W情報

中山6R・7R・8R・9R・10R・12R
中山6R・7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
春のクラシック本番始まる。関係者の動きは?(現場の裏ネタ続々)



-:
「いよいよ今週から春のクラシック本番。まずは桜花賞ということで、紆余曲折ありながらも開催にこぎつけました。関東情報筋の皆さん、現場の状況はいかがですか?」
情報筋K:
「正直、日に日に様々な制限が増えていって、特にスポーツ紙の連中はかなり苦心しているようだ。しかし、競馬開催が行われることが一番大事。ココからが正念場になる」
情報筋N:
「とはいえ、今は電話やメールだけじゃなく、LINEのようなコミュニケーションツールがありますし、トレセン内外の情報収集に不足はありません! 感染予防を徹底しながら、よりクオリティは高くをモットーに頑張ってます」
-:
「ありがとうございます。さて、今週になってJRAからは各所でのルール変更を発表しています。少し説明していただいてもよろしいですか?」
情報筋M:
「OKよ。サクッとまとめておいたぜ」


■「緊急事態宣言」発令後に
発表された主な変更点(皐月賞週から施行)
●他ブロックへの出走を制限
┗関西馬の中山&東京遠征/関東馬の阪神&京都遠征が基本的にNG。ただしオープンクラスと障害レースは例外
 また、第3場(ローカル開催)については特に東西の制限はなく行われる
●開催中の騎手の移動を制限
┗例として『土曜日は中山→日曜日は阪神』という形での移動が不可能に。
 ただし障害レースの騎乗騎手は例外
●調整ルーム以外に自宅やホテルへの宿泊を許可
┗本来なら全騎手が調整ルームに入るべきところだが、感染リスクの分散のために特別措置
●上記措置に伴い、一部のレースが変更・追加・取り止めに
┗これによってローテ変更を余儀なくされた陣営も
※その他、関係者には「複数人固まっての移動をしないように」という通達あり
また一般マスコミの入場も厳しく制限。特にフリーランスの取材者は一時期的に競馬場への入場も不可能に


情報筋M:
「正直、一般ファンにはここまで細かく伝わってないと思う。けど、馬券的なこと、情報的なことを考えると、これはしっかりとアタマに入れた上で情報収集をしないとダメなところよ」
-:
「『異例こそ情報』の合言葉、心しておきます」
情報筋K:
「関西の情報筋に聞いた話では『仕方ないことだが、東京で使いたかった馬は全部予定変更だ』という声が結構多いようだ。他にも、皐月賞に乗りに来る予定だった川田が、土日ともに阪神で騎乗する……すなわち皐月賞はキャンセルしたとか、今回の決定でアタフタしている関係者が見られる」
情報筋M:
「後は一部の番組変更だな。例えばだが、東京開幕週に府中Sっていう3勝クラス戦が組まれていたんだが、これが取り止めになった。その代わりに、関西馬も遠征可能な福島開催に似たような3勝クラス戦が急遽組まれている」
-:
「そのレースに出走しようと考えていた陣営は、福島で騎手を確保して使うか、予定を変更するか……という感じでしょうか?」
情報筋M:
「ズバリ、そういうことだな。水野厩舎にニシノカツナリっていう馬いるだろ? 連勝中のやつな。アレも府中Sを考えていたクチなんだが、レース取りやめによって急遽予定を前倒しするってさ。来週の中山で使ってしまうそうだ」
情報筋N:
「競馬サークルも、何とか開催を継続していくために苦心しています。もちろん心から応援したいと思いますが、一方で『急な動きの裏には、馬券的に狙える情報が数多く潜む』のも事実です。精一杯の情報収集に努め、そして楽しむ時は思いっきり楽しみたいと考えています!」
情報筋K:
「その通り。毎週代わり映えのしない言葉になってしまうが、我々にできることを必死にやっていこう。一人でも多くの方に貢献できるようにな」
-:
「今週末は何と言っても桜花賞です。期待しております!」
情報筋M:
「おおう、そこに向けても土曜日から気合い入れていこう。じゃあオススメ馬に行こうか。今日は中山と福島から1頭ずつ!」
-:
「今週から裏ローカル開催は福島へ。コチラは世間的な注目度こそ低いものの、例年GIに隠れて高配当がよく出ることでお馴染み。そこからも情報があるということで気になりますね~」
情報筋M:
「中山の方は堅めに、4Rの3番グーガルドリームズ。コレはもう順番だろうよ。前走は外枠から先行するのに脚を使ったけど、最後までしぶとく粘って2着。今回は内枠引いて頭数も減るからな。今週はまだ関西馬の遠征OKということで、急遽突っ込んできた関西馬も弱くはなさそうだが、関東馬の中心はこの馬で問題ないだろう」
-:
「福島の方はどんな馬ですか?」
情報筋M:
「コッチはコッソリ買ってみてほしい穴系。障害の福島4Rから7番サニーダンサー。あんまり広めてほしくないけど、初障害なのに一部で盛り上がってるんだよな。どうも練習からかなりセンスある動きをしているようで」
情報筋N:
「元々、平地では1000万下(2勝クラス)までアッサリ突破した馬です。平地の脚は上位ですから、もしかするかもしれませんねえ。少額で自分も考えてます」
-:
「ありがとうございます。競馬が行われる限り、私はできうる限り満喫していきますよ!」



6R
3歳1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
清水久 厩舎
1枠1番
プレシオーソ


この世代最後の新馬戦を勝ち上がった清水久詞厩舎プレシオーソが再び中山遠征での昇級戦。「良い内容で勝ったし、輸送も前回で問題ないと分かったのでもう一度中山へ」と関係者。「テンションの高い馬だけど使った後も順調にこれたし、時計はまだ詰められる。あとは相手関係だけだけど、同じ舞台なら楽しみ」と連勝を期待している様子だ。北村宏司騎手と清水久詞厩舎のコンビでもう一丁。




期待値65%
須貝 厩舎
8枠12番
ヴァンタブラック


須貝尚介厩舎ヴァンタブラックは姉に阪神JF勝ち馬ローブティサージュや土曜日の阪神牝馬Sに出走するブランノワールがいる良血馬だが、デビュー時の馬体重が532キロだったようにこの馬は現状ダート向きのパワータイプ。昇級戦の沈丁花賞ではスローペースで逃げた馬に押し切られたが、最速の上がりで2着とメドを立てた。「今回はチークピーシーズを着用します。能力は確かなので今度こそ勝ち切りたいですね」と陣営は強気。





7R
3歳1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値65%
田中清 厩舎
1枠2番
レイテントロアー


昨年の自己条件で3着とメドを立てている田中清隆厩舎レイテントロアー。「レース後にガタっときたので続けて使ってきた疲れが出たのかもしれない」ということで休養入りしており、今回は4か月ぶりの復帰戦。「リフレッシュして状態は良いし、中間はしっかり乗り込めている」とのことで、前走だけ走れば今回は勝ち負け候補。




期待値65%
林 厩舎
6枠11番
ヴァルゴスピカ


『中山ダート1200m』で新馬勝ちし、休みを挟んで出走したレースは0秒6差の5着。「昇級戦からメドの立つ良い競馬が出来た。ひと叩きして状態は更に上向いているし、今回は3キロ減も効くのでもっと良い競馬が出来ると思う」と陣営のトーンは上がっている。新馬戦のように一列前で競馬が出来ればチャンス拡大か。





8R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM



期待値60%
中野 厩舎
8枠14番
コンスタンティナ


復帰からの2戦は人気ほど走れていない中野栄治厩舎コンスタンティナだが、2走前から「1勝クラスはすぐに勝ち上がれる」と関係者の間で盛り上がっていた好素材。2走前は休みが長く馬体重が24キロ増えていたのが敗因で、前走は出遅れたため道中の追い上げに脚を使ってしまったのが響いた。今回は復帰3戦目で「初戦が仕上がり途上だった分、まだまだ伸びシロがある」とのことで、状態面はさらに良化。そろそろ本領発揮となるか。





9R 野島崎特別
4歳上2勝クラス牝 芝1800m


事前情報ランクM



期待値65%
久保田 厩舎
4枠6番
エバーミランダ


前走は大外から伸びてきた勝ち馬に競り負けたものの、得意の中山であと一歩の競馬を見せた久保田貴士厩舎エバーミランダ。「引き続き牝馬限定戦だし距離も1ハロン短くなるのは好材料。それに鞍上もルメールに替わるし、そろそろ勝ち負けを期待したい」と関係者のトーンも高い。去年の野島崎特別は8着に敗れているが、当時は休み明けだった。





10R 千葉日報杯
4歳上2勝クラス 芝1200m


事前情報ランクM



期待値65%
木村 厩舎
2枠3番
エスタジ


芝1400mで安定した競馬を続けている木村哲也厩舎エスタジだが、2勝クラスに上がってからは道悪や展開の問題もあったものの3着続き。そこで今回はさらに1ハロン短縮して初めてスプリント戦に出走してきた。「この距離は初めてだが、集中力に課題がある馬なので1400m以上に合う可能性を感じている。流れに乗れれば勝ち負けのチャンス」という話で、ルメール騎手とのコンビで変わり身を見込む。




期待値65%
伊藤圭 厩舎
6枠11番
ランドルーラー


未勝利馬のまま格上挑戦する道を選び、冬の小倉で1勝クラスを2連勝してきた伊藤圭三厩舎ランドルーラー。「当時の小倉は相当馬場が悪くて時計が掛かっていたし、それで外差しが決まりやすかったからね。条件に恵まれた面はあった」と関係者は冷静にジャッジするが、その一方で「上のクラスでもやれる力があると思って残していた馬だから。今なら2勝クラスでも展開次第で勝負になる」と今回も前向きなのは確か。末脚が活きる流れなら3連勝の可能性十分。





12R
4歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
宮田 厩舎
7枠12番
ビップソルダー


先週の日曜日にダンシングプリンスとビップデヴィットで開業2勝を挙げた宮田敬介厩舎。このレースに使うビップソルダーは松下武士厩舎からの転厩馬で今回が転厩2戦目となるが、着順こそ9着でも「チークピーシーズを着けた効果は感じられた」と陣営は手ごたえを感じており、「動きは良くなったし上積みがある。今回はもっとやれるはず」とさらなる前進を見込んでいる。2週続けて大穴での勝利となるか。






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する