W情報

中山5R・7R・8R・9R・10R・11R・12R
桜花賞の事前は参加者のみなのでありません。
ポイント消費でも見られません。


中山5R・7R・8R・9R・10R・11R・12R
-:
「昨日に続き本日も、関東情報筋の皆さんとお送りしてまいります。関東圏のレースからは、本日開幕した福島競馬から、8Rにて3連単10万4970円のビッグヒット!単勝7番人気のファストライフをズバリ◎指名、対抗○ラヴィアンレーウとの馬連◎○1点目2650円も好配当でした」
情報筋N:
「これぞ穴から狙ってる獲る馬券、のお手本みたいなレースでした。ヒモ候補の大穴として指名したサンライズアキレス(10番人気)もナイスな働きでしたよ。イイ話を入れてくださった関西情報筋の方に感謝です」
情報筋K:
「1勝クラスではまだ結果が出てなかったけど、元々は音無厩舎に居た良血馬で、それが3月に開業した新谷厩舎に移籍して今回が2戦目。手の内に入れたところでの好走……まさに情報冥利に尽きる結果だった」
-:
「それから、中山で行われた重賞・ニュージーランドTは◎ルフトシュトロームから馬連1770円・3連複8880円・3連単3万4500円的中のスマッシュヒット! ◎本命馬については週中に【社台特捜班・マニアックス】がブログで紹介していた強力情報馬でした。コチラも反響の大きいレースでしたよ」
情報筋M:
「マニアックスの姉ちゃんとさっき電話で情報交換してたんだけど、随分と嬉しそうにしてたのが印象的だった。声で分かるほどにな。ま、ニュージーランドTの後の自分の推奨レースもバッチリ決まったからだろうが(笑)」
-:
「『匠の買う馬』で推奨されていた土曜福島12Rですね。サンデーレーシング所属の◎リトミカメンテから3連単72.9倍を手堅く的中でした」
情報筋K:
「本日も非常に多くの反響、ならびに激励の声が届いていたと聞いている。もちろん、メンバー様の中には、今は競馬を楽しむのが少々難しい方もいることだろう。
我々としても1日も早いコロナ禍の終息を願うしかないし、そのために個々ができる努力をしていきたいと思っている。その一方で、皆さまに少しでも良い時間、良い情報をお届けできるように、情報筋としての仕事は普段通りに務めていきたい」
情報筋M:
「やっぱり、競馬は大勢で盛り上がって、そして満員の観客が競馬場に集ってこそ……という面が大きい。メンバーの皆さまに伝えたいのは『また競馬場が開放されたその時まで、どうか元気であってほしい』ということです。これは切実にお願いしますよ」
情報筋N:
「春のGIシーズン、ここからが山場に差し掛かる時期ですからね!」
-:
「心強いお言葉、ありがとうございます。明日の皐月賞もそうですし、来週以降も水面下で色々とイイ情報を揃えて下さっていると聞いています。何とか開催が続くことを祈りながら、頑張っていきましょう!」
情報筋M:
「最後にいつも通り、会議限定の注目馬を挙げていこう。中山5Rから、下記の“獲りドコ”で紹介してもらってる馬もイイけど、穴っぽいところで気になるのが2番トーヨースターオー。これ、新馬戦でガロアクリークの2着だったヤツね」
-:
「ガロアクリークといえば先日のスプリングSで重賞勝ち。その2着ともなれば、すぐに勝ち上がっていておかしくなさそうですが……その後は12着・10着とイマイチですね」
情報筋M:
「そうそう。それで人気を落とす頃合いでしょ。ただ、2走前の12着の時は『新馬戦の後で腰に疲れが残ってて、しかも終始外を回されて厳しい競馬だった』って理由があるみたい。前走はお試しでダートを使ったら、適性がなさすぎたってオチだ」
-:
「なるほど……むしろ馬券的には見限ってはいけない一頭ってことですね」
情報筋M:
「そういうこと。ま、大型馬の休み明けだからココを叩いて次の方がパフォーマンスが上がるかもしれないけど、初戦からある程度動ける態勢にはありそうだ。最初が妙味じゃないかな」
-:
「分かりました。私も少し押さえておこうと思います!」
情報筋K:
「来週は牡馬クラシックの第一弾・皐月賞。コッチも非常に面白いメンバーで、しかも今回が初の直接対決っていう状況が多い。オマケに情報的にも……♪」
情報筋N:
「我らが情報アドバイザーの大西さんが制したレースでもありますからね。乗り役視点での分析もいただきつつ、好相性のGIをキッチリと獲りたいものです」
-:
「今週もありがとうございました! 来週もよろしくお願いいたします」



5R
3歳未勝利 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
相沢 厩舎
7枠13番
カウイダンス


4着だった前走後に一度は中1週で使おうとしたが、「馬場が悪くなりそう」という理由で権利がある中3週のココまで待つことにした相沢郁厩舎カウイダンス。「狙い通り今回は良馬場でやれそう」と陣営のトーンは上がっている。「前走は馬場に尽きる。良馬場なら絶対に弾ける」と今回は勝ち負けを見込んでいる。




期待値65%
高橋文 厩舎
8枠15番
リーガルバトル


南半球産馬ながら新馬戦から2着に好走した高橋文雅厩舎リーガルバトル。「まだ馬体が成長途上なのに能力の高さで動けた。その分レース後の反動が大きかったので一息入れることになった」と陣営は中間に休ませた理由を説明する。今回も「まだ能力の高さに馬体が追い付いていない」とのことで加減しながらの調整だが、「能力は間違いなくオープン級。未勝利戦ならこれで普通に勝てる」と厩舎サイドは自信十分。





7R
4歳上1勝クラス牝 ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
矢野英 厩舎
8枠13番
アポロアミ


最近はワンパンチ足りない競馬が続いている矢野英一厩舎アポロアミだが、以前はこのクラスを勝ち上がる寸前までいっていた能力の持ち主。「最近は展開が向かないレースが多くて結果が出ていないが、前走は前残りの中でもしっかり脚は使えていた。デキが良いので中2週で続戦するし、前走よりもペースが上がってくれれば」と、厩舎サイドは前走の内容に手応えを感じている。そろそろ復活があっていい雰囲気。





8R
4歳上1勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM



期待値60%
畠山吉 厩舎
5枠9番
ウインレフィナード


このレースは前走で3着内に入ったのが2頭だけという低調なメンバー。畠山吉宏厩舎ウインレフィナードの関係者は「ウチのも威張れるような馬じゃないけど、今回は相当相手に恵まれた印象がある。勝ち上がれるとしたらこういうレースをモノに出来た時だろう」と、色気を持っている。前走は人気薄での3着だったが、「在厩で調整してデキ自体は変わりなくきている」と厩舎スタッフ。同じだけ走れれば相手が楽な分で勝ち負けまで。




期待値60%
和田勇 厩舎
7枠14番
ミヤケ


前走が1年ぶりの芝のレースだった和田勇介厩舎ミヤケ。結果は1秒2差の9着だったが、「芝の走り自体は悪くなかった」ということで引き続き芝のレースを使うことになった。「トモに力が無い馬なので、前走は道悪が堪えていた。良馬場で距離もマイルくらいならもっと走れると思っている」と、厩舎サイドは意外に強気。前走だけでは芝はダメだと見限れない。





9R 印西特別
4歳上2勝クラス ダ2400m


事前情報ランクM



期待値65%
渡辺 厩舎
7枠13番
リヴィエラ


前走時に単勝21.6倍の8番人気ながら「ダート長距離の適性を見込んで中山に連れてきた」という勝負話を掴んで本命公開し、馬連5510円&3連複1万1400円の的中をお届けした渡辺薫彦厩舎リヴィエラ。今回ももちろんダート2400mを使いたくての中山遠征。「この条件で今度こそ決めたい」とトーンは高い。敢えて懸念を述べておくとすると、前走は「脚抜きの良い馬場で速い時計の決着になったのが良かった」という点。今週も天気は微妙だが、もしも良馬場だった場合に同じような走りができるかどうか。





10R 美浦S
4歳上3勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
鹿戸雄 厩舎
3枠3番
レッドイグニス


前走の初冨士Sは11着に大敗している鹿戸雄一厩舎レッドイグニスだが、関係者は「長期休養明けなのが響いたとしか考えられない。厩舎の期待馬でOPまでは行けると思っている」と巻き返しに意欲十分。「今回も放牧明けだけど、前回とは中間の動きの迫力が違う。力通り走れば勝ち負けになるでしょう」と調子の良さをアピールしている。7歳馬だが何度か長期休養があってキャリアは浅く伸びシロがある。





11R 春雷S
4歳上オープン 芝1200m


事前情報ランクM



期待値65%
藤岡健 厩舎
4枠7番
メイショウキョウジ


目下8戦連続連対中で、特に今年に入ってからは3戦2勝、2走前の2着は格上挑戦のOPだった藤岡健一厩舎メイショウキョウジ。以前は「平坦コースが向いている」ということで京都や小倉を選んで使って結果を出していたが、前走は中山の坂を苦にせず勝ち上がり。「今は本当にデキが良いし力を付けている」と陣営がさらに自信を深める走りだった。今回は中1週で再び中山戦。OPでも通用することは2走前に示しており、状態に関しても「何とか今回までは我慢が利いている」とのこと。今回勝てれば夏のローテが組みやすくなる。




期待値65%
宗像 厩舎
5枠9番
ナランフレグ


高松宮記念を賞金不足で除外されて春雷Sに回ってきた宗像義忠厩舎ナランフレグ。「左回りが得意なので高松宮記念には挑戦させてみたかった」と厩舎スタッフは悔やんでいるが、出られないことはほぼ確実だったため、早めにこちらのレースに目標を切り替えてキッチリ調整されている。「前走は展開が嵌まったとはいえ右回りの重賞で結果を出せました。中山にはあまり良いイメージはないですが、以前より力を付けているので今後のためにもメドを立てておきたいですね」と陣営は前向き。





12R
4歳上2勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
伊藤大 厩舎
8枠15番
コウギョウブライト


『中山ダート1200m』ではお馴染みの伊藤大士厩舎コウギョウブライト。2走前は内枠で揉まれてしまい大敗したが、外枠を引いた前走で順当に巻き返し。今回も8枠15番なら好位の外目をスムーズに運ぶ好走パターンに持ち込めるだろう。「このレースが終わったら中山ではしばらく使えないので、しばらく放牧にだして休ませるつもり。今回はメイチ仕上げです」と、関係者からはコース巧者らしい話も届いており、前走以上に期待が掛かる。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する