W情報

京都6R・7R・9R・10R・12R
京都6R・7R・9R・10R・12R


6R
3歳上1勝クラス ダ1800m

事前情報ランクM


期待値60%
昆 厩舎
2枠2番
キワミ


昇級初戦の前走、スタート一息で前半は後方からの追走だったが、3コーナー手前からマクって先頭に立つ思い切った競馬。直線も半ばまで粘って3着と好走した。「まだ物見したり、ジャンプしたりと気性面での課題はありますが、稽古は動くし能力は高いです。不器用なので、今回も極端な競馬をすると思いますが、噛み合えば再度上位争いも十分でしょう」と陣営。

期待値60%
大久保龍 厩舎
8枠10番
ジャミールフエルテ


去勢して芝に活路を求めた前走だったが、スタート一息で後方からの競馬になってしまい、更に直線で不利があり力を出せなかった。「前走、体が減っていたので、暑い時には無理せずに間を開けて調整しました。戻ってからは順調で稽古でも良い動きを見せています。1800mならばスンナリと前に行けると思うので、この条件での変わり身を期待したいですね」と陣営。常々、『1勝クラスの馬ではない』と評価が高く、大変身の可能性を秘めている。



7R
3歳上1勝クラス 芝2000m

事前情報ランクM


期待値65%
平田 厩舎
3枠3番
カレンシュトラウス


昇級してから2着続きで、取りこぼしているが、1勝クラスでは明らかに力上位。「前走後一息入れて、筋肉痛が出たので放牧に行きました。戻って来た当初はかなり緩んでいましたが、ここにきてだいぶシッカリして来ました。2000mは初めてになりますが、センスの良い馬なのでこなせると思います。前走は勝負どころで包まれて、やや仕掛けが遅れたぶんの負けだったので、乗り役さんもそこは心得ているでしょう」と陣営は強気。

期待値65%
橋口慎 厩舎
7枠9番
シルバーエース


立て直して5着、3着と着順を上げているが、ハミにモタれて前半噛んでしまうので、今回は福永騎手に乗り替わり。「コーナー4つのコースの方が集中して走れるので、今回の条件もこの馬には良いでしょう。春と比べると追ってから重心が下がって、良いフォームになりました。稽古でもそういう面を出しており、一戦ごとに成長が伺えるので、更に上位を目指して欲しいですね」と陣営。





9R もみじS
2歳オープン 芝1400m


事前情報ランクC


期待値65%
橋田 厩舎
6枠6番
ヒトヨギリ


デビュー前に厩舎サイドから、『ディアドラみたい。1200mはどうか』という声はあったが、当時の鞍上の福永騎手は、『対応できる。先々距離を延ばす事も考えて競馬をする』と手応えを感じていた。好スタートを切ったが、先々を考えて、2番手から我慢させる競馬で1番人気に応えて見事快勝。「今週の坂路で好時計を出して、デキは前走以上。折り合いがつけば距離もこなせると思うし、右回りでも大丈夫です」と連勝を狙うムード。

期待値65%
中内田 厩舎
7枠7番
ジャカランダレーン


『ここを勝ってファンタジーSから阪神JF』と前走のダリア賞は完全に星勘定していたが、初戦の時よりも水分を多く含んでいた馬場を気にして、左にモタれてしまい3着までだった。「放牧に出してシッカリと立て直しました。前走、輸送を考慮してソフト仕上げだったのも、結果的には影響したのかもしれません。体調が良いので、負荷をかけて攻めたので、あとは極端に道悪にさえならなければ巻き返せると思います」と、仕切り直して改めて期待。



10R 大原S
3歳上3勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC


期待値65%
高野 厩舎
4枠5番
レイパパレ


ルメールで秋華賞を予定していたが、4/6の抽選で除外になり、自己条件に川田で出走となった。デビューから3連勝、いずれも騎乗していた川田騎手は、「手が離れなくてよかった」とコンビ続行を喜んでいたとの事。「凄くデキが良かったので、秋華賞に出走させたかったです。前走は体重を気にして慎重な調整でしたが、今回は間を開けて休ませた効果で、馬体がフックラしたので、稽古も存分にできました。ハンデ52キロならば、ここも一気に突破ですね」と陣営は強気。


期待値65%
安田翔 厩舎
6枠8番
クラヴェル


こちらも秋華賞除外でココ。自己条件だとハンデが51キロなので、厩舎サイドが鞍上の横山典騎手に、そこを確認したところ、『大丈夫、任せておけ』と快諾ての騎乗との事。「今回、更に体重が増えて450キロくらいになっているかもしれませんが、ほぼ成長分なので問題ありません。テンションを上げないように馬なりの調整が主体ですが、凄く雰囲気が良いので、ここも楽しみです」と、3連勝を狙う構えの陣営。



12R 平城京S
3歳上3勝クラス ダ1800m

事前情報ランクC


期待値65%
大久保龍 厩舎
3枠3番
ペオース


『逃げれば、そのまま押し切れる』との情報で本命推奨した前走、逃げて楽勝して的中をお届け。今回昇級になるが、「前走は勝ったのですが、左回りでモタれていました。右回りだとスムーズであんな事はないと思うし、デキも高いレベルで安定しているので、ここも自分の型に持ち込めれば、押し切れるだけの力はあるでしょう」と陣営。休養を境にパワーアップした印象で、勢いそのままに3連勝を期待。

期待値65%
藤沢和 厩舎
5枠9番
ソルドラード


半兄にダービー馬を持つ、藤沢和厩舎お馴染みの良血馬。芝で勝った後にダート路線に変更してから、1着・2着・1着と底を見せていない。今回は休み明けの上に昇級になるが、「更に馬体がパワーアップしたし、十分に乗り込んで仕上がりは良いです。前走は出遅れましたが、直線でとても良い脚を使い追い込んで来ました。脚質に幅が出たし、ココが壁になる馬ではないので、関西の強い馬の中でも見劣らないと思います」と関係者は強気だった。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する