W情報

中京7R・8R・9R・10R
中京7R・8R・9R・10R

7R
3歳上1勝クラス牝 ダ1200m

事前情報ランクM


期待値65%
本田 厩舎
8枠12番
トレッファー


鞍上の松山騎手が連続騎乗で連闘で臨んだ前走、早めの競馬で後続を封じて強い競馬で勝利。その後は放牧を挟んで、今回が昇級戦となる。「今週ビシっと稽古して、仕上りました。馬体も増えていて成長を感じます。このクラスで通用するスピードがありそうだし、今回は減量騎手なので50キロという斤量も魅力ですね」と連勝を狙う構えの陣営。

期待値65%
荒川 厩舎
3枠3番
メイショウベッピン


前走、◎シホノレジーナの相手本線に取り上げて、馬連・3連複・3連単で的中をお届け。その前走、久しぶりのダート戦だったが、道中スムーズに折り合い、直線外から脚を伸ばして2着と好内容だった。「前走に関しては相手が強すぎましたが、ダート1400mに高い適性を見出せました。順調だし、今回も自分の型で競馬ができれば、チャンスはあると思います」と陣営。




8R
3歳上1勝クラス 芝2000m


事前情報ランクC


期待値65%
高野 厩舎
6枠10番
ディアスティマ


前走の青葉賞ではレース中に異常歩様になり大差のシンガリ負け。元々は自己条件の新緑賞を使う予定だったが、当時移動制限があり、自ブロック制のため出走できず、オープン以上ならば東京のレースに使えるということで青葉賞にスライドしたという経緯だった。疲れなど蓄積があり大敗したが、陣営はそう気にしていなかったとの事だ。その後は放牧に行き、調教再審査をクリアして、再度放牧に。このレースを目標に仕上げた。更に今回からブリンカーを着用。「テンからハミをとって良い動きをみせてくれた。ブリンカーの効果は大きいです」と陣営。調教に乗った北村友Jも手応え十分で、今回は本来の先行策で巻き返し態勢だ。

期待値65%
森 厩舎
8枠14番
エヒト


ポテンシャルが高く、未勝利勝ちの内容も強かったので、オープン挑戦の前走でも期待していたが、馬場の悪い中で外を回るロスも響いて、8頭中の6着に終わった。「夏を越して、以前よりもだいぶ常識に掛かるようになりました。今週の坂路での動きは素晴らしかったし、落ち着きがあり雰囲気も良いです。自己条件のココならば決め手上位で改めて期待します」と陣営。




9R 知多特別
3歳上2勝クラス 芝1200m


事前情報ランクC


期待値65%
角田 厩舎
3枠3番
エレヴァート


◎ゼツエイと一点大勝負との情報をお伝えして、馬連1点公開、3連複・3連単的中をお届けした前走。外枠からスムーズに運べたとはいえ、これまでにない切れ味を見せて快勝。連闘でシッカリ結果を出して帰った。「短期放牧を挟みましたが順調に来ています。前走の様な競馬ができれば、中京コースに替わるのは歓迎でしょう。このクラスも通過点の馬だと思うので、昇級の壁はないでしょう」と連勝期待のムード。


期待値65%
清水久 厩舎
1枠1番
サヴァイヴ


久々で昇級でも勝ち負けできると見ていた前走だったが、道悪馬場で進んで行かなかった上に落鉄までしており、5着が精一杯。それでも鞍上の川田騎手は、『次は変わる』との手応えを感じたとの事。「馬場はこなせると思っていましたが、走りづらそうでした。一度使って状態が良くなっているし、乾いた馬場でできればアッサリ勝てる力のある馬ですよ」と変わらず陣営の評価は高い。




10R 桶狭間S
3歳上3勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM


期待値65%
石坂正 厩舎
2枠3番
ブルーメンクローネ


1番人気に支持された前走の薩摩Sだったが、『夏場ながら体が絞り切れておらず、動きも重いそう。ダ1800m戦で勝ち鞍はあるが、本音としてはマイル以下の距離がベストと見ている』との情報をお伝えした。プラス20キロで明らかに太め。好位に付けるも、直線バタバタで15着惨敗を喫した。「10キロ以上は絞れて、アバラが浮いています。芝スタートの1400mというのも合いそうだし、これで変わらないと、そろそろお母さんモードに突入かもしれません」と陣営。叩き2戦目、距離短縮での一変を期待。

期待値65%
岡田 厩舎
6枠12番
グロワールシチー


ヒザの骨折で10カ月ぶりの競馬。「8/14に栗東に帰厩して、坂路で十分に乗り込みました。先週、余力十分で好時計。今週も良い感じで動けて、ブランクを感じない仕上がりです。レース間が開いているのは気になるところですが、案外それでも走れる気性だし、左回りも良い馬なので、地力でどこまで頑張れるかですね」と陣営。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する