W情報

阪神7R・8R・9R・10R・12R
阪神7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
さあ盛り上がろう!高松宮記念ウィーク(現場の裏ネタ続々)



-:
「さあ、高松宮記念ウィークです! ……と意図してテンションを上げて、WORLDは情報をお伝えしていきたいと思います。何かと、必要以上にふさぎ込みがちですからね」
情報筋T:
「そうね。自粛ムード自体はやむを得ないところもあるし、体調第一で過ごしていただきたいのは本心。けれども、せっかく競馬界が盛り上がってくるこの時期を、楽しまへんのはもったいないからな。可能な範囲で参加してもらいたいとは思ってるよ」
情報筋M:
「特に、高松宮記念はココ数年でも一番の好メンバー。確かに超の付く混戦ムードですが、その分予想のし甲斐はありますし、情報的にも表で、裏で、濃い話が満載です。イイ馬券を仕留められそうですし、楽しみにお待ちいただきたいところですね」
-:
「皆さま、今週末もよろしくお願いいたします。それでは土曜の話……の前に、先週の開催終了後に突如発表された『ドバイWCデー中止』の一報と、その影響を教えていただけますか? 高松宮記念もこの関係で騎手がガラリと変わりましたね」
情報筋S:
「西の人間の話をすると、ユーイチ(福永)は世界情勢を鑑みて事前にキャンセルしたクチ。ユタカ(武豊)とかユウガ(川田)、ミルコ(M.デムーロ)は先週日曜の開催が終わってから、それぞれ現地へ飛ぶ予定やったところが、言葉を選ばずにいうと『助かった』という立場やな。向こうへ行く前に中止の一報が入ったわけやから」
情報筋M:
「気の毒なのはルメール騎手と古川吉騎手ですね。両者とも事前に現地入りしていたために、“帰国後2週間は経過観察が必要”という判断で、今週・来週と中央での騎乗ができなくなりました。他にも、関東の関係者では一部、ドバイ中止を聞く前に離日してしまった方もいたようです」
情報筋T:
「その件な。ルメールとフルキチに落ち度がないことを考えると、実質2週間“失業”になってしまったわけで、少々可哀想な判断と思うところもあるが……現状を鑑みれば仕方ないかなあ」
情報筋M:
「聞いた話では2人ともPCR検査で陰性と出ているみたいですが、社会情勢的に日に日にコロナへの警戒度が増していることや、何が何でも安全に競馬を開催したいというJRAの意向も理解できるだけに、何とも言い難いですね」
-:
「なるほど……。今週だけではなく、来週の大阪杯でも有力馬が回ってくるはずだったルメール騎手にとってはかなり痛手かもしれませんね」
情報筋T:
「逆に、彼らの事情が変わった関係で、当然ながら狙える情報馬も色々と出てきた。『元々は違う騎手を予定していたが、ドバイをキャンセルした騎手にお願いできるのはラッキー!』ってのもあるしな。結果的に国内競馬だけになってしまったけど、逆にいえばその土日に専念して、ジックリと楽しんでいければと思ってるで」
-:
「さすがに情報が早い、情報筋の皆さんですね。頼りにしていますよ!」
情報筋S:
「あいよ。じゃあ最後に会議限定のやつね。阪神5Rから。無難に行くなら11番ナリタザクラは『もう、いつでも未勝利は勝てる』立場の馬やけど、個人的には4番ネブロシティ。コッチもエエ加減勝たなアカン馬や」
情報筋M:
「デビューする前は『札幌デビュー組でも屈指の評判馬』『クラシックに乗せたい』って言われていたんですよねえ」
情報筋S:
「そうそう。まさかこの時期まで未勝利に留まるとは思わんかったわ。厩舎が思ってた以上に奥手のタイプやったみたいね」
-:
「前走2着から少し間隔が空きました。体調はどうなんでしょう?」
情報筋S:
「それは気になってしっかり聞きに行ったけど、軽いフレグモーネがあって大事を取ったんやって。『帰厩してからの雰囲気は良いし、心配は全くしてない』って厩舎サイドも気合入っとるわ。これまでの走り考えたら、普通なら抜けた1番人気になっても驚かない馬。オレはコッチから狙ってみようと思ってるで」





7R
4歳上1勝クラス牝 ダ1400m


事前情報ランクМ


期待値65%
大橋 厩舎
1枠1番
ナムラマッチェリ


昨年の暮れ以来の3カ月ぶり。「期待していた前2走がサッパリだったので、リフレッシュして立て直しました。未勝利勝ちした直後にこのクラスでも好走した様に能力的には上位のハズです。血統的にもここで終わる馬ではないので、休んだ効果で本来の姿を見せて欲しいですね」と反撃ムードの陣営。


期待値65%
吉岡 厩舎
7枠7番
ファイナライズ


一旦地方に出して中内田厩舎に出戻ったが、その後に吉岡厩舎に転厩、その初戦となる。「戻ってきてからの芝の2戦は着順は悪いですが、差はそうありません。今は飼い葉食いも良くなり体も回復しているので、ダートでも動けそうです。変わるなら今回だと思います」と、条件替わりで大変身を狙っている。





8R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC


期待値65%
松田国 厩舎
8枠8番
プチティラン


休ませて若さが抜けた前走、集中した走りができて勝ち馬から0秒4差の4着とメドの立つ内容だった。「強い調教ができるようになり、体質が強化されました。一度使って反応が良くなっているし、小回りコースより広いコースの方が追走が楽になるでしょう。ブリンカーで更に集中力が出てきたし、メンバー的にもチャンスでしょう」と関係者。




9R 君子蘭賞
3歳1勝クラス牝 芝1800m


事前情報ランクМ


期待値65%
河内 厩舎
8枠12番
オーマイダーリン


当初はチューリップ賞を予定していたが、熱発で回避。その後短期放牧を挟んで立て直した。「回復が早くて、仕切り直してからは順調です。調教でもシッカリ動けているので心配ありません。前走は直線で前が壁になる不利があり4着。自己条件ならば上位争いでしょう。できれば良馬場でやりたいので馬場はあまり悪くならないと良いですね」と陣営。


期待値65%
高橋亮 厩舎
7枠10番
ボンオムトゥック


3戦目の前走で未勝利勝ち。その後放牧に出して一息入れて、4か月ぶりの競馬となる。「元々期待していた馬でした。今回久々で昇級となりますが、相手なりに堅実に走るタイプだし、雨で道悪馬場も苦にしません。むしろ他の馬が苦にする様ならば、この馬にとっては好材料です」と連勝を狙う構え。



10R 天神橋特別
4歳上2勝クラス 芝1600m


事前情報ランクC


期待値65%
宮本 厩舎
5枠5番
セグレドスペリオル


放牧明けでやや余裕残しの前走の中京戦でも出遅れながらも終い良い伸びを見せて4着と好走。「一度使って、デキは前走よりも断然良くなっています。渋った馬場も苦にしないし、上がりの掛かる阪神コースになるのも良いでしょう。追わせる馬なので外国人の乗り役さんも合いそうです」と、前走よりも格段にトーンアップしていた陣営。


期待値65%
木原 厩舎
7枠11番
メイケイハリアー


抜群のスタートを切ってハナを切った前走がそのまま押し切り勝利。「デビューした時から期待の大きかった馬なので、勝ち上がるのが遅すぎたくらいです。放牧を挟んで昇級戦になりますが、相手なりに走れそうだし、前々での競馬ができれば簡単にはバテないので、スンナリ行ければここでも楽しみです」と陣営。



12R
4歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM


期待値65%
浅見 厩舎
8枠9番
ブライトエンパイア


ムラ馬なので安定感はないが、障害の効果で腰がパンとしてきたし、雨で馬場が悪くなっても対応できるタイプ。「コンスタントに使ってますがデキ落ちはないし、変わらず順調です。2走前くらい走ればメンバー的にはチャンスはあると思います」と陣営。今回鞍上が幸騎手になるというのも魅力だ。


期待値60%
上村 厩舎
5枠5番
モハー


昨秋の新潟戦以来の5か月ぶりの競馬。「休ませて夏の疲れが取れてリフレッシュして戻って来ました。先週コースで長めからやって好時計で動けたし、今週の坂路でも良い感じで仕上がりは良いです。このクラスで通用のメドは立っているし、気性的に使い込むより休み明けが良さそうです」と陣営。決め手勝負になれば台頭のシーンもありそうだ。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する