W情報

中山5R・6R・7R・8R・10R・12R
中山5R・6R・7R・8R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
火曜順延による変更点をまとめてチェック!



-:
「早速ですが、日曜日の中山開催が季節外れの大雪の影響で、2Rを終えたところで中止。異例も異例の火曜日開催となりました。出馬投票もやり直しとなったわけですが、これによる変化も当然起きていると思います」
情報筋N:
「では、この会議の中でざっくりとまとめておきましょう。日曜日との比較で、回避した馬、追加で出走になる馬、騎手が替わる馬をまとめました。手集計なので万が一漏れがあったらお許しを……」


<日曜中山からの変更点>
■中山3R 16頭→15頭
回避:ルヴィール、ベスディア、スマイリースマイル
追加:①ヴァンダーファルケ、⑯グランクロウ
―――――――――――
■中山4R
回避:セーリング、ルヴェルソー
追加:③メイショウカイコウ、⑫コスモヒビキ
―――――――――――
■中山5R
回避:イッシン
追加:⑬ヤマメ
乗替:⑧サイクロトロン(的場勇→田辺)
―――――――――――
■中山7R
乗替:⑦スプレーモゲレイロ(柴山→江田照)
―――――――――――
■中山8R 16頭→15頭
回避:キコクイーン
―――――――――――
■中山10R
回避:メイショウカリン
追加:②アリンナ
乗替:⑦アンブロジオ(宮崎北→菊沢)、⑩ナーゲルリング(黛→柴田大)


情報筋M:
「面白いパターンで言えば10Rの2番アリンナ。コレは元々、抽選で除外になっていた馬なんだが、関西馬のメイショウカリンがスライドを嫌ったことで、枠が1頭分空いたんだよ」
情報筋N:
「当初から出走が予定されていた馬は優先的に投票できるシステムだったので、その空いた1枠を、元々除外になっていた4頭で抽選して、通ったのがこの馬だったというわけです。」
-:
「なるほど。準OPの芝1200m戦なんてめったにありませんし、陣営としてはラッキーだったのでは?」
情報筋K:
「能力的に“足りる・足りない”のジャッジは別として、幸運なのは事実だな。代替開催ならではの事象ではある。他にも2日順延になったことで『関西馬は中山競馬場で滞在調整』『関東馬は一旦トレセンに帰って再輸送』等々、調整に苦心されているケースは多い。この辺りの情報も踏まえて、判断をしたいところだ」
情報筋M:
「そうそう、某紙を見てみたら、関係者コメントもトラックマンの印も日曜分からほぼ全てが使い回しって感じだったぜ。一部、回避馬が出たところで印が動いた形跡はあったけどさ。時間が足りないとはいえ、枠順の再変更なんかは結構重要なポイントのはずなんだけどな」
情報筋K:
「まあ、そういう時間的・人為的余裕がないのは仕方ないだろう。我々は我々で頑張っていくとしよう」
-:
「次週に向けての情報収集もある中、急遽お集まりいただきありがとうございました。最後にいつもの会議限定馬は、どうします?」
情報筋M:
「そりゃあモチロン、挙げておこう。中山4Rの10番レッドラルジュ。この馬、昨秋の中山芝マイルの新馬戦の時に、かなり大雑把な競馬で3着まで持ってきた内容が良かったんだよ。前走はぶっちゃけ鞍上の下手乗りで負けたようなもんだけど、コレはまともなら未勝利は足りる馬」
情報筋N:
「ゲートも微妙、ポジションも思うように行かず、しかも道中で引っかかる……ッテ感じの競馬でしたもんねえ」
情報筋M:
「そうそう。過度に売れるようなら別だが、3番人気くらいで買えるなら単勝は持っておきたいね。再投票でも偶数枠を引けて何よりだよ(※日曜は14番→今回は10番)。一応、過度に馬体が減ってないかは見ておいてな。日曜の時は480キロだったよ」
-:
「了解しました! 変則日程の中、お疲れさまでした。大阪杯ウィークも何やら、普通じゃないワケアリ馬が複数居ると聞いております。そちらも楽しみにしております!」



5R
3歳1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクC



期待値65%
武市 厩舎
7枠14番
キョシンタンカイ


29日の中山競馬が3レース以降中止となり、出馬投票をやり直した上で31日に順延。なお、29日に出走が確定していた馬には優先権が与えられるため、回避馬が出ない限りは日曜日と変わらないメンバーで行われる。
武市康男厩舎キョシンタンカイは再投票によって枠順が1枠1番から7枠14番に。これは『中山ダート1200m』では有利だろう。陣営は「持ち時計がないので脚抜きのいい馬場だとどうか」と話していたので2日延期で馬場が乾けばさらに有利。




期待値65%
音無 厩舎
8枠16番
エンプティチェア


1勝クラスに上がってからも安定した競馬を続けている音無秀孝厩舎エンプティチェア。前走は最後に外からの強襲を受けて3着に終わったが、騎乗していた石橋脩騎手は「3~4コーナーで少し動かされたのが痛かったけど、すごくいい馬だった」と高評価。今回は中1週での参戦となったため石橋脩騎手が他の馬を受けてしまっており、同じエージェントのミナリク騎手に乗り替わり。関係者は「この馬ならミナリクでも勝てるでしょ」と軽口を叩いていたが、ミナリク騎手は『中山ダート1200m』は上手い。





6R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
相沢 厩舎
1枠1番
ライトカラカゼ


前走で本命公開して的中馬券をお届けしており、遡ると初ダートで7番人気2着に走った3走前にも『前日獲りドコ』で推奨していた相沢郁厩舎ライトカラカゼ。「前走は相手が悪かっただけ。この舞台だと本当に安定して走ってくれるし、デキを維持しているからこその中1週。コレは何とか勝たせないと」と陣営も気合が入っている。揉まれる形でも好走したように安定感は一層増しており、頭数にもメンバーにも恵まれた今回は好機。





7R
4歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
菊川 厩舎
7枠13番
ギニー


門別からの出戻り初戦だった前走で2番手から競馬をするスピードを見せた菊川正達厩舎ギニー。「昔から調教だけは動く馬だったが、未勝利の頃よりも幼さが抜けてきた」とのことで、門別で使った1200m戦に適性を見せたことも中央での初勝利に近付く要因となっている。「一度使って体付きも良くなってきた」とのことで前走以上がある。




期待値60%
伊藤圭 厩舎
8枠15番
シゲルルビー


こちらも南関東からの出戻り初戦で5着と健闘した伊藤圭三厩舎シゲルルビー。「イイものは持っていたが、デビュー当時は腰がダメで力が出せなかった馬。地方に出ている間にそこがシッカリしてきたのが大きい」と厩舎サイドは前走好走の理由を語る。「2戦目ならもっと楽に流れに乗れると思うし、勝ち負けまであっていい」と期待十分。





8R
4歳上2勝クラス牝 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値60%
浜田 厩舎
1枠1番
トロハ


7秒6差負けのブービーだった前走は心房細動のため参考外。「今回が実質的な昇級初戦。立て直してきたので影響はないし、馬の雰囲気は良くなっています」と陣営のトーンは悪くない。「改めて力試しという感じですが、2走前の勝ちっぷりを考えると牝馬同士なら勝負になって不思議はないですよ」とのことで、狙い目になりそうな1頭。




期待値60%
中舘 厩舎
7枠13番
メダリオンモチーフ


長期休養明けから2戦で勝利を挙げた中舘英二厩舎メダリオンモチーフ。厩舎サイドは今回も強気で、「このクラスまでは力が違う。大事に牝馬限定戦を待って仕上げたので状態は良いし、連勝を見込んでいる」と勝つ気満々だ。「中山では2戦2勝だし、相手なりに走れるタイプでもあるので昇級戦でも楽しみです」と厩舎筋の関係者も期待する一戦。素質的にはもう1つ、2つ上のクラスまで目指せる好素材。





10R 船橋S
4歳上3勝クラス 芝1200m


事前情報ランクM



期待値65%
藤岡健 厩舎
2枠3番
メイショウキョウジ


2走前の巌流島特別で本命公開し、「フユコク」開幕週の万馬券的中をお届けした藤岡健一厩舎メイショウキョウジ。さらに前走は格上挑戦だった北九州短距離Sで高松宮記念に出走するシヴァージの2着。平坦コース、中でも小倉がベストの馬であることは間違いないが、「前走の走りは本格化の証。自己条件に戻れば中山でも関係なく勝ち負けになる」と、陣営はかなり自信がある様子だった。「差す形でも走れるようになったし道悪もこなす。崩れるイメージはない」とのこと。




期待値65%
武英 厩舎
3枠5番
スリーケープマンボ


「とにかくハナに行かす。変に他馬に合わせるよりも自分のペースで行かせた方が面白い」という作戦を厩舎筋から聞いている武英智厩舎スリーケープマンボが穴の注目馬。近況は凡走続きで休み明けでもあるが、「今回は調教から雰囲気が良くて変わり身がありそう。このデキなら行き切れる」という話で、状態面も申し分ないようだ。松田大作騎手はこの馬のために日曜は中山で騎乗するつもりで、火曜もそのまま中山滞在。





12R
4歳上2勝クラス 芝1200m


事前情報ランクM



期待値65%


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する