W情報

中山6R・7R・8R・9R・10R・12R

中山6R・7R・8R・9R・10R・12R




6R
3歳1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC



期待値65%
菊沢 厩舎
7枠9番
ダノンファスト


「立て直した今回は負けない」と菊沢隆徳厩舎ダノンファストが必勝態勢。「前走は精神的に一杯一杯で、後方からのレースになってしまったのもそのため。今回はゆったりと仕上げたので落ち着いているし、力通り走ればこのクラスは楽勝できる」と陣営はかなり強気。中山は未勝利戦を2秒3差で大差勝ちした舞台で、普通に回ってくれば結果は出るだろう。「本当に良くなるのはもっと先の馬だが、このクラスで2回足踏みは出来ない」とのこと。





7R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC



期待値65%
藤沢和 厩舎
8枠11番
ソルドラード


今週は土日合わせて9頭を使っている藤沢和雄厩舎だが、一番自信がありそうだったのが初ダートのソルドラード。レイデオロ、レイエンダらの弟が1勝クラスでダート転向というのは寂しい気もするが、陣営は「将来のことはともかく手っ取り早く勝たせるためにダート」と語る。「ダートの適性はありそうだし、そもそも1勝クラスでは能力が違う。前走にしても道悪と下がってきた馬を捌くのに手間取っての3着ですから」とのことで、スタートだけ気を付ければ負けないという雰囲気だった。





8R 隅田川特別
4歳上2勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
伊藤大 厩舎
4枠4番
ゲバラ


前走は1年ぶりの復帰戦。しかも最内枠から出遅れてしまい序盤は離れた最後方だったが、外に持ち出して進出すると3コーナーではもう先頭に立ち、そのまま5馬身差で突き抜けるという規格外の競馬を見せ付けた伊藤大士厩舎ゲバラ。「1勝クラスでは全く力が違ったということ」と陣営も驚く勝ちっぷりで、「今回は一度使った上積みもあるし、昇級しても再び圧勝というシーンを期待していい」と、関係者の評価も高い。「道悪は割引かもしれない」とのことで、馬場の回復具合がカギ。




期待値65%
堀 厩舎
7枠9番
アヴィオール


昨年の12月以来の競馬となる堀宣行厩舎アヴィオール。近走は冴えない競馬が続いているが、「一度緩めてイチから立て直した。そのおかげで毛ヅヤ、張りともに今まで一番と言っていいくらいの状態になっている」と今回は仕上がりが今までと違う。「レーンに頼んでも大丈夫と言えるだけのデキ。元々の能力はあるのでレーンに上手く乗ってもらって走る気持ちが戻ってくれば」とのことで、今回は復活がありそうな気配。





9R 鹿野山特別
4歳上2勝クラス 芝2000m


事前情報ランクM



期待値55%
高柳瑞 厩舎
2枠2番
ゴールドスミス


美浦の高柳瑞樹厩舎の馬であるゴールドスミスだが、最終追い切りは栗東坂路。実は、前走後に桜花賞に出走するケープコッドの帯同馬として栗東に滞在しており、当初の予定では滞在したまま再び阪神か京都のダート中距離戦を使う予定だった。ところが、今週から自ブロックでしか出走が出来なくなったため、栗東にいるが関東馬のゴールドスミスは阪神のレースを使えず、中山に輸送して競馬をすることになってしまったのだった。「かわいそうなことになってしまいましたね。芝自体は昔走っていたし道悪もプラスになりそうですが」と関係者。




期待値60%
藤沢和 厩舎
4枠4番
ヴァンランディ


2勝クラスに上がってから取りこぼしが続く藤沢和雄厩舎ヴァンランディだが、この中間は放牧を挟まず調整してきたことで状態が上向き。「これまでは休み休み使っていたのでキッチリ仕上がらなかったのですが、今回は在厩の叩き2走目で上積みが大きいですよ。今週は天気が心配ですが、ダートに使う馬と、芝ではこの馬が道悪でも大丈夫です」と厩舎サイドのトーンも高い。久々にルメール騎手を乗せてきたのも自信の表れだろう。





10R 京葉S
4歳上オープン ダ1200m


事前情報ランクM



期待値65%
河内 厩舎
1枠2番
ホウショウナウ


ほぼ1年ぶりの復帰戦だったポラリスSで3着と格好を付けた河内洋厩舎ホウショウナウ。今回は叩き2走目かつ、陣営が「1200mの方が脚が溜まるし競馬がしやすい」と期待する距離。「団子よりも縦長の展開が得意な馬で、中山の1200mだとそういう展開になりやすい」という点もプラスだ。「この中間はちょっと太目感があったけど、この2週でちょうどよくなった。輸送もあるのでちょうどいい状態になる」とのことで、前進を期待していい。




期待値65%
高柳大 厩舎
8枠16番
ヴァニラアイス


3走前に中山のながつきSで11着の大敗を喫している高柳大輔厩舎ヴァニラアイスだが、そのレースは「チークピーシーズを外したのが裏目に出て、ずっと外に逃げながら走ってしまった。中山自体は問題なかった」とのことで、適性を不安視する必要はない。前走は取消や中間の除外が響いた格好だが、この中間は狙い通りのレースに向けてしっかり調整されている。「OPなら力は上なので、そろそろ賞金加算をしたい」と気合十分の遠征。





12R 春興S
4歳上3勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
堀 厩舎
3枠3番
フォルコメン


今回は昇級戦ながらトップハンデタイの56キロ。堀宣行調教師は「なんで56キロなんだ」と不満そうだったらしいが、周囲の関係者は「それだけ評価されてるということ。前走の勝ちっぷりも良かったし昇級しても勝ち負けになるよ」と前向き。チークを着けてからは勝ち切れなさが解消して連勝しており、「ようやく心身のバランスが整って、本当の素質に馬が追い付いてきた印象。まだ連勝は続くと思います」と関係者は強気だ。




期待値65%
水野 厩舎
8枠11番
ニシノカツナリ


元々は東京開幕週の府中Sに出る予定だったが、番組が無くなったため1週前倒しで春興Sに出走することになった水野貴広厩舎ニシノカツナリ。「距離を延ばすつもりだったけど、マイルの方が条件は合っている。仕上がりに関しても早めに戻していたので何とかなった」とのこと。昇級戦だが「このクラスまでならゲートでやらかしても力の違いで勝てる」と陣営はかなり自信がある様子。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する