W情報

函館7R・8R・9R・11R・12R
函館7R・8R・9R・11R・12R

7R
3歳未勝利 芝2000m


事前情報ランクC


期待値65%
鹿戸 厩舎
6枠11番
マスターワーク


久々でも仕上がっていた前走だったが、道中物見をして集中力を欠いていたし、悪い馬場を苦にして最後の伸びを欠いてしまい3着だった。「短期放牧を挟みましたが、美浦で乗り込んで態勢は整いました。今回はチークを着けます。これで周りを気にしないで集中してくれれば、力はあるのでチャンスだと思います」と陣営。開幕週の馬場も歓迎で改めて期待。


期待値60%
角田 厩舎
4枠6番
アンストッパブル


2番人気に推された前走だったが、レース中に落鉄していたし、追い出すと頭が高くなり、モタれてしまい3着までだった。「函館に入ってから日が浅いですが、稽古の動きからは力は出せそうです。今回はチークを着けてみます。気性面で難しいところはありますが、未勝利を勝てる力はあるので、前々の競馬をして変わり身に期待したいですね」と陣営。




8R
3歳上1勝クラス ダ1000m


事前情報ランクC


期待値65%
佐々木晶 厩舎
6枠8番
アサカディオネ


『未勝利では明らかに能力上位。デキ落ちはなく今度こそ』との情報をお伝えして本命推奨した前走で勝利し、待望の初勝利を挙げた。それ以来の3カ月ぶりの競馬となる。「一息入れて、この開催を目標にして調整しました。テンションが上がるので滞在競馬はあっているし、仕上がりも申し分ありません。このクラスで通用の力はあるので、連勝と行きたいです」と陣営。中井騎手からの乗り替わりで今回51キロの軽量。厩舎としても他にスタンバイしている馬がいるので馬房を開けたい。ここを勝って放牧に出すのが理想形らしい。

期待値60%
森 厩舎
3枠3番
キュウドウクン


1150mでも長い馬なので、今回1000mになるのは大歓迎。実際にこの函館の1000mで未勝利の時だが2着した後に1着と2戦2連対と相性は抜群だ。「函館に移動してからも順調です。抜群のダッシュ力があるので、それを活かして相性の良いコースで押し切りを期待します」と陣営。このコース専用のイメージのある馬で、待ちに待った舞台で好勝負を期待。





9R
3歳上1勝クラス ダ1700m


事前情報ランクM


期待値65%
矢作 厩舎
7枠11番
ペルルドール


『小回りの1700mは良さそう』と期待していた前走、2番手から楽に流れに乗り、4角で早めに先頭に立ち、そのまま後続を突き放す一方の大楽勝。勝ち時計はその日のダート1700m戦で1勝クラス、2勝クラスを上回る破格の好時計だった。「使い詰めだったので一息入れました。入厩してから日は浅いですが、稽古の雰囲気は良いです。前走の競馬を見ているとまだ上積がありそうだし、3歳牝馬で斤量が52キロならば、昇級でも楽しみです」と連勝を狙うムードの陣営。


期待値60%
高木 厩舎
4枠4番
ホウオウトゥルース


2走前はゲートでトモを滑らせてしまい、大きく出遅れて戦士喪失。『スタートを決めて、前に行ければ勝ち負けできる』との前走が積極的な競馬をして2着と汚名返上のレースだった。「函館に入厩直後に熱が上がりましたが、すぐに運動を再開できたので影響はありません。前走のように前々の競馬はできれば、今回も上位争いになると見ています」と陣営。小回りコース向きの先行力は魅力でゲート互角なら好勝負。




11R 函館日刊スポーツ杯
3歳上2勝クラス 芝1200m

事前情報ランクC


期待値60%
中野栄 厩舎
8枠15番
マイネルアルケミー


『勝って休ませたい』との前走の米沢特別だったが、内枠が災いしてしまい窮屈な競馬を強いられ、直線でも前が壁で進路を見つけられず。結局、何もできずに12着、完全に鞍上の下手乗りだった。短期放牧を挟んで函館に入厩。併せ馬もシッカリとできて体調面に問題はなさそうだ。「前走は大渋滞を抜け出せませんでした。変わらず調子は良いし、同じ洋芝の札幌で勝っているので、函館で問題ないでしょう」と陣営。

期待値60%
須貝 厩舎
5枠9番
ヴィーナスフローラ


的中をお届けした2走前は中京のダート1400mだったが、過去に何度も同じ洋芝コースの札幌で好走している。「前走後に放牧に出して、そこから直接函館に入厩しました。入ってから日は浅いですが、稽古の雰囲気は良く、力は出せる仕上がりです。洋芝に替わる事も問題ないし、立ち回りひとつでチャンスはあるでしょう」と陣営。




12R 遊楽部特別
3歳上1勝クラス牝 芝1800m

事前情報ランクC


期待値65%
田中博 厩舎
7枠10番
ポレンティア


フェアリーS3着で1800mに距離延長で期待していた前走のフラワーCだが、直線で窮屈になり、3~4回接触する不利もあり、力を出せずに終わった。その後は放牧に出して立て直し、一旦美浦に戻って乗り込んでから函館に移動してきた。「再三併せ馬をして仕上がっています。洋芝の札幌で新馬勝ちした様に、芝の適性は高いでしょう。スムーズな競馬ができれば牝馬同士なら巻き返せると思います」と反撃ムードだ。

期待値60%
伊藤大 厩舎
6枠7番
レオンドーロ


5カ月ぶりだった前走の新潟戦で3着した後、あまりにも具合が良いので東京で使おうかという話が出たが、小回りの方がより良いとの事で急遽ココに変更。鞍上の丹内騎手はこのレースで他の馬に騎乗予定だったが、この馬が使うのでコチラを優先に騎乗となった。「これまでで一番、体調が良さそうです。美浦からの直入になりますが、問題ないでしょう。力の要る洋芝は合いそうなので、ココは勝ち負けを期待します」と陣営。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する