W情報

阪神8R・9R・10R・11R・12R
今日は中山競馬場です
阪神8R・9R・10R・11R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
【東西Aルート情報会議】
来週は『調教師試験』の結果も注目!(現場の裏ネタ続々)



▼師走の儲け処は凄いぞ!▼
(予習ページも必見です)





-:
「本日は関西情報筋の皆さまとお送りしてまいります。例年だと阪神開催の開幕日というところですが、今年は異例の日程で11月から引き続きとなりましたね」
情報筋T:
「2開催連続になるメリットとしては、前開催の傾向やイメージを引き継げることだわな。芝は徐々に内側が荒れてきた印象やけど、まだまだ時計は出るね。同じアプローチで戦えそうなのは何よりや」
-:
「阪神開催からは12月一発目として早速、阪神1Rで3連単2万3710円的中、そして10Rでは『匠・チームMK』の推奨馬券から3連単1万0450円的中が出ております」
情報筋S:
「『チームMK』のレースは4着以下の人気薄も買い目に入ってただけに、僅差の3着争い次第ではもっと高配当もあったんやけどな。結構悔しがっとったわ。全然満足しとらんてさ」
情報筋M:
「ボクたちも負けじと頑張らなければなりませんね」
-:
「重賞レースの回顧なども少しいただけますでしょうか」
情報筋T:
「チャレンジCはスローペースになってレイパパレが折り合いに苦労しとったけど、余裕持って勝つんやから相当なモンやね。もっとペースが上がったほうが本来は競馬はしやすいはず。距離的にもマイルくらいがベストかもね」
情報筋M:
「そんな中で、敢えて2000mの重賞に参戦して勝ったことに価値がありますね。距離短縮はいつでも可能ですから」
情報筋S:
「ステイヤーズSの方は、ちょっと酷い競馬やったな。3600mのうち、まともに競馬したんは後半の1000mだけ。道中は散歩レベル。そんなペースやのに後方でチンタラ追走してた騎手たちは、正直勉強し直したほうがエエと思うよ。今後が心配になるわ」
情報筋M:
「前半1000m通過が66秒台。後方の馬たちは下手すれば70秒近い数字での通過でしょうね。『勝つ』意志が本当にあったのかどうか(苦笑)」
情報筋T:
「積極的な姿勢を示したのは上位1~4着の騎手だけ。ノリ(横山典)やルメールはさすがにペースが読めとるよね。こういう騎手をもっと見習ってもろて、精進してほしいもんや」
-:
「その他、12月競馬に突入しましたが、週中を含めてトピックスなどありましたか?」
情報筋M:
「今週は調教師試験の2次試験も行われましたね。2次は基本的に口頭面接なので、人によって手応えも随分違うようでした。栗東はさほど注目されていませんが、美浦は蛯名騎手だったり、村田騎手だったり、西田騎手だったり……現役ジョッキーも数多く受けてますから、そちらの方が盛り上がってるみたいですね」
-:
「現役騎手の調教師転身は特に話題になりますもんね。ところで、結果発表はいつでしょうか?」
情報筋M:
「来週の木曜日予定になっています。週末の会議でまたこの話題ができそうですね」
情報筋T:
「マサヨシ(蛯名)あたりは受かっててほしいけど、結果はどうやろな。楽しみに待ってよか。ほな日曜の話題へ移ろう」
-:
「チャンピオンズCに向けても、午前中から軍資金作りに励みたいものです。それでは会議限定の注目レースをお願いします!」
情報筋T:
「明日の阪神5Rは芝2000mの新馬。少頭数やけど、まあ各所から期待馬は出てきてるわな。
4番ゴールドフライトってどうなんやろ、地味な厩舎(坂口智厩舎)やけど人気するんかな? 厩舎は『もう一本追い切れればベストやったけど、悪くない仕上げでよう動く』って結構褒めてたよ。血統的にもデビューした兄貴達は複数勝ってる、クズの出ない血統ってやつやね」
情報筋M:
「対比でトップクラスの厩舎から取り上げますが、中内田厩舎の2番ロードプレジールも評価はなかなかでした。母キャトルフィーユも重賞戦線で活躍していた馬で、その母に似て『一本調子な面はある』と言うものの、これは先行できれば十分勝ち負けになりそうです」
情報筋S:
「後は8番の“井上陽水”もなかなか良さそうやったで」
-:
「???」
情報筋S:
「……少年時代(ショウネンジダイ)や。通じると思ったんやけどな」
-:
「大変失礼いたしました」
情報筋S:
「謝られると余計惨めになるわ(苦笑)。さっさと馬の話するけど、フサイチエアデールが22歳で産んだ産駒になる。随分とおばあちゃんになったもんや……」
情報筋M:
「年老いた母の子は嫌われるところもありますが、この馬は評価高いんですよね」
情報筋S:
「そうそう。キレ味はさほどでもないけど、持久力はなかなかのモンって言ってたわ。これもポジションを取って粘り込みたいタイプやね。アタマで来てくれれば単勝も付きそうやな」
-:
「ありがとうございます。挙がった馬たちを中心に組んでみます!」
情報筋T:
「年末年始の競馬はホンマに楽しいし、ボーナス・お年玉ってワードがポンポン飛び交っとる。毎週、大いに獲っていきましょうや!」





8R
3歳上1勝クラス ダ1800m

事前情報ランクC


期待値65%
吉岡 厩舎
8枠9番
ゴールドパラディン


引退した山内厩舎から吉岡厩舎に転厩した時から注目していたが、初ダートとなった最後の未勝利戦で、先行して4角先頭の競馬で押し切り勝利。勝ち時計は同日の古馬2勝クラスを上回るもので、ダートへの高い適性を示した。「短期放牧明けですが、十分に乗り込んで仕上がりは良いです。昇級になりますが、前走の勝ち方ならば、即通用の期待は持っています」と連勝を狙うムードの陣営。

期待値65%
浜田 厩舎
8枠8番
ウィッチクラフト


2番人気に推された前走だったが、『中間、熱発やザ跖、フレグモーネなど相当順調さを欠いた。ここは軽視』との情報をお伝えしていたので、11着に惨敗というのもある程度予測できた結果。「気が悪くて装鞍にも苦労する程だったので、この中間去勢しました。坂路で軽快な動きを見せて仕上がりは良いです。能力はたしかなので、去勢の効果で気性難解消ならば、チャンスはあるでしょう」と陣営。




9R さざんか賞
2歳1勝クラス 芝1200m

事前情報ランクM


期待値65%
梅田智 厩舎
1枠1番
テーオーメアリー


札幌で新馬勝ちした後、ソエが出たので放牧に出して一息入れて、4ヵ月ぶりの競馬。「ジックリと乗り込んで立て直しました。ここ2週、ジョッキーが跨ってくれて、気持ちが入ったみたいで、仕上がりは良いです。一息で走ってしまうところがありますが、相当のスピードがあるし、坂のあるコースも問題ないので、ここも楽しみですね」と連勝期待の陣営。


期待値65%
橋口慎 厩舎
8枠9番
ニシノガブリヨリ


馬主の要望で重賞に挑戦した前走。鞍上の松山騎手は4コーナーで、『勝てる』と感じたようだが、残りの200mでパッタリ止まってしまった。「馬場の悪いところを通った影響もあったし、距離の長かった印象です。久々を一度使っての上積があるし、自己条件で距離短縮ならば、上位争いできると思います」と条件好転で巻き返しムード。





10R 逆瀬川S
3歳上3勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC


期待値65%
石坂正 厩舎
3枠3番
ラルナブリラーレ


鞍上絡みでの勝負話をお伝えして本命推奨した前走。好位追走から早目に先頭に立ち、そのまま後続に4馬身差をつけての快勝。馬連そして3連複1万6550円の万馬券的中をお届けできた。以前から、『2勝クラスならすぐに勝てる』との評価だったが、前走の鮮やかな勝利から、『3勝クラスでも、その上でも』との感触に変化した。「調教でも楽な手応えで好時計が出て、デキはとても良いです。2走前は爪が痛かったので2着でした。今はどこも痛いところはないし、ハンデならここも一気に突破と行きたいですね」と陣営。

期待値65%
鹿戸 厩舎
6枠6番
レッドベルディエス


昨年、3歳で2勝クラスを勝って、4歳になってからは重賞での活躍を期待された程の馬だが、アクシデント等もあり順調さを欠いた事もあり、ここ最近はスランプ気味。そこで今回はブリンカーを着けて来た。「前走、口向きの悪いところを見せて、直線で追い辛そうだったので、右側にブリンカーを着けます。ハンデも52キロと恵まれたので、変わり身を見せて欲しいですね」と陣営。



11R りんくうS
3歳上オープン ダ1200m


事前情報ランクM


期待値65%
鮫島 厩舎
7枠14番
レシプロケイト


4番人気に推された前走だったが、大きく出遅れた上に、4角で外を回らされてしまい、しかも前も止まらい悪い条件が重なり10着と惨敗。「折り合いを考えると距離が1200mになるのは歓迎です。入厩10日の前走を使ってデキは上向いているし、ゲートさえ決めれば勝ち負けになるでしょう」と陣営。厩舎的にはステイヤーズSで2着したタガノディアマンテよりもコチラの方が自信を持っているとの事。


期待値65%
西村 厩舎
1枠1番
ジェネティクス


前走の藤森Sで本命推奨し見事に勝利し、馬連、3連複、3連単で的中をお届け。今回は昇級戦となる。「前走後は、このレースを目標に調整して、体調はとても良いです。右回りだとスムーズに手前を替えられるし、経験を積んで競馬が上手になりました。将来的には重賞でもという期待のある馬なので、ここでも差のないレースができると思います」と陣営。


12R
3歳上2勝クラス 芝1400m

事前情報ランクC


期待値65%
佐々木晶 厩舎
4枠4番
アンジュミニョン


『絶好調!今の馬場も歓迎。前々から粘り込む』と自信満々の前走だったが、レース前からテンションが高く、ゲート入りをごねて苦労したぶん無駄な力を使ってしまったのか、好位から追走するも、いつもの粘りは見られなかった。「ゲート前のアクシデントで、本来の行きっぷりではありませんでした。それでもパッタリ止まらなかった辺りが力でしょう。この中間は落ち着いているし、スムーズならば巻き返せます」と反撃ムード。

期待値65%
杉山晴 厩舎
7枠9番
カワキタアジン


休み明けだった2走前に3着に好走し、◎トオヤリトセイトの相手に取り上げて、3連単2万6870円の的中をお届け。叩き2戦目で鞍上にルメールを配した前走だったが僅かに及ばす2着。「スタートが一息で、3角からはかなり外を回ったのも影響しました。それでも崩れないように、このクラスでは力上位です。中間は順調だし、減量騎手に戻す今回、改めて期待します」と陣営。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する