W情報+

前日特ネタ
中京1R 3連複○4600
東京2R 馬連○1810 3連単○27720
小倉2R ×
前日特ネタ
中京1R 3歳未勝利
この産駒らしく叩き良化 距離短縮でもうひと押し



◎7枠13番
ゴイゴイスー


本命馬の話
?
現3歳世代が初年度となるホッコータルマエ産駒。父の特色を受け継いで、使いつつ良くなっていく傾向が見受けられるが、今中京開催では高いアベレージで好走。相性の良さも見せていた。今回の推奨はそのタルマエの仔⑬ゴイゴイスーから。
2走前に福島のダ1700m戦で先行して2着に粘り込むと、前走は中京ダ1400mに矛先を向けて、ハイペースを先行して4着。コーナーでは大外を回りながらしぶとい走りを披露。レースを重ねる毎にパフォーマンスを上げてきた。「最後に甘くなるので距離を詰めてみる。スピードを活かして粘り込みたいね」とは厩舎サイド。
中尾秀正厩舎だが、今開催はこの中京ダ1200mで既に2頭の3歳馬が勝ち上がりと好調。上位厩舎ではないため、頻繁にこの鞍上(川田将雅)が付き合ってくれるようなこともないだけに、近年を見てもめったに騎乗依頼は無い。ここは勝負の乗り替わりということだ。



馬連

3-13
9-13
12-13
5-13
-----
8-13




3連複

フォーメーション:計15点



1頭目→13
2頭目→3.9.12
3頭目→3.9.12.5.8.10.2





3連単

フォーメーション:計36点

1着→13
2着→3.9.12.5
3着→3.9.12.5.8.10.2
1着→3.9
2着→13
3着→3.9.12.5.8.10.2





東京2R 3歳未勝利
着差=実力差ではない 距離延長で勝ち負けへ



◎2枠4番
ローズボウル


本命馬の話
?
④ローズボウルはそろそろ勝ち負けになって良い存在。過去3戦していずれも秒単位の敗退を喫しているが、近2戦は勝ち馬が圧勝したもの。その中でもロスのあるレース運びをしながら内容は良化している。「今週はホライゾネット(前走時も着用)を着けて追い切りましたが、前進気勢もありましたし、しっかり走れていましたよ。前走以上の状態で挑めそうです。距離が延びた方がレースもしやすいでしょう」と厩舎サイド。フットワーク的にすんなりとした形が理想だろうが、コース的にも1角までのポジションを取れれば可能。前走にしても伸び上がるようにゲートを切った上、ジョッキーによればもう少しポジションは上げていきたかったそう。乗り役も2度目で改善点を踏まえて乗ってくるようだ。
⑥ミッキーセレスタは別厩舎の全兄(ダノンセレスタ)が勝ち上がりに時間を要したように晩成傾向のようだが、初戦とは「調教の動きが変わってきた」と情報筋。なるほど坂路では好タイムを連発。距離延長は苦にするタイプでもないそうだ。



馬連

4-6
4-15
3-4
-----
4-16
1-4




3連複

フォーメーション:計15点



1頭目→4
2頭目→6.15.3
3頭目→6.15.3.16.1.5.11





3連単

フォーメーション:計36点

1着→4
2着→6.15.3.16
3着→6.15.3.16.1.5.11
1着→6.15
2着→4
3着→6.15.3.16.1.5.11



小倉2R 3歳未勝利
母からお馴染み。この条件変更で新味期待!

◎5枠10番
ハクビ

本命馬の話

距離延長で新味が出るか。この一戦も含めて先々まで覚えておいてほしい1頭が⑩ハクビ。
昨夏の北海道シリーズでも一部で盛り上がっていたが、ソエを気にしながら連続3着とメドを立てていた馬。立て直してきた前走の復帰戦はスタートのロスも大きかったが、イキナリの高速馬場と坂が堪えたとの事で、再び立て直して臨む今回は小倉の1800mを選んできた。
というのも同厩舎で管理していた母シラユキが短距離に良績を残していた事で、1200mで下した格好だが、「大跳びで急がせえると良くないですね」との事で、距離を延長した前走は前記した通り。その事で距離を延ばし、舞台も平坦へ。母シラユキといえば、ココ小倉で本命公開から的中馬券をお届けした事もあり古いメンバー様ならお馴染みの1頭で、リアルインパクト、ネオリアリズム、インディチャンプなど重賞ウイナーがずズラリと並ぶ良質母系。ゆえに腕利きの担当も力が入らないワケはなく、成長分を差し引いても太かった前走を叩いて、今回はシッカリと立て直してきた模様。見渡せばレベル?の限定戦で、ココは人気の盲点。
相手には、「前走はフロックではありません。レースに行って前向きになってきたのが何より」という⑧イフィゲニア。そして、関東馬の栗東滞在経由でお馴染みの小島茂厩舎=⑤キフジンノドレスも前走から上積みがあり、「落ち着きが出てきてレースに集中するよになった」という⑬ロゼットを本線になるが、以下も差は無く手広く少額で構えておきたいところ。


馬連

8-10
5-10
10-13
-----
7-10
4-10
2-10
10-12
6-10



3連複
フォーメーション:計18点

1頭目→10
2頭目→8.5.13
3頭目→8.5.13.7.4.2.12.6



3連単
フォーメーション:計42点

1着→10
2着→8.5.13.7
3着→8.5.13.7.4.2.12.6
1着→8.5
2着→10
3着→8.5.13.7.4.2.12.6



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する