W情報

京都8R・9R・10R・11R・12R
京都8R・9R・10R・11R・12R



8R
4歳上2勝クラス 芝1400m


事前情報ランクM


期待値65%
吉田 厩舎
1枠1番
ノーブルワークス


本命推奨して的中をお届けした前走の喜多方特別を勝利して今回が昇級戦。「馬体が成長して、前走は良い勝ち方でした。1400mまでは守備範囲だし、まだ伸びしろを感じるので、クラスが上がっても楽しみです。良い決め手があるし、スタートの悪さも解消しつつあり、精神的にも強くなっています」と連勝を期待のムード。


期待値65%
池添学 厩舎
3枠5番
セプタリアン


去勢効果で良い雰囲気だった前走、先行して流れに乗っていたが、ゴール前で内から寄られる不利が致命的で4着に終わった。「何度もぶつけられたし、ジョッキーも立ち上がるほどのひどい不利でした。使って上積みを感じるし、去勢して集中力が出たので、スムーズな競馬で改めて期待したいですね」と巻き返し態勢の陣営。



9R 與杼特別
4歳上2勝クラス ダ1900m


事前情報ランクM


期待値65%
谷 厩舎
5枠8番
ダンツキャッスル


骨折明けで復帰戦だった前走、4着と失速したが見せ場十分で0秒5差。そのレースを勝ったケイアイパープルが土曜の東大路Sも連勝して的中をお届け。馬券対象外だったがユニコーンS3着の力は示せた。「最後踏ん張り切れなかったのは、ブランクが長かったせいでしょう。今回は息遣いが良くなり前走とは違います。この距離は気持ち長いかもしれませんが、能力で押し切ってくれると思います」と今回は自信ありの様子。


期待値65%
岡田 厩舎
7枠13番
ウォータービルド


2走前の中京戦で3連単2万6210円の的中をお届けして、昇級初戦の前走が2着と好走。「先週に使う予定もありましたが、余裕があったので1週延ばしました。良い意味での平行線の状態を保っているし、軌道に乗って来たので、今回も好勝負になると思います」と陣営。距離延長に関しても心配していない感じだったとの事。




10R 安土城S
4歳上オープン 芝1400m


事前情報ランクM


期待値65%
庄野 厩舎
8枠17番
プールヴィル


『ベストは1400m、マイルは明らかに長い』との前走の重賞でも少差の競馬。今回は7戦して3勝、2着4回と連対率100%の1400mと大得意の距離となる。牡馬相手だがハンデ54キロならチャンス十分だ。「この中間も順調で増えた体もシッカリと維持しています。馬体が大きくなり力強さが出て来たので牡馬と戦ってもヒケをとらないと思います」とココは狙い済ました一戦だ。


期待値60%
藤沢和 厩舎
4枠7番
ランフォザローゼス


昨年の天皇賞・秋以来の7カ月ぶりの競馬で今回初の1400mに挑戦となる。「4月の終わりに戻って来てから入念に乗り込んで仕上がりは良いです。スピードがあるので短い距離にも対応できると思うし、体付きも短距離馬っぽくなって来たので、オープン特別レベルならイキナリでも楽しみです」と陣営。集中力が持続しないので、以前から短いところを試してみたいとの思いがあり、大変身を期待。




11R 白百合S
3歳オープン 芝1800m


事前情報ランクM


期待値65%
杉山晴 厩舎
8枠8番
ミスニューヨーク


先週のオークスで◎デアリングタクトが期待に応えて勝利し無敗の二冠に輝いた。そのオークスで陣営が一番警戒していたのが同厩舎のこの馬だった。ただし、残念ながら抽選で除外となり今週にスライドとなった。「1週延びましたが影響はありません。一戦ごとに成長しており、脚質の幅も出て来ました。これなら牡馬と一緒でも太刀打ちできるでしょう」と陣営。秋には三冠を目指すデアリングタクトのライバルになるよう、ここで賞金を加算しておきたいところ。


期待値60%
友道 厩舎
3枠3番
ヒュッゲ


皐月賞・ダービーともに2頭出しの友道康夫厩舎。この馬も昨年の暮れに川田騎手でエリカ賞を勝った時には大きな舞台を意識したが、2番人気に推された前走の京成杯でイレ込んでしまい、力を出せずに10着惨敗。まだ緩さがあり、本格化は先と見て、その後は無理せずに成長を促して、4カ月ぶりとなる。「前走はレース前に終わっていました。ひと息入れて体のバランスが良くなりました。久々を苦にする気性ではないし、観客がいなくて静かなのもこの馬にとっては有難いですね」と、久々でも仕上がり良く期待の様子。



12R 朱雀S
4歳上3勝クラス 芝1200m


事前情報ランクC


期待値65%
大久保龍 厩舎
7枠13番
メモリーコロネット


前走後に騎乗した武豊騎手が、『今なら1200mの方が良い』との進言があり、久々に1200mへ。「2週前でも使えたほどですが、馬場が悪いので無理せずにココまで待ちました。前走は押し出される形で先行しましたが、本来脚を溜めた方が良いタイプです。乗り役さんもその辺りは良く分かっているので、この距離で改めて期待します」と陣営。鞍上蛯名騎手も大のお気に入りで、手が戻ったココは力が入る。


期待値65%
武幸 厩舎
2枠4番
ブライティアレディ


前2走は重馬場と中山の坂が影響して伸び切れずに一息の結果。今回は坂のない京都コース、馬場が悪くならなければ見直せる一戦になりそうだ。「7歳牝馬でそう大きな上積みはありませんが、この馬なりに順調です。相性の良い京都コースで良馬場ならば、まだまだ十分勝ち負けできる力はありますよ」と陣営。鞍上の秋山騎手も再三騎乗して癖を知り尽くしているのも心強いところ。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する