W情報

阪神7R・8R・9R・10R・12R

阪神7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
今週から『緊急ルール』スタートで現場どうなる?(現場の裏ネタ続々)



-:
「牡馬クラシック第一弾・皐月賞も無事に開催されそうで、本当にありがたい限り。開催に携わる関係者への感謝を込めて、今週も情報をお送りしていきましょう!本日は少々、久々のご登場となる関西情報筋の皆さんと進めてまいります」
情報筋S:
「先週の桜花賞もお疲れ様でした。本命◎デアリングタクト、一強と評価しておいて言うのもなんだけど、『あの展開を一頭だけブチ抜くんだから強すぎる』と言わざるを得ないわな。震えるようなレースやった」
情報筋T:
「対抗○レシステンシア、あれも滅茶苦茶上手く乗ってるんやけどな。ユタカ(武豊)が大外枠からジワッと出して、隊列が落ち着いたところでロスを最小限にして逃げ馬にプレッシャーをかけながら直線で先頭。一言、相手が悪すぎたとしか言いようがない」
情報筋M:
「令和最初の桜花賞も、また歴史に残る名レースとなりました。今週の皐月賞も良いレースになりますよう、そして良い馬券を獲れるよう、情報筋一同、気合十分です!」
情報筋T:
「そうそう。一旦区切りを付けて、今週から仕切り直し。まだまだ頑張らなあきまへんで」
-:
「皐月賞といえば、何といってもWORLDの顔・大西直宏さんが騎手時代に制した縁のレース。今年もワクワクしながらレースを迎えたいと思います」
情報筋S:
「その前に土曜日な。天気予報を見るに、慎重になる必要が強そうやけど、それでもしっかり朝イチからやっていくで!」
-:
「さて、既に先週の時点でも関東情報筋の皆さんに解説いただきましたが、今週から人や馬の移動に数多くの規制がかかるみたいですね。これに関して、現場の状況はいかがでしょうか?」


■「緊急事態宣言」発令後に
発表された主な変更点(皐月賞週から施行)
●他ブロックへの出走を制限
┗関西馬の中山&東京遠征/関東馬の阪神&京都遠征が基本的にNG。ただしオープンクラスと障害レースは例外
 また、第3場(ローカル開催)については特に東西の制限はなく行われる
●開催中の騎手の移動を制限
┗例として『土曜日は中山→日曜日は阪神』という形での移動が不可能に。
 ただし障害レースの騎乗騎手は例外
●調整ルーム以外に自宅やホテルへの宿泊を許可
┗本来なら全騎手が調整ルームに入るべきところだが、感染リスクの分散のために特別措置
●上記措置に伴い、一部のレースが変更・追加・取り止めに
┗これによってローテ変更を余儀なくされた陣営も
※その他、関係者には「複数人固まっての移動をしないように」という通達あり
また一般マスコミの入場も厳しく制限。特にフリーランスの取材者は一時期的に競馬場への入場も不可能に


情報筋S:
「そうそう。緊急ルールの関係で『土曜と日曜で違う競馬場に乗れへん』ということで、急遽予定を組み替えた騎手が多い。関西で言えばユウガ(川田)が皐月賞への遠征を取り止めて土日共に阪神で騎乗。代わりに、キタトモ(北村友)がレクセランスに乗ることになった」
情報筋T:
「もちろん、移動制限も関係してるんやろうけど、GIを避けて土日共に阪神って決めたからには、ユウガには結構な星勘定が揃ってると考えるのが自然やな」
情報筋M:
「逆に、本来は土曜阪神→日曜中山で考えていた関西の騎手は結構大変ですね。さすがに急遽の中山では騎乗馬が揃わず。
リーディング上位のユタカさん(武豊)で土曜2鞍、福永騎手で1鞍。さらに、先程名前が挙がった北村友騎手は土曜2鞍、日曜1鞍ですから……」
情報筋T:
「まあ、ユーイチ(福永)に関しては『何とか集めた馬が2頭、ギリギリになって出走をヤメた』って話もあるみたいやけどな。キタトモにとっては“とばっちり”やろなあ……。
いずれにせよ、今週からしばらくは人も騎手も“急に決まった・予定通りじゃない”系の話が増えてくる。そういうところで上手く馬券を捕まえていきたいね」
-:
「こういう状況下だからこそ、の情報馬券もたくさんある……ということで、今週末もよろしくお願いいたします!」
情報筋S:
「じゃあ最後にいつも通り、会議限定の注目レースを。土曜阪神4Rに注目してみよか。芝中距離の芝未勝利戦ということで、ソコソコの馬が揃ってる。中でも『いつまで未勝利におんねん』っていうのが、6番タンジェリンムーンと9番ラルナブリラーレや」
情報筋M:
「これ、前者がサンデーレーシング、後者が社台レースホース。つまりノーザンFvs社台Fの戦いでもあるんです。そういう観点でもチョッと面白い一戦です」
情報筋S:
「6番タンジェリンムーンはココ3戦、3・2・2着なんだけど勝ち馬との着差は0.0秒。つまり同タイムの僅差負けということ。前走ではポジションを取って競馬できていたし、今回は担当スタッフが『ウチの厩舎の今週オススメはこれくらいやで』と言ってたから、大崩れは無いと見ているが……後は騎手の差がどうかな」
-:
「タンジェリンムーンは岩田望来騎手、ラルナブリラーレは川田将雅騎手ですか。この構図も面白い」
情報筋S:
「そうなんよ。コッチも前走2着で、コレは勝ち馬がかなり強かったクチ……という意味で、未勝利脱出はもう時間の問題。ただ、個人的には厩舎サイドが『自分はもう少し短い距離の方が合うと思うんだけどな~』って前走時に言ってたのが気になるところ。能力で克服しとるけど、雨で極端に馬場が悪化したら取りこぼす可能性もある」
-:
「なるほど……いずれにせよ、騎手・馬主も絡んで、未勝利戦ながらアツイ争いになりそうということですね。注目しておきます!」





7R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC


期待値65%
浜田 厩舎
7枠8番
ハイクアウト


課題だったゲートもクリアして、外目の2番手でスムーズに流れに乗れた前走が2着と安定している。「大きな上積みはないですが、デキ落ちはなく順調です。前走が勝ちに行っての2着。勝ち馬はその後2勝クラスも突破していたし、砂を被らず楽に行ければ良い競馬ができるでしょう。馬具を換えた効果も絶大です」と、ココはメンバー的にも力が入る。


期待値65%
新谷 厩舎
2枠2番
スパンキーワールド


友道厩舎から新谷厩舎に転厩してからのここ2戦が3着・2着と安定した走りを見せている。「厩舎が替わって、ブリンカーとか色々工夫して馬が良くなってきました。中一週と詰めて使っていますが、疲れはないです。仕掛けどころが難しい馬ですが、川田騎手ならば大丈夫でしょう。今回も上位争いできます」と、ココも強気な関係者。





8R
4歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM


期待値60%
大久保龍 厩舎
1枠2番
スマートマウアー


血統的にも期待していた馬だが、体質の弱さや条件が噛み合わずに未勝利を勝てず、一度地方に出してから出戻って来た。前走が交流戦での2着だが、休み明けでプラス20キロと余裕残しだったし、走破時計は優秀なものでメドの立つ内容。「この中間は坂路で良い時計を出して順調です。暖かくなり体も絞れてきたので、中央場所でも十分太刀打ちできるでしょう」と色気ありの陣営だった。


期待値60%
谷 厩舎
2枠4番
トーホウドミンゴ


骨瘤、骨折、繋靭帯炎と体質が弱くてなかなか順調に使えないが、かつて『穴馬ジョーカー』で取り上げた際に11番人気で2着に激走を見せており、能力的にはこのクラスでは上のものがある。今回7カ月ぶりの競馬となるが、「乗り込んで態勢は整いました。体はだいぶ増えて現時点では多少余裕がありますが、輸送で減って丁度よくなるでしょう。久々を苦にしない気性だし、ダートの1400mはベストです」と陣営。使い込めないので一戦一戦が勝負の馬でイキナリから注目。




9R 蓬莱狭特別
4歳上2勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC


期待値65%
岡田 厩舎
8枠13番
パトリック


昇級でもデキの良さと馬場適性の高さを強調する情報をお伝えして本命推奨した前走が2着。スローの中で鞍上が大事に乗り過ぎた感もあったが、ゴール前は目の覚めるような伸び脚を見せた。「超スローペースでしたが、最後は凄い脚を使いました。短期放牧を挟みましたが体調は良いし、クラスも2戦目になるので、ここは決めたいですね」と、今度こその構えの陣営だった。


期待値65%
高野 厩舎
2枠2番
プライドランド


折り合いをつけて3番手から進んだ前走だったが、結果的には超スローの上がり勝負で、この馬としては一番苦手な流れで5着。「丁寧に乗ってくれたのですが、中途半端な競馬になってしまいました。無理せず自分のリズムで行けた方が力を発揮できる馬。変わらず順調なので、前走で負けている馬もいますが、逆転できると見ています」と反撃ムード。




10R 陽春S
4歳上3勝クラス ダ1200m

事前情報ランクC


期待値65%
寺島 厩舎
3枠6番
ヘリオス


◎メイプルグレイトの相手大本線に取り上げて的中をお届けした前走、正攻法の競馬で押し切り勝利。今回が昇級戦となる。「速い時計にも対応できて、思った以上に力を付けています。2週前に中山の春風Sを除外になり予定が延びましたが、調整は上手くいったし、前走と同じ阪神の1200mという舞台でむしろ良かったかもしれません。馬場が渋っても問題ないし、今の充実ぶりならここも楽しみですよ」と連勝を狙うムード。


期待値65%
浅見 厩舎
2枠4番
ロードラズライト


2番人気に推された前走の春風S。ゲート一息で道中も位置取りに苦労していたが、直線はメンバー中最速の上がりを使い3着まで追い込んできた。「以前に比べると揉まれ強くなり、力を付けています。中1週ですが疲れなく前走のデキを維持しているし、トップハンデでも56キロならばココも好勝負できるでしょう」と引き続き期待の陣営。



12R
4歳上2勝クラス ダ2000m


事前情報ランクM


期待値65%
寺島 厩舎
3枠6番
シホノフォルテ


4カ月ぶりの前走だったが、『このクラスでは能力が違うし、楽に勝てる』との勝負話をお伝えして本命推奨。2番手から楽に追走して、直線で大きく差を広げての楽勝だった。今回は昇級になるが、「一度使っての上積みがあるし、このくらいの距離に一番適性があると思います。テンションが上がりやすい馬ですが、間隔を取った効果で中間は落ち着いているし、軌道に乗った感もあるので、ここも一気に突破といきたいですね」と強気な陣営。

期待値65%
今野 厩舎
8枠15番
シャンパンクーペ


◎コンカラーから3連単3万3560円の的中をお届けした前走の川西特別で3着。「休み明けで昇級の前走でも自分から動いて3着と良い内容でした。体が増えてパワーアップしたし、精神的に大人になった感じです。中間は反動が出ないように調整して、気配はとても良いので、2戦目の今回は上位争いを期待しています」と陣営。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する