が身上の⑯ニューモニュメントが通用しそうだ。昨年、出走希望馬が飽和状態だった3勝クラスだけに、なかなかコンスタントに使うことができなかったが、体調面が安定したことで成績は堅実。安定感を示す最たる例とすれば、出走が叶うため不慣れな1800mに使っても、しっかり脚を使えていたことだ。ただし、末脚をハメるという意味ではこの距離がやりやすいということ。ペース的にもおあつらえ向きの相手関係といえる。「根岸Sの除外は織り込み済みです。息の長い脚を使えるので、東京1400mはピッタリですね。オープンでもやれると思いますし、ジョッキーも癖を知ってくれていますからね」と厩舎サイドも期待。
⑫ヴァニラアイスはモマれる競馬にならなければ、大崩れしないタイプ。デキはキープしているそうで、3走前にはハイペースを追い掛けていって、4着に踏みとどまった経緯もある。「スムーズならやれていい」とは複数の情報ルートの一致した見解だが、自身より外枠の馬との兼ね合いを上手くこなせれば、力は発揮できそうだ。
まだまだ見限れないのは⑥ウルトラマリン。前走から斤量増は決して楽ではないが、今度は横山典弘自ら厩舎へ脚を溜める競馬を直談判したという。昨夏のオープン入り時は距離こそ違うが、新潟ダ1200m戦史上でも過去最高のハイペースで上手く立ち回ってのもの。脚の使い方一つで巻き返しは可能。



馬連

9-16
12-16
6-16
5-16
-----
15-16
11-16




3連複

フォーメーション:計18点



1頭目→16
2頭目→9.12.6
3頭目→9.12.6.5.15.11.2.1





3連単

フォーメーション:計42点

1着→16
2着→9.12.6.5
3着→9.12.6.5.15.11.2.1
1着→9.12
2着→16
3着→9.12.6.5.15.11.2.1



匠の買う『馬』
東京12R 4歳以上2勝クラス
チーム飯塚が買う『馬』混戦メンバーならこの馬に穴の資格


コンテンツ説明

最終レース的中請負集団
チーム飯塚 関東情報部


名ステイヤー・ライスシャワーを育てた元JRA調教師・飯塚好次師率いる、業界屈指の情報通・馬券通チーム。情報の質と量、そしてその正確性は「このチームだけで専門紙が出来てしまうのでは!?」と言われるほど驚異的。時に様々な情報が錯綜し、ジョッキー心理も大きく影響する『最終レース』において、毎週高確率で的中馬券をお届けできる理由もそこにある。




◎3枠6番

アイアムピッカピカ


本命馬の話
?
ハイレベルだった土曜日の東京最終から一転して、このレースは牝馬限定戦ということもありレベルの微妙な大混戦。正直なところ展開一つでいくらでも結果は変わりそうだ。少額に控えて大きな配当を狙うレースにしておきたい。
狙いの1頭は⑥アイアムピッカピカ。前走は大差の最下位だが、これは心房細動でノーカウント。ちゃんと休ませているのでもう影響はないと聞いているし、基本的には使いこむより休み明け一発目の方が走る馬だ。
東京のダート1400mでは未勝利戦も1勝クラスも勝っていて、牡馬混合の小金井特別でも3着。ここ2走の大敗で評価を落としているが、前走は心房細動だし、2走前はグレートウォリアーとスリーグランドで決着した超ハイレベル戦。このメンバーだったらアイアムピッカピカは能力上位だと考えていい。これだけ人気が無いならリターンは十分。
相手本線は「オーナーサイドがリーディングの田辺騎手への乗り替わりを指名した」という⑤トリッチトラッチ、初ダートの前走で好走を見せ、今回も砂を被らない外枠を引けた⑭フォークテイル、立ち直ったタイミングでルメール騎手に乗り替わる⑨ラティーンセイル。




馬連

5-6
6-14
6-9
-----
6-16
6-12
6-11
6-7





3連複

フォーメーション:計15点



1頭目→6
2頭目→5.14.9
3頭目→5.14.9.16.12.11.7





3連単

フォーメーション:計36点

1着→6
2着→5.14.9
3着→5.14.9.16.12.11.7
1着→5.14.9
2着→6
3着→5.14.9.16.12.11.7



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する