W情報

東京7R・8R・9R・10R・11R・12R
東京7R・8R・9R・10R・11R・12R
7R
3歳上1勝クラス 芝2400m


事前情報ランクM



期待値65%
中舘 厩舎
3枠3番
エレベル


中舘英二厩舎エレベルは半年ぶりの実戦だが、この馬にとっては休み明けは好材料。関係者が「前走は馬体が大きく減ってしまって、精神的にも苦しくなっていて力を出せなかった」と話しているように、連戦すると心身ともに煮詰まってしまうタイプ。これまでも結果を出している休み明け一発目こそが狙い目だ。「今回は馬体が大きくなって帰厩して、春とはデキが違う。このクラスでは能力上位なので巻き返した」と厩舎サイドも自信十分。




期待値65%
牧田 厩舎
6枠8番
セツメンノトビウオ


このレースは水曜想定の時点で出走予定馬が8頭だけ。牧田和弥厩舎セツメンノトビウオは想定を見てからこのレースに遠征することを決めたという。これまでは小回りのレースを選んで使って結果を出していたが、厩舎サイドは「トビが大きいから東京コースも意外に合うんじゃないかと思っている」とこの条件にも前向き。そして、「関東馬相手だしこの頭数なら格好は付けられるでしょう」と、やはり関東遠征の強みを見ている。





8R
3歳上2勝クラス 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
武井 厩舎
1枠1番
パルマリア


さすがジャパンカップウィークと言うべきか、平場の8Rとは思えないほどメンバーが揃っている一戦。とはいえ、その中でも武井亮厩舎パルマリアの能力は一枚上と言っていい。WORLDにとっても何度も本命公開して的中馬券をお届けしているお馴染みの馬で、何とか東京開催のラストに間に合ったのは好機。「前走はレース後に熱中症の症状が出たが、それでもあの僅差だったようにこのクラスでは力が違う。この中間は骨折があったため間隔が空いたが、程度は軽かったので態勢は整っている」と厩舎サイドは強気。




期待値65%
藤沢和 厩舎
7枠9番
アブソルティスモ


前走は休み明けの自己条件で5着に敗れてしまった藤沢和雄厩舎アブソルティスモ。陣営は「前走は初めての1800mで、向正面でペースが緩んだ時に力んでしまった」と敗因を分析しており、「この中間は調教でも我慢して走れているし、舞台がワンターンの東京マイルに替わるので折り合いは気にせず走れると思う」と巻き返しを狙っている。春の実績から2勝クラスでは勝ち負けのポテンシャルがあるはずで、勝ち負け候補の1頭。





9R カトレアS
2歳オープン ダ1600m


事前情報ランクM



期待値60%
伊藤圭 厩舎
3枠3番
シンヨモギネス


『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』の構成レースとして、今年からオープン特別に昇格しているカトレア賞。出走する馬全てがケンタッキーダービーへの出走を狙っている訳ではないが、オープン特別になったことで今後はこれまで以上にハイレベルなメンバーが集まることになるだろう。伊藤圭三厩舎シンヨモギネスは人気薄で3着に入ったプラタナス賞の内容が良く、「中山の自己条件まで待っても良かったが、石橋脩が『オープンでも面白いと思います』とプッシュしてきたこともあってこのレースへ。相手は強くなった印象だが、引き続き楽しみ」とのことで出走を決めている。




期待値60%
加藤征 厩舎
8枠11番
タケルペガサス


デビュー2戦目の未勝利戦を9馬身差の圧勝で勝ち上がった加藤征弘厩舎タケルペガサス。「新馬戦は早めに抜け出して気を抜いたところを外から差されただけ。2戦目は相手関係を考えれば当然の圧勝で、昇級戦のココでも自信を持てる」と陣営は前向き。「スタミナがあって最後までバテないので、前走のようなパサパサの良馬場の方が持ち味が活きる。今週も良馬場でやれそうなので前走のような競馬を期待したい」と関係者も注目の1頭。





10R 銀嶺S
3歳上3勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM



期待値65%
加藤士 厩舎
4枠7番
スパーダ


相変わらず3勝クラスのダート短距離戦は在籍馬が飽和状態で、銀嶺Sはフルゲート16頭に対して40頭が出馬投票し24頭が抽選除外に。抽選を通れば上位人気確実という馬が4、5頭は除外され、出走する16頭はやや低調な顔合わせとなった。このメンバーなら加藤士津八厩舎スパーダの能力が上だろう。「前走は関西遠征だった上に、芝スタートで前に行けず全く競馬にならなかった。東京の1400mだったらハナを切ってそのまま押し切りでしょう」と関係者は反撃に自信あり。先行争いで脅威になりそうな相手も除外されていて、状況は整っている。





11R キャピタルS
3歳上オープン 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
大竹 厩舎
4枠5番
ピースワンパラディ


オープン入りまでは一度も3着を外さなかった大竹正博厩舎ピースワンパラディだが、重賞ではエプソムC、新潟記念ともに人気に応えられず7着まで。そこで前走はオープン特別にクラスを下げ、タイム差なしのクビ差2着に巻き返し。今回も引き続きオープン特別に出走し、賞金加算を狙っている。「前走は3~4コーナーの位置取りで、勝ち馬とは内外でかなり差があった。最後は一気に差を詰めていただけに残念。引き続きオープンを使うからには賞金を加算したい」と厩舎サイドは前向き。




期待値65%
浜田 厩舎
8枠12番
トライン


前走は屈腱炎からの復帰戦でほぼ1年ぶり。「体が減っているし見栄えもまだ良くない」と厩舎サイドのトーンは決して高くなかったが、実戦に行くと今まで通りの鋭い末脚を繰り出して下馬評を覆す差し切り勝ち。関係者にとっても良い意味で予想を裏切られた一戦となった。「前走同様に見た目は良くないですね。前走から20キロは戻したけど、輸送したらまた大きく減りそうな感じです」と厩舎スタッフ。「それでもポテンシャルの高さは間違いないし、以前から乗り味は誰もが絶賛してきた馬です。今回はテンションを考慮してソフトな仕上げですが、それでも前走よりは上積みがあるので昇級でも」とのことで、続けて大駆けがあっても驚けないか。





12R
3歳上2勝クラス牝 芝1400m


事前情報ランクM



期待値65%
金成 厩舎
8枠13番
フランジヴェント


前走の鷹巣山特別では4着に善戦した金成貴史厩舎フランジヴェントだが、レース後に丸山元気騎手から「1600mでも対応はできるが、1400mの方が切れる脚が使えると思う」と進言を受けたため、牝馬限定戦の1400mになるこの番組を目標に短期放牧を挟んで調整してきた。「内が伸びず差し馬向きに変わってきた今の東京の馬場もプラス。今回は前走以上に走れると思う」と陣営。相手も前走と比べればかなり軽くなった印象で、ここで決めておきたい。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する