W情報

阪神6R・7R・8R・9R・10R

6R
2歳新馬 ダ1400m

事前情報ランクC


期待値65%
鈴木孝 厩舎
7枠10番
テイエムマジック


500キロを超える雄大な馬体の持ち主。「ガッチリとした体型でいかにもダート向きの感じです。乗り込み量も十分だし、動きも良く仕上がりは良好。変な癖もない馬なので初戦から楽しみです」と陣営。今年のテイエム軍団の中でも期待の大きい馬なので、この厩舎の腕利きが担当しているとの事。

期待値65%
石坂正 厩舎
5枠6番
ジェットエンブレム


十分に乗り込んで、今週の最終追い切りでも先着して仕上がりは良好。「芝でも走れそうなくらい素軽い動きを見せていますが、血統的にはダートなのでこの条件は合いそうです。センスの高さを感じる走りをする馬なので、初戦から好勝負をしてくれると思います」と陣営。鞍上の西村騎手の評価も高く、その走りは注目。




7R
3歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM


期待値65%
高橋忠 厩舎
8枠16番
オヌシナニモノ


『普通にゲートを出れば、ココでは力が違う』との事で超強気だった前走だが、ゲートが開いた時に飛び上がってしまい出遅れ。その後も後方から追走で直線も大外を回るロスと、イメージしていた競馬とは全く違い力を出せなかった。「この中間に歯替わりがあり、追い切りが木曜日になりました。大きな上積みはないけど順調です。前走は流れに乗れずに参考外です。ゲート互角なら巻き返せますよ」と反撃態勢。


期待値65%
松永昌 厩舎
6枠12番
オースミムテキ


ひと息入って3カ月ぶりの前走でも2着と地力のあるところを見せた。「前走は勝った馬と斤量差が5キロあった中で、この馬自身も速い時計で走っているので、相手を褒めるしかありません。この中間、歩様の硬さもなく落ち着いていて順調です。ゲートを互角に出て、今回こそは決めたいですね」と力が入る陣営。




8R
3歳上1勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC


期待値65%
石坂公 厩舎
5枠5番
イズジョーノキセキ


春はオークス出走を目指していた期待馬で、『秋の為に自己条件のココは決めておきたい』と意気込み十分の前走だったが4着。「前走は渋った馬場も良くなかったですが、それ以上に道中落鉄していたのが痛かったです。まともなら少々馬場が悪くても我慢するし、目指すところはまだまだ上なので、もう負けられない気持ちです」と陣営。鞍上に川田騎手を配して反撃ムード。

期待値65%
高柳大 厩舎
8枠9番
メテオスウォーム


今回が出戻り初戦になるが、元々矢作厩舎にいて、芝で未勝利脱出寸前まで行った馬。「前走後に放牧を挟んで入厩しました。追って切れる感じではなさそうですが、渋太いタイプなので、今の馬場は合いそうです。前に行ける脚はあるので、今の馬場とマッチすれば、付け入る隙があるかもしれません」と一発を狙う陣営。





9R タイランドカップ
3歳上1勝クラス 芝2400m


事前情報ランクM


期待値65%
長谷川 厩舎
4枠4番
ダンシングリッチー


クラス2戦目、主戦の松山騎手に戻り期待していた前走だったが5着と掲示板まで。「前走は内の馬場の悪いところに入り、勝負所で動けませんでした。それでも最後まで集中して走れたので、2着とは差のないところまで来れました。中間も順調だし、この条件がベストなので、今度こそスムーズな競馬で結果を出したいですね」と陣営。


期待値65%
矢作 厩舎
8枠9番
タイセイモンストル


休み明けでも、『能力が違う!』と強気の前走だったが、スタートでアオってしまったし、直線でもやや反応が鈍くて3着までだった。「本来はもっとスっと行ける馬。外傷して休み明けの影響でした。一度使って動きが断然良くなった今回は違うと思います。距離延長も問題ないので、改めて期待します」と陣営。川田騎手サイドから前走後すぐに営業してきたとの事だ。





10R フィリピントロフィー
3歳上3勝クラス ダ1800m

事前情報ランクC


期待値65%
安田隆 厩舎
1枠1番
ダノンスプレンダー


『再ブリンカーで押し切る。雨が降れば降るほどこの馬にとっては歓迎』との前走。スンナリ先行してそのままとはいかない厳しい流れになりながらも勝負根性を見せて、着差以上の強さを見せて勝利。今回は昇級戦となるが、「この間隔で使えるという事が好調の証です。体質の弱さが解消されてきました。まだ成長の余地があるし、相手なりに走れるので、このクラスでも差のない競馬ができそうです」と陣営。

期待値65%
谷 厩舎
6枠11番
バーンスター


5カ月ぶりだった前走、『歩様が硬い』と控えめだったが、出たなりで好位につけて追走、直線でもバテずに最後まで渋太く伸びて3着と好走を見せた。「前走よりは柔らかみがあり動きは良いです。除外で予定が延びましたが、影響はありません。完調手前の前走でもメドが立ったので、今回は更に上位を目指したいですね」と陣営。3歳時から厩舎の期待の大きな馬で、前走はフロックではない事を強調していた。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する