W情報

小倉7R・8R・9R・10R・12R
小倉7R・8R・9R・10R・12R

7R
3歳上1勝クラス 芝1200m


事前情報ランクМ


期待値65%
南井 厩舎
2枠2番
タマモティータイム


久々だが早めに小倉に入り、万全の仕上がりで臨んだ前走そ快勝。勝ち時計は翌日の1勝クラスを上回るもので、今のところ開催ナンバーワンのものだ。「厩舎縁の血統で元々期待の大きかった馬。一息入れて良くなっていたところに距離短縮がドンピシャでした。前走の勝ち方ならば昇級の壁はないと思います」と連勝期待ムードの陣営。


期待値65%
川村 厩舎
7枠12番
ブルベアオーロ


現級で2着の実績があり、小倉との相性も良いが、前走は休み明けでブランクが長過ぎて後方で見せ場なく終わった。「前走はいかにも久々という感じで競馬に参加できませんでした。一度叩いた上積みは大きいので、今回は動けると思います。馬場が渋っても大丈夫だし、差しが決まる流れになれば、出番はありそうです」と陣営。叩き2戦目での大変身を期待。





8R
3歳上1勝クラス ダ1000m


事前情報ランクC


期待値65%
橋田 厩舎
2枠2番
シゲルオトメザ


2走前の未勝利戦で本命推奨して見事に勝利。昇級となった前走も一気に突破と思われたが、ハナを切るも厳しい展開で3着までだった。そのレースで2着だったハクアイブラックといえば、この夏函館で1勝クラス、2勝クラスと連勝して、前走の釜山Sでも3着と好走。その馬相手にやりあったのだから、1勝クラスではスピードは明らかに上位だ。「太め感なく仕上がりは良いです。稽古だと気難しいところを見せますが、競馬に行くと集中してシッカリ走ります。距離短縮も大歓迎なので、一気の逃げ切りと行きたいですね」と陣営。


期待値60%
中尾秀 厩舎
7枠10番
クリノクノイチ


水曜日の想定の段階で6頭と少なかったので、急遽出走を決意。「木曜日に追い切って、その後に輸送での出走になりますが、一度使った良化は感じます。やや余裕残しだった馬体も締まって来ました。自分の時計は走る馬だし、前が速くなる展開になれば、出番もありそうです」と陣営。現級でも再三好走の実績もあり、侮れないところはある。





9R 別府特別
3歳上2勝クラス 芝1200m


事前情報ランクM


期待値65%
浅見 厩舎
8枠10番
ロードアクア


前走の鶴ヶ城特別は、それまで騎乗していた田中健騎手を戸崎騎手にチェンジ。何とかして勝ちたいと思っていた陣営だが、ゴール前で甘くなり、またも3着だった。「前走後も順調です。このクラスでは常に安定しているし、どんな流れにも対応できるタイプです。雨で重馬場になっても心配ありません。外めで息を入れながら運べそうな良い枠を引いたので、今回も上位争いになると思います」と陣営。小回りコースがベストなだけに、結果が欲しいところだ。


期待値65%
清水久 厩舎
6枠7番
サヴァイヴ


未勝利勝ちした後だったが、仕上がり良く期待していた前走の葵Sが5着。「スタートで立ち遅れてしまいましたが、終いは良い脚を使ってくれました。中間放牧を挟んで、3カ月開いてしまったのは気になるところですが、能力的にはこのクラスでも通用すると思っています。脚質に幅が出てきたし、小倉コースも経験しているので、期待は持っています」と陣営。8/20に帰厩したばかりだが、急ピッチに乗り込まれているので、イキナリ好走の可能性も十分ある。




10R 西日本スポーツ杯
3歳上2勝クラス 芝1800m


事前情報ランクM


期待値65%
橋口慎 厩舎
7枠7番
ココナッツスルー


小回りコースで、早目にマクって我慢するというのが好走のパターンだが、前走は16頭という多頭数の影響か、道中包まれて動くに動けずに直線まで後方のまま。メンバー中最速の上がりを使い、猛然と追い込むも5着までだった。悔しさを晴らすために滞在して連闘。「今回は1800mですが、いつも通り自分から動く形になれば巻き返せます」と陣営。雨がダメなので、あとはお天気だけ。予報だとちょうど15時くらいから降り出すというのが気になるところ。


期待値65%
矢作 厩舎
6枠6番
ナイトバナレット


6番人気だった前走の宮崎特別。◎エイシンルカーノの相手に取り上げて、馬連1点目、3連単1万1810円の万券的中をお届けできた。「前走は自分の競馬に徹して馬券に圏内まで来てくれました。スタートは遅いですが、最後は確実に伸びます。中間もデキもキープ。多少の道悪ならこなせるし、メンバ―的にも上位争いでしょう」と陣営。




12R
3歳上1勝クラス ダ1700m

事前情報ランクM


期待値65%
角居 厩舎
6枠10番
スマートアリエル


『本命のダンツエリーゼと対抗のスマートアリエルの一騎打ち』との情報をお伝えした前走。その通りの決着になり、馬単・馬連完全一点、3連単での的中をお届けできた。「前走は勝ちに行って2着。勝ち馬の切れに屈しましたが、早々にメドの立つ良い内容でした。前走後はココを目標にして仕上がりは良好。今回も49キロの軽量で直線の短い小倉ならば、押し切りたいですね」と陣営。

期待値65%
橋口慎 厩舎
5枠8番
ラボンダンス


『休んで精神面の成長が見られる』との事だった前走。昇級だったが、馬混みで流れに乗って、ゴール前では良く脚を伸ばしてきて、タイム差なしの3着と好走を見せた。「前走の後に筋肉痛になりましたが、今は大丈夫です。小倉の1700mの流れは合うので、クラス2戦目で前走以上を期待したいですね」と陣営。鞍上は川田騎手と熾烈な小倉リーディング争いをしている松山騎手。最後の最後まで目が離せない。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する