W情報

京都7R・8R・9R・10R・12R
京都7R・8R・9R・10R・12R



7R
3歳上1勝クラス ダ1800m

事前情報ランクM


期待値65%
昆 厩舎
2枠2番
ヒルノブルージュ


前2走、本命推奨して的中をお届けしているお馴染みの馬。何としても勝ちたかった前走、ハイペースで逃げた勝ち馬を追いかける形で息の入らない厳しい展開で2着まで。「ノドの手術をしてから3着、2着と安定しています。これは本物と見て良いでしょう。中間も順調だし、この馬を良く知っている横山典騎手ならば、今度こそ決めてくれると思います」と陣営。

期待値65%
浜田 厩舎
7枠9番
サンライズプラウ


2走前に未勝利勝ちした際に3連単1万2810円的中をお届け。昇級の前走は、ゲート出た後に外に逃げてので後ろからの競馬となり、途中から動いてガス欠、というチグハグで流れに乗れなかった。「調教で馬場入りを嫌がったり、周りを気にしたり、と気性的に幼いところがありますが、能力はここでも足りると見ています。勝った時の様に、揉まれずに行ければ、渋太さを発揮できるので、前々で運びたいですね」と陣営。



8R
3歳上2勝クラス 芝1600m

事前情報ランクM


期待値65%
池添学厩舎
4枠4番
ゴールドティア


昇級初戦の前走、初の2000mという事もあり、2走前に装着したブリンカーを外して臨んだが、好位で流れに乗るが、バテず伸びずで5着までだった。「2000mはこの馬には長い、と思い、今回はマイルに戻して再度ブリンカーを着けます。一息入れた効果で体がボリュームアップして、雰囲気は良いので、改めて期待します」と陣営。半姉にハープスターという良血だけに、このクラスが壁になる馬ではないハズ。

期待値65%
河内 厩舎
8枠8番
サンライズオネスト


休み明けだったが仕上がり万全で3連勝を狙った前走。積極的なレースをして4着だったが、速い時計にも対応できたし、初の左回りのコースも問題く、次に繋がる好内容だった。「一度使ってデキが上向いているし、口の堅いこのタイプは川田騎手の方が合いそうなので楽しみです。前走で先着された馬にも逆転できると見ています」と引き続き今回も期待の陣営だった。




9R りんどう賞
2歳1勝クラス牝 芝1400m


事前情報ランクC


期待値65%
鈴木孝 厩舎
2枠2番
サルビア


新潟で新馬勝ちした後は、適当な番組がなかったし、暑い時期に無理をさせたくなかったので、放牧に出して成長を促した。「以前よりテンションが高めですが、稽古の動きは良いし、馬体の張りも前走以上です。とてもセンスが良い馬なので、少頭数でも出たなりの競馬ができると思うので、好レースを期待します」と陣営。オーナー所有の九州産馬のヨカヨカは無傷の3連勝。この馬もそれに続きたいところだ。

期待値65%
梅田智 厩舎
4枠4番
レッツゴーアスク


水曜の想定の時点では、4Rの1400m牝馬の新馬戦と迷っていた様だが、オーナーサイドのお許しが出て、デビュー戦が特別戦となった。「期待している馬で、新馬でも当然勝ち負けだと思いますが、頭数が多くて揉まれてしまうので、少頭数が歓迎ですし、経験馬相手でもやれそうな感じはあります。無謀とも言われそうな挑戦ですが、試してみる価値はありそうです」と色気を持っていた。




10 藤森S
3歳上3勝クラス ダ1200m


事前情報ランクC


期待値65%
中尾秀 厩舎
4枠8番
サダムスキャット


端午S以来だった前走、『休養前と比べておとなしい点は気がかりだけど、軽い馬場の方が持ち味はでるし、攻め時計は出ているから巻き返せる』と強気だった。内枠からスンナリと好位につけて、直線先に抜け出した馬を目掛けて、内から力強く抜け出して、そのまま押し切り。高速決着にも対応でき、成長を感じるレースぶりだった。「気性的に大人になりました。中間も順調だし、雨の残る馬場も良さそうなので、ここも上位争いを期待しています」と連勝を狙うムードの陣営。


期待値65%
西村 厩舎
3枠3番
ジェネティクス


3連勝を狙った前走だったが、激しい先行争いでペースが速くなり、直線は最内を突くが、進路を塞がれて抜け出すのに苦労して5着までだった。「厳しいレースですが、大きく崩れずに掲示板を確保できて、力のあるところを見せました。一息入りましたが、ここを目標に仕上げてきたし、右回りの方が走りがスムーズなので、巻き返せると思います」と反撃ムードの陣営。



12R
3歳上2勝クラス ダ1400m


事前情報ランクC


期待値65%
庄野 厩舎
7枠13番
コマノバルーガ


放牧あけでも一番人気に推された前走、好位の外で流れに乗り、直線で前を捉えにかかるが、先に抜け出した勝ち馬の伸びが良く、2着を確保するのが精一杯だった。「前走は勝ち馬に上手く乗られてしまいました。堅実に自分の力は出しているし、一度叩いて状態も上向いているので、今回も上位争いになると思います」と陣営。鞍上上川田騎手というのも魅力だ。


期待値65%
須貝 厩舎
3枠5番
ヤウガウ


体調も良く、中京への条件替わりも大歓迎で巻き返しに燃えていた前走だが、4コーナーで詰まって、直線に持ち出すのが遅れてしまい、ゴール前で猛追するも3着までだった。「1400mで集中して走れていたのに、あれは痛恨でした。中間も順調だし、ワンターンの1400mが一番合っている条件なので、今回こその気持ちですね」と陣営。連続騎乗となる福永騎手も、『前走スムーズなら・・』と悔しい思いをしたので、結果を出したいところ。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する