W情報

京都7R・8R・10R・11R・12R

京都7R・8R・10R・11R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
早いもので、1月開催ラストウィーク!



情報筋T:
「早いもんで1月の開催はこの土日で最後か~。今年は結構、特殊な競馬カレンダーになってるとはいえ、次の東京開催が2月からってのはチョッと珍しい気がするな」
-:
「確かにそうですね~。皆さん、やはり東京開催は楽しみにされているんですか?」
情報筋S:
「もちろんよ。関西を中心にしてるオレらが言うのも何やけど、やっぱり競馬関係者にとって一番力が入るんって、花形でもある東京やろうしなァ」
情報筋M:
「敢えて東京に持っていって勝負をかけるケースも多いですからね~」
情報筋T:
「力のある馬は特にな。展開の紛れとかトリッキーなコースで力を出しきれずに負けるとか、そういうのを避けて東京開催を待ってるパターンもこれまで数知れず!」
情報筋S:
「そして次開催も、何やら一発目からすンごいのがあるかもって話やん?」
-:
「あの~、私を置いて勝手に盛り上がらないで……」
情報筋M:
「僕たち関西情報筋、そして東の情報筋の方々とも密に連携して、来週の東京開幕週、そして裏の京都・小倉と情報を洗っていますが、コレはちょっと『今の段階でもしこたま買っちゃいたい』くらいのトーンではありますよね~」
情報筋S:
「GI終わって1ヶ月、おやすみモードの人はそろそろ目を覚まさなアカンのちゃう? ……って言いたくなるよな!」
情報筋T:
「ま、詰めの作業はココから。皆さんにも全容をお伝えできる状況が整ったら、その時はすぐに言うさかいに、楽しみに待っといてや~」
-:
「それはとんでもなくキニナル話ですが……その前に!まずは今週の土日もよろしくお願いしますよ皆さん!」
情報筋T:
「おう、任しとかんかい!」
-:
「それでは、最後にいつもの会議限定オススメをお願いします」
情報筋S:
「まず、この会議でオススメした先週日曜の新馬を振り返らせてくれ。馬券的には、ココで挙げた3頭で2・3・4着。アドマイヤビルゴが悪い馬とは思わんかったけど、完成度を考えれば“人気先行”と思ったけどなァ」」
-:
「ああいう場面で人気に応えて勝つのが、武豊騎手らしさでしょうか」
情報筋M:
「愛知杯のために前乗りした小倉で英気を養って、良いリズムだったのかも……なんちゃって(笑)。なんでも、ルメール騎手と現地の海の幸に舌鼓を打っていたとか」
-:
「そんな話まで知っているんですか!?」
情報筋S:
「しかしやで。特に4着のヤマニンプルニエは単勝で133倍、複勝でも13倍スタートや……。確かに情報を持ってることは伝わったと思うけど、痛すぎる結果にも程があるで(苦笑)」
情報筋T:
「とはいえ、“買う価値がある”と見合ったオッズだからこその推奨。中長期的に見れば、そのスタンスで間違ってへんから。はよ気持ち切り替えなはれ」
情報筋S:
「そうやな。明日の話しよか。京都6Rの新馬でリベンジや。11番タガノトランキーロ。
コレは慎重派なテキが結構エエ事喋ってくれててな。担当してるスタッフは『仕上げすぎでお釣りがないかも……』なんて控えめにしてるけど、新馬でそういう感触ってことは、今回はしっかり動けるんちゃうかなって思うんよね」
-:
「なるほど……。手元の某新聞だと印もまばらですし、穴で少々買ってみようかな……?」
情報筋S:
「正直、シルク×ルメールの8番ヴァンタブラックは強そうやけど、デキがモノを言う新馬戦やからな。後は鞍上の岡田に頑張ってもらおか!」





7R
3歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクC


期待値65%
野中 厩舎
8枠11番
ヘルシャフト


昇級でも期待していた前走の寒椿賞。スタート地点の芝の部分で好スタートを切ったが、ダートコースに入って砂を被って下がってしまい、直線は大外に出すロス。ゴール前での伸びは際立っていただけに、前半のロスが痛かった。「前走後も順調だし、京都の1400mは未勝利戦で圧勝した舞台。11頭と頭数も手頃で捌きやすいので、スムーズに流れに乗れば今度は勝てるだろう」と陣営の期待は大きい。





8R
4歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM


期待値60%
小崎 厩舎
4枠4番
ブライトメジャー


昨年の10月からニュージーランドに滞在して現地の競馬に参戦している小崎綾也騎手。今週JRA騎手免許更新試験受験のため一時帰国し、週末は久々に京都競馬場で騎乗する。土日で5鞍と数は多くないが、父である小崎憲調教師が、帰国する息子の為に用意しているのがこの馬だ。「夏の小倉以来の競馬ですが、十分に乗り込んで仕上がりは良いです。雨の影響で締まったダートになるのは歓迎で、この条件はピッタリなので、アッと言わせるシーンがあるかもしれませんよ」と一発を狙っている。


期待値60%
中内田 厩舎
3枠3番
メイショウハート


前走、中内田厩舎からの連続の騎乗依頼で張り切っていた鞍上の亀田温心騎手。外枠から先手を取り、逃げ込みを図ろうとしたが、ハイペースの上に1頭になるとフワッとして気を抜いてしまい、交わされてからはパッタリと止まって11着と惨敗。昇級後は岩田望、亀田とアンちゃんが御せないで競馬になっていないので、今回はこの厩舎の主戦ともいえる川田騎手に乗り替わる。「変わらず体調は良いし、逃げないでも競馬ができるので、乗り方ひとつのところがあります。前走の止まり方を見ると、1200mへの距離短縮も良さそうなので、改めて期待します」と陣営。先週も惜敗続きの馬を乗り替わってアッサリ勝たせた鞍上、今回も腕の違いを見せてくれそうだ。





9R 睦月賞
4歳上2勝クラス 芝2400m


事前情報ランクC


期待値65%
池江寿 厩舎
7枠8番
プランドラー


『広いコースに替わるのはいいし、何より休養効果が素晴らしく馬体は20キロくらい増えてるかもしれないけどパワーアップ歴然とのこと。トーンがかなり高かった』との前走。情報通りプラス20キロの馬体。道中も好位で流れに乗り、直線では良い脚で追い込んできて2着と見事に復活した内容で力のあるところを示した。「前走後も順調に来ています。京都の外回り2400mはベスト条件なので、56キロのハンデでも良い競馬ができるでしょう」と陣営。


期待値65%
橋口慎 厩舎
7枠7番
ゴースト


休み明けをひと叩きした前走。鞍上スミヨンで4番手追走から直線で楽々抜け出して、2着以下に4馬身差をつけて快勝。そのレースで5着だったピエナアラシは先週の小倉の呼子特別で本命推奨して3連単7万1820円・3連複1万0830円の大万馬券的中をお届け。7着だったモイは既にこのクラスを勝ち上がっており、レースのレベルが高かったと言える。「前走よりも馬の調子は上がっています、パワーを要求される今の京都の馬場はピッタリで、芝の長い距離ならば、昇級でも楽しみですよ」と連勝を狙う構えの陣営。





10R 蹴上特別
4歳上2勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM


期待値65%
大久保龍 厩舎
6枠6番
シェパードボーイ


『いずれはオープンまで出世する』と厩舎の評価の高い馬だが、気性の若さとスタートの悪さが災いして成績が安定していなかったが、前走内枠から良いスタートを切って、終始流れに乗って少差の2着と好走を見せた。「トモが甘く、ハミに頼って走るので反応は鈍いですが、それでも2着とメドが立ちました。砂を被っても我慢できるようになり、気性面での成長もあるので、ココは楽しみですね」と陣営。あのレースぶりならば、現級突破も間近で今回も好レースを期待。




11R 石清水S
4歳上3勝クラス 芝1400m


事前情報ランクM


期待値65%
吉村 厩舎
5枠10番
アクアミラビリス


前走の飛騨Sで本命推奨して的中をお届けしたお馴染みの馬。「前走後に放牧に出して立て直して、このレースからの始動を目標に調整しました。一週前にルメール騎手が乗って良い動きを見せたし、今週の最終追いでもシッカリとした脚取りで坂路を上がって行きました。1400mも2回目になるので、前走よりはスムーズに流れに乗れると思うので、今度こそ何とかしたいですね」と陣営。ここを勝って、その後は京都牝馬Sに向かいたいとの事だ。

期待値65%
石坂正 厩舎
2枠3番
ドナウデルタ


母ドナウブルー、サンデーRが誇る良血馬で只今2連勝中。「トモに力が付いてきて、走りがシッカリして来ました。距離を1400mにしたら安定してきたし、53キロならここも一気に突破と行きたいですね」と陣営は強気。3歳時のチューリップ賞からずっと手綱を取って来た北村友一騎手が騎乗停止で乗れず、登録馬も水曜想定の段階で29頭(除外馬が13頭)と、今回はクリアしなければ課題が二つあったが、鞍上に関西リーディングの川田騎手を確保して、除外も見事にクリア。無事出走が叶った。




12R
4歳上1勝クラス 芝1800m


事前情報ランクM


期待値65%
高橋康 厩舎
2枠4番
パトリック


『休ませて馬は良くなっている。スタートが上手な鞍上なら五分に出してくれると思うので楽しみにしてる』との前走。本命推奨して的中をお届けできたが。やはり出遅れてしまい、直線猛追するも2着まで。勝ち馬に騎乗していたノリさんの方が一枚上の騎乗ぶりだった。「前走後も順調です。小倉にも登録しましたが、当初から外回りのココを松山騎手で予定していました。9頭と手頃な頭数のココなら、もう決めないといけないですね」と陣営。

期待値65%
松田国 厩舎
1枠1番
サトノウィザード


『長期休養明けでも仕上がり◎。今回は外に張る面を考慮して左にブリンカーを装着。その効果があればこの相手ならアッサリまで』との前走の阪神戦だったが、外枠で出遅れてしまい位置取りが悪くなり、直線も大外を回るロスがあり6着までだった。「片側だけブリンカーを着けても、外に逃げるところがあるので、前走大外枠は痛かったです。それでも脚があるところは見せているし、今回は少頭数の最内枠。馬場が渋っても我慢できると思うので、今度は馬券圏内に入ってくるでしょう」と陣営。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する