W情報

東京7R・8R・9R・10R・11R


7R
3歳上1勝クラス牝 ダ1600m


事前情報ランクC



期待値65%
鹿戸雄 厩舎
1枠2番
レッドヴァール


昨秋から人気での取りこぼしが続く鹿戸雄一厩舎レッドヴァールがダート替わりに活路を求めてきた。「前走に関しては道悪でノメっていたので参考外でいいが、ちょっと詰めの甘さがあって勝ち切れないレースが続いているので次はダートと早めに決めていた。母系はアメリカのダート血統なので、新味が出ないかと期待している」と関係者は前向き。




期待値65%
勢司 厩舎
6枠12番
ルコントブルー


前走は東京コースで3着と好走した勢司和浩厩舎ルコントブルーだが、実は京都の牝馬限定でダート1800mという条件を使おうとしていたところに移動制限ルールが出来て出られなくなり、「初めてのマイルで左回りだし、瞬発力勝負になるとどうか」と半信半疑で使ったレースだった。今回は一度結果が出た後で、昇級2戦目の慣れも見込めるタイミング。陣営は前走より強気になっている。





8R
3歳上1勝クラス 芝2000m


事前情報ランクM



期待値60%
相沢 厩舎
5枠5番
サペラヴィ


「前走は『どうせなら重賞を使ってほしい』というオーナーの要望でプリンシパルSの予定を京都新聞杯に切り替えたが、どちらにせよ足りないと思っていた」と関係者が振り返る相沢郁厩舎サペラヴィ。ただ、今回は安定して結果を出していた自己条件。放牧を挟んで輸送で減っていた馬体も戻っており、「東京コースは大丈夫だと思うし、頭数も手頃なので上位争いにはなる」と今回は前向き。ただし、厩舎としては福島が合うと思っているが、今回もオーナーの「東京のうちに使って欲しい」という要望でこの番組になった。





9R 日野特別
3歳上2勝クラス ダ1600m


事前情報ランクM



期待値65%
菊沢 厩舎
4枠7番
ダノンハイパワー


久々のダート戦だった前走で4着に善戦した菊沢隆徳厩舎ダノンハイパワー。縦長の展開になって追い込み馬には厳しい流れになってしまったが、上がり3ハロンは勝ち馬に次ぐメンバー中2位の数字をマーク。久々の勝利に向けて手応えは感じる内容だった。その前走は横山和生騎手が騎乗していたが、今回はトーセンスーリヤとともに宝塚記念に参戦するため父の横山典弘騎手に乗り替わりとなる。




期待値65%
田中博 厩舎
4枠8番
ニュートンテソーロ


このレース唯一の3歳馬でる田中博康厩舎ニュートンテソーロ。同世代での1勝クラスのレースは6着、3着だったが、古馬との初対戦だった前走をアッサリ勝ち上がり、今回は昇級しての6月2戦目となる。「前走は3歳馬のワンツースリーでもあったし、やっぱり降級がなくなって条件戦はしばらく3歳馬の天下だね。今回は昇級だけど、ずっとこのクラスにいるような馬ばかりだし通用すると思う」と関係者はかなり強気だった。





10R 江の島S
3歳上3勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
水野 厩舎
1枠2番
ニシノカツナリ


前走は直線で外から押し込まれて進路がなくなり、追い出すことができたのは目の前にいた勝ち馬が抜け出た残り100mから。そこからはよく伸びてゴール前では一番の脚を使っていたがクビ+アタマ差の3着に終わり、陣営としては悔いの残るレースになった。今回は番組の関係で久々の1800mになるが、得意の東京で決めておきたい。




期待値65%
池江寿 厩舎
7枠13番
ボッケリーニ


前走はまさかの出遅れで普段とは全く違う後方からの競馬となり、直線でも何度も狭くなる場面があって4着に終わった池江泰寿厩舎ボッケリーニ。この形でも0秒1差で上がりは最速だったように、3勝クラスでも地力上位は明らか。今回はスムーズに走って順当に決めたいというレースになる。東京遠征は初めてだが、本来は好位で立ち回れる馬で決め手も兼備。初コースを苦にする印象はない。





11R パラダイスS
3歳上オープン 芝1400m


事前情報ランクM



期待値65%
藤沢和 厩舎
1枠1番
アルーシャ


前走のヴィクトリアマイルは11着に終わった藤沢和雄厩舎アルーシャだが、これまでの実績やローテーションを踏まえるとベストの距離は1400m。前走もヴィクトリアマイル前日の京王杯スプリングCを使う予定があったが、同厩舎同オーナーのグランアレグリアが熱発で安田記念に向かうことになったという事情もあって安田記念に回ったそうだ。適距離に戻ってオープン特別なら一変があって驚けない。




期待値65%
小崎 厩舎
3枠5番
レインボーフラッグ


米子S7着からの連闘となる小崎憲厩舎レインボーフラッグ。「後ろからの競馬ばかりだと届かないのでマイルで出たなりにポジションを取る競馬をしたい」という話通り、中団外目に付けて直線では見せ場を作った。ベストより1ハロン長い距離かつ外を回ったため最後は止まったが、能力は衰えていない。なお、連闘の経緯については「賞金がギリギリなので、米子SもパラダイスSも使えるか分からなかった。それでどちらも登録して入るレースを使うつもりだった」とのこと。それで結局はどちらも賞金が足りたという形だ。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する