W情報

東京7R・8R・9R・10R・12R
東京7R・8R・9R・10R・12R

7R
3歳上1勝クラス ダ2100m


事前情報ランクM



期待値65%
戸田 厩舎
3枠6番
ラストマン


前走は好メンバーが揃った中で1番人気に推されていた戸田博文厩舎ラストマンだったが、結果は上位3頭の争いからやや離された4着。この結果を受けて「確かに出遅れも響いたが、マイルはこの馬には忙しい印象だった」と今回は2100m戦に出走することとなった。中1週で古馬相手のレースになるが、「力通りなら1勝クラスは勝ち負け」と陣営は強気。




期待値65%
南田 厩舎
6枠12番
セイカヤマノ


前走で「溜める競馬で結果が出ている今なら2100mがベター」という勝負話を聞いて本命公開し、3連単万馬券の的中をお届けしている南田美知雄厩舎セイカヤマノ。今回も引き続きこの条件で、三浦皇成騎手は「前回はこの距離を使ってもらって正解だった。今はデキも良さそうだし今回も楽しみ」と自信を持っている様子だった。3歳馬が加わって相手関係は厳しくなるが、引き続き上位争い。





8R
3歳上1勝クラス牝 芝1600m


事前情報ランクC



期待値60%
金成 厩舎
3枠3番
フラワリングナイト


フラワーC9着以来の競馬となる3歳牝馬のフラワリングナイト。「ゲートが開く音に驚いてしまいスタートが決まらない」という弱点があり、前走のフラワーCも後方から道中押し上げる厳しい形になって直線は伸び切れなかった。この中間の放牧によって「体付きはあまり変わらないが、精神面が落ち着いてきた」とメンタルが成長し、「ゲートさえ決めれば勝負になる」と陣営は期待を寄せている。




期待値65%
国枝 厩舎
7枠12番
シンハリング


赤松賞2着から7か月ぶりの復帰戦となる国枝栄厩舎シンハリングは近親にシンハライトらがいる良血馬。休養中に鼻出血を発症するなど態勢が整わず、結果的に春のクラシック路線は全てパスする形となってしまったが、「1勝クラスでは能力上位は間違いない」と厩舎サイドは今週の出走馬で一番だと評価。見た目や動きだけならバッチリ仕上がっており、あとは実戦勘だけ。





9R 八王子特別
3歳上2勝クラス ダ2100m


事前情報ランクM



期待値65%
田村 厩舎
5枠9番
ヴォートルエロー


デビューから2連勝して鳳雛Sに挑戦した田村康仁ヴォートルエローだったが、一気の相手強化と初めての関西遠征に加えて「前が止まらない流れになってしまい対応できなかった」という敗因もあって10着。しかし、今回は古馬相手とはいえ相手関係の楽になる自己条件。「折り合いに心配はない馬なのでこの距離は向くはず。勝った時のように前目で流れに乗って脚を使いたい」とのことで、巻き返しのありそうな気配。




期待値65%
尾関 厩舎
7枠14番
ヴォウジラール


尾関知人厩舎ヴォウジラールの前走は「使いつつデキが良くなってきている」ということで期待されていたが、中山コースが合わず4着。「跳びが大きい馬なので東京でこそ。2着に好走した2走前と同じ条件なら大丈夫」と、ここで名誉挽回を期している。レーン騎手の起用はノーザンファーム直々の指示。結果が求められる一戦だろう。





10R 芦ノ湖特別
3歳上2勝クラス 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
堀 厩舎
5枠5番
サトノフウジン


プリンシパルSで5着に敗れダービーへの出走が叶わなかった堀宣行厩舎サトノフウジンだが、関係者にとってはある意味想定内の敗戦。「この馬には2000mでも本質的には長くて、当時からNHKマイルカップに行けばいい勝負なのにと言われていた」とのことで、今回は厩舎スタッフも「マイルなら直線の弾け方が違うよ」と前走以上に気合が入っている。自己条件、少頭数でもありキッチリ勝ち負けを演じたい。




期待値65%
尾形和 厩舎
6枠7番
クロノメーター


明け3歳の未勝利戦、黄梅賞を連勝し、今回は休み明けで古馬との初対決となる尾形和幸厩舎クロノメーター。前走はハナ・クビ差の接戦だったが、「前走が辛勝だったのは右回りが上手くないのも影響した。左回りならスムーズに走れるし、東京に替わればクラスが上がっても十分戦えるはず」と関係者は舞台替わりでもう一段ギアが上がると見ているようだ。3連勝となれば一気に注目度上昇。





12R
3歳上1勝クラス ダ1300m


事前情報ランクM



期待値65%
相沢 厩舎
3枠5番
アストロブレイク


前走はあまりにも相手が悪かったが、3頭接戦の2着争いを制したのは収穫。この時接戦したタイキラッシュは5月24日に、プリマジアは6月6日に1勝クラスを勝ち上がっている。「ココは負けないだろ。負かした相手が次々と勝ち上がっているし」と相沢郁調教師は自信満々で、関係者も「前走は勝ち馬が遥か遠くにいたが、普通ならこの馬が追い比べを制して2勝目というレースだった。古馬1勝クラスにあんな化け物はもういないだろう」と勝ち負けを確信。中心になる1頭。




期待値60%
斎藤誠 厩舎
4枠7番
オメガエリタージュ


「先週でも使える状態だったが、ミルコが鳴尾記念で阪神に行くことになったので1週待った」という斎藤誠厩舎オメガエリタージュ。「引き続き稽古は良く動いている。前走は時計的には平凡だったけど、まだ良くなる余地はあるし斤量が軽くなる分でパフォーマンスは上がるはず」と厩舎筋は引き続き高評価。ちなみに、前走時も本当は1300mを狙っていたが厩舎の使い分けで1400mに回って勝った。今回は使いたかった1300m。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する