W情報

京都6R・7R・8R・9R・10R・12R
朝のオッズ他はありません。
京都6R・7R・8R・9R・10R・12R


6R
3歳1勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM


期待値65%
笹田 厩舎
6枠8番
エアロロノア


前走、◎ロードシャムロックの対抗に指名して馬連1点目、3連単は1万2520円万券的中をお届け。好位から抜け出して危なげなく勝利。センスの高さを感じさせる内容だった。今回昇級戦となるが、「まだ緩さがありますが、一戦ごとにシッカリして来ました。クラスが上がっても十分通用の力があるし、ここをアッサリ通過するようならば今後が楽しみになりますね」と、勢いに乗って連勝期待のムード。




7R
4歳上1勝クラス牝 芝2000m


事前情報ランクC


期待値65%
高野 厩舎
1枠1番
ミラーミラー


未勝利勝ちした函館戦で3連単1万3190円の万券的中をお届けしたお馴染みの馬。休み明け2戦目となった前走、出遅れたが終い良い脚を見せて5着と復調の兆しを見せた。「前走、スタートはひと息でしたが、折り合えて流れに乗れたのは収穫でした。小柄ですが食いが良くなり体調は上向いているので、限定戦のココは上位争いを期待したいですね」と陣営。いかにもメンバーに恵まれたココは結果が求められるところだ。




8R
4歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM


期待値65%
大久保龍 厩舎
8枠15番
ジャミールフエルテ


前走は本命推奨した◎ドラセナの相手に取り上げて、馬連本線、3連複そして3連単は1万6990円の万券的中をお届けできた。能力は認めるも噛み合わずにチグハグなレースが続いていたが、だいぶ常識に掛かるようになり、それが前走の好走に繋がった。「多少怯みながらも前走は馬混みを割って来られました。中間も順調だし、少しずつ精神的にも成長してきているので、今回も好レースを期待します」と陣営。


期待値65%
高野 厩舎
3枠5番
ロードラナキラ


休み明けを一度使って良くなっていた前走。好位につけて道中良い手応えだったが、最後甘さを見せてしまった。目先を替えて久々にダートを使うが、『ダートで一発』という話があった。「昔、夏の北海道シリーズでダートを使いましたが、休み明けで流れに乗れないで終わりました。あの時のイメージだけでダートはダメだとは思わないし、今回は順調に来ているので大変身しても驚きませんよ」と陣営。以前モレイラに頼んだほどの馬でもあり、大駆けがあるとしたら今回だ。




9R メルボルンT
3歳1勝クラス 芝2400m


事前情報ランクM


期待値65%
友道 厩舎
4枠4番
エカテリンブルク


前走のすみれSは先行して4コーナーで先頭に立ち、そのまま押し切ろうとしたが、決め手勝負では分が悪く3着を確保するのが精一杯だった。「集中力を欠くところがあるので、この中間からブリンカーを着けました。その効果で稽古では最後まで気を抜かないで走れているので、競馬でも効果はありそうです。速い脚はないですがスタミナは豊富なので距離延長も間違いなく良いでしょう」と陣営。ココを勝てば秋は菊花賞を目標にという話も出ており、そのためにも何とかしたい一戦だ。


期待値65%
本田 厩舎
5枠6番
ディアマンミノル


馬主・厩舎ともに、『この馬でクラシックに行きたい』と期待しているが、春は噛み合わずその夢は実現できず。仕切り直しで今回自己条件で着実に勝ちを重ねて、秋に夢を繋ぐ為に出走して来た。「前走も終いは良い脚を使って、能力のあるところは示しました。相変わらずゲートは良くないですが、坂で惰性をつけて行ける京都コースは合ってるので巻き返して欲しいですね」と陣営。




10R シドニーT
4歳上3勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM


期待値65%
矢作 厩舎
4枠7番
バーンフライ


福島からの連闘で臨んだ前走の高瀬川特別。7番人気だったが、『いかにも矢作厩舎らしい調整』と◎ヒラソールの相手に取り上げて3着。3連単2万5390円の高配当的中をお届けできた。「少し忙しい感じの1150mでも連続して好走、地力をつけています。距離延長は歓迎だし、体調も前走より更に上向いているので、ハンデ56キロならば今回も上位争いでしょう」と陣営。


期待値65%
南井 厩舎
1枠1番
メイショウミライ


除外希望で権利獲りが理想だった前走で入ってしまい、『追い切りが2本足りない』といっていた前走。プラス16キロの体重が示すように明らかに太めだった。そんな前走だったが、ロスなく立ち回り、直線で脚を伸ばしてきて勝ち馬にクビ差まで迫る2着と好走。地力のあるところを見せつけた。今回は先週除外で権利を獲得、調教も思う存分にできた。「動きが明らかに良くなりました。56キロのハンデで前走よりは1キロ増えまずが、上積を考えれば十分克服できます」と俄然トーンアップしていた。




12R オーストラリアT
4歳上2勝クラス 芝1800m


事前情報ランクM


期待値65%
北出 厩舎
3枠6番
ドラグーンシチー


『前走は熱発明けで太めのぶん止まってしまいました。使い込むとストレスで旋回癖が出るので、その後は放牧に出してリフレッシュしました。4/22に戻ってから順調に調整できて仕上がりは良好です。元々休み明けの方がいいタイプだし、このクラスでの実績もあります。ハンデ56キロも妥当なところだし、久々の今回はどんな走りを見せてくれるか楽しみです」と厩舎サイド。京都コースは勝ち鞍はないが堅実なのも強みだ。


期待値65%
岡田 厩舎
4枠8番
パトリック


減った体が戻り、鞍上も松山騎手で巻き返しを期待していた前走だったが、1番人気に推されるも7着。「大外枠で壁を作れず、道中も噛むところがあったし、コーナー4つのコースも合いませんでした。この中間は体をキープしていて雰囲気は良いし、決め手を活かせる外回りでワンターンのコースの方がこの馬の切れ味が活きると思います」と陣営。今回はちょうど真ん中の枠を引けたので、馬混みで上手く脚を溜められれば巻き返し十分。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する