W情報

東京5R・6R・8R・9R・10R・12R

東京5R・6R・8R・9R・10R・12R

5R
3歳1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM


期待値65%
高木 厩舎
8枠15番
タイキラッシュ


前走で逃げ切った勝ち馬は破格の強さ。鞍上も相手の強さに驚きを隠せなかったというが、それを目標に2番手から運んだのだから、終いが甘くなっても仕方ないというもの。未勝利戦でも大崩れなく走ってきた馬で、初勝利は5馬身差の圧勝。まず大崩れするシーンは考えづらい。なお、ここは除外になった馬が多く、相手関係が楽になった点も追い風。





6R
3歳1勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM


期待値60%
堀井 厩舎
3枠3番
チアチアクラシカ


「ササるので左回りがどうか」と調教師は慎重な姿勢を覗かせるが、初勝利はここ東京マイルの舞台。当時、負かした相手も悪くなく、現級でやれていい存在だ。「前走は田んぼみたいな馬場がすべて。大敗後でも幸いデキは落ちていないし、中間はササる面を注意してやってきたら、真っすぐ走れているからね」と情報筋。今週は良馬場が見込めるため、反撃ムードが高まる。


期待値65%
鈴木伸 厩舎
5枠5番
ラキャラントシス


東京マイルで未勝利勝ちを遂げたが、スローの逃げ切り。これには陣営も「展開が上手くいった」と高を括っていたようだが、昇級初戦で3着と低評価を覆す走りをみせた。前走こそ初めての1800m戦へ挑み、結果的に距離が長かったという判断で、今回は改めてマイルへ。「間隔をあけて具合はイイので、この条件なら巻き返しを」と厩舎サイドも期待している。





8R 調布特別
4歳上1勝クラス 芝2000m


事前情報ランクM


期待値65%
国枝 厩舎
3枠3番
ドナアトラエンテ


気性の課題があり、馬具を工夫するなど試行錯誤してきた経緯。前走時も「アテにならない」「自信は持てない」と陣営から控えめなコメントが聞こえてきたが、レースではスローを上手く立ち回って制した。その後は放牧へ。「馬体に幅が出て成長して戻ってきたね。まだ底を見せていないし、素晴らしい状態。今週この厩舎では一番。ここも通過点だと思うよ」と情報筋のトーンも一変。今週10頭も使う国枝厩舎だが、名門がこれだけの評価をするなら見逃せない。





9R 丹沢S
4歳上3勝クラス ダ2100m


事前情報ランクM


期待値65%
加藤征 厩舎
4枠4番
バスカヴィル


2頭出しの加藤征弘厩舎。「どちらもデキがイイ」という声は伝わってくるものの、トーンが高いのはコチラ。前走はハイペースを先行して押し切る強い内容だったが「今は馬が充実してきて、勝った後はさらに状態が上がっているよ」と調教師も強気。以前は東京でワンターンの条件に拘っていたが、過去には新潟芝2200m戦なども経験しており、距離延長も不安に感じていないようだ。


期待値65%
大和田 厩舎
7枠7番
テトラルキア


5月2日の東京ダ2100m戦を左前の跛行で枠順確定前に取り消しとなったが、すぐに乗り込みを再開できたとのこと。厩舎サイドはマイナスに見ているようだが、情報筋の間では「大きな影響はない」と見解は一致。前走こそ距離不足で忙しかったが、2走前はレベルの違う脚で差し切り。3走前には現級で好走歴のある馬と接戦したキャリアからも、まだまだ底は見えていない。





10R フリーウェイS
4歳上3勝クラス 芝1400m


事前情報ランクC


期待値65%
加藤征 厩舎
3枠4番
アビーム


パンパン馬場で先手を取れれば、確実性の高いタイプ。前走も着差こそ僅かだったが、走破時計はマズマズ。そして、今回は昇級初戦で53kgのハンデ。陣営も歓迎ムードで「クラスは上がるけど、今回も楽しみだよ」と調教師。引き続き適条件が揃うため、好勝負は可能だろう。


期待値65%
高橋裕 厩舎
5枠8番
カルリーノ


東京芝1400mでは7戦して掲示板を外さず4連対と好相性。勝ち味に遅いが、安定感には定評のある存在だ。「勝って中1週だけど、デキはキープしているよ。やっぱりこのコースはベスト。前走の勝ちっぷりなら昇級しても差がないでしょ」と厩舎サイド。過去には、阪急杯勝ちのベストアクターや先週の3勝クラスを制したアンリミットなどと当地で接戦のキャリア。昇級初戦で55kgのトップハンデに推されるだけある。





12R 是政特別
4歳上2勝クラス ダ2100m


事前情報ランクM


期待値65%
松永康 厩舎
3枠5番
フィストバンプ


前走はコーナーを6度回る中山ダ2400m戦の大外枠に、決して得意とはいえない不良馬場で3着と奮闘。タフな競馬になったため、放牧でひと息入れられたが、デキそのものは持ち直しているという。「前走は逃げなくても競馬ができたのは収穫です。ここも上位争いを」と調教師。2走前の2着時の勝ち馬は、既に3勝クラスも勝利しており、この馬も昇級が近いといえる


期待値65%
池上和 厩舎
6枠12番
トレイントレイン


1勝クラスを制した際は走破時計も平凡だったが、ここ2戦は先行して厳しい流れを踏ん張る競馬と成長を感じさせる。「ここ2戦とも強い内容が続いているぶん反動を心配したけど、馬はまだトボけて走っているくらいなので大丈夫。あとは枠順。前回はハナに行った馬が内に入ってくれたので、今回も被されずスムーズに運べれば」とは情報筋からのレポート。前述の通り、まだモマれ弱さがあるため、外から被されたくなかったが、この枠順なら自分のリズムで運べそうだ。






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する