W情報

新潟5R・6R・7R・10R・11R・12R
新潟5R・6R・7R・10R・11R・12R

5R
2歳新馬 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
国枝 厩舎
5枠9番
アカイトリノムスメ


ディープインパクト×アパパネの金子オーナー三冠配合の4番仔。モクレレ、ジナンボー、ラインベックは牡馬だったが、アカイトリノムスメは名前の通り初めての牝馬。長男モクレレ以来、アパパネを管理した国枝栄厩舎に預託されている。「これだけの馬だから、使う以上はみっともない競馬はできない。納得のいくデキになるまで乗り込んできた」とのことで仕上がりは良好。「切れる脚は父譲り」「上の牡馬たちとはタイプが違う」など、関係者からは前向きなコメントが並んでいる。当然注目の1頭。





6R
2歳新馬 芝1200m


事前情報ランクM



期待値65%
田中清 厩舎
1枠1番
インヴァネス


「順調に仕上がっていて調教の動きが良い。新馬勝ちを狙えるタイプ」と関係者の間で盛り上がっている田中清隆厩舎インヴァネス。7月に入ってからずっと追い切りを付けてきた菅原明良騎手もかなり気に入っている1頭で、スピードの活かせる1200m、最内枠は絶好だろう。他の人気馬はほとんどが関西馬だけに、この馬が意地を見せられるか。





7R
3歳上1勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM



期待値60%
友道 厩舎
2枠4番
エターナルハート


5月に既走馬相手のデビュー戦を快勝し、昇級戦は5着。今回はデビューから3戦目となる友道康夫厩舎エターナルハート。前走にしても勝ち馬以外とは僅差で「直線でもう少し上手く捌いて欲しかったが、このクラスでも通用する力は示している」と陣営はレースぶりを評価。「前走のようにジックリ構え過ぎると間に合わないので、初戦のようにある程度前目で運びたい」と話していた。近親にデアリングタクトがいる血統で、この馬もデビューは遅れたが上を目指せる素材。




期待値60%
粕谷 厩舎
8枠18番
フォースオブウィル


3歳1勝クラスでは3戦して勝ち切れずまだ1勝馬の立場の粕谷昌央厩舎フォースオブウィルだが、関係者の評価はかなり高く、「今の粕谷厩舎では一番調教で動く馬」とも言われている。前走後にまとまった放牧を挟んだことで心身ともにパワーアップしており、「キッチリ仕上がったし能力的にも通用する。溜めれば切れる馬なのでこの条件は合っている」と粕谷師も自信十分。





10R 柳都S
3歳上3勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
中内田 厩舎
6枠10番
クイックファイア


中内田充正厩舎クイックファイアは3週前のフィリピンTを除外されて復帰予定が延びているが、今回は除外権利があるので確実に出走できる態勢。「半年ぶりだし除外で延びているが、中内田厩舎らしく仕上がりは良好。気持ちで走る馬なので休み明け自体は気にならない」と、関係者のトーンは高い。そして、「今度は他の関西馬の有力どころが除外を食らった。このメンバーならチャンスだろう」と厩舎サイド。




期待値65%
加藤征 厩舎
7枠13番
ブランクエンド


ダートに転向してから3戦連続3着内で、前走も本命公開して馬連2500円の的中をお届けしている加藤征弘厩舎ブランクエンド。「芝では2000mで2勝を挙げているので1800mは大丈夫」と関係者。厩舎サイドは「ここ2戦はペースが遅く、厳しい流れでもバテないという強みが活きずキレ負けしてしまった」と考えており、今回は「もっと積極的に運んでもらうつもり」と川田騎手に指示を出すようだ。





11R 関越S
3歳上オープン 芝1800m


事前情報ランクM



期待値65%
音無 厩舎
1枠1番
フランツ


今年に入っての2戦はともに大敗に終わっている音無秀孝厩舎フランツだが、関係者曰く「白富士Sは直線で2度もブレーキを踏む不利があって、大阪城Sは雨で馬場が緩んでいたのが堪えた。どちらも参考外と考えていい」とのこと。その後は放牧で立て直しに成功しており、「フレッシュな状態で活気十分」と厩舎は好感触。「新潟の外回りはピッタリと考えて狙ってきたレースなので、良馬場でやれれば巻き返せる」と反撃ムード。




期待値65%
友道 厩舎
3枠3番
トリコロールブルー


新潟コースは初めてながら、東京と中京で結果を残していて左回りは[2-2-0-1]と好成績の友道康夫厩舎トリコロールブルー。「左回りもいいが、この馬はコーナー2つの条件が合っている」とのことで、このレースはひと叩きして狙ってきた一戦。「好位で脚を溜めて直線で決め手比べという展開が合っている。オープン特別なら上位の力があるので勝ち切っておきたい」と厩舎サイドは強気。





12R
3歳上2勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
安田隆 厩舎
5枠9番
メイショウウズマサ


前走は1800mから1150mへの一気の距離短縮での勝利だった安田隆行厩舎メイショウウズマサ。「元々1400mで新馬勝ちしていた馬だし、ロードカナロア産駒で母のホーマンフリップも1400mで活躍した馬。一気の条件替わりで戸惑わないかが心配だったが、短距離適性自体はあると思っていた」と関係者は語る。今回は休み明けで昇級戦になるが、「以前より調教で動けるようになったし、前走も時計的には上で通用するレベルだった」と陣営は前向き。混戦メンバーならチャンスあり。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する