W情報

京都7R・8R・9R・10R・12R
京都7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
マスコミも話題に挙げたアノ新馬戦に注目!



-:
「本日は関西情報筋の皆さんとお送りしていきます。土曜日は京都2Rにて馬単・馬連は1点提供、3連単は6点でズバリという推奨レースもお届けいただきました。『馬単1点で9.9倍=ほぼ回収1000%。ありがとうございました!』という反響も多かったですね」
情報筋T:
「ま、たまにはああいうレースもあるっちゅうことやな。そう多くはないけど、少点数レースは予算も少なくて済むし、出てきた時は注目してみてな」
情報筋S:
「悔しかったのは京都の最終やな。馬主特捜班のキングダムもオススメしてた◎テーオーアマゾン、5番人気と盲点になってたけど強い競馬やった。馬連◎◯1点目で13倍はなかなか美味しかったけど……」
情報筋M:
「ヒモひとつで3連単は特大万券の目も持ってましたからね~。馬連だけでも回収は十分ですが、欲を言うなら……というところですね」
情報筋S:
「その辺りについては、今日の結果を踏まえてしっかりアジャストしていこう。乗れてる騎手・乗れてない騎手とかも含めてな」
-:
「乗れてない……といえば、土曜の小倉ではルメール騎手が噛み合ってなかったですね」
情報筋T:
「ああ、ちょっと“らしくない”判断ミスが目立ったな。勝負所で後手に回るケースが多かった。そういう意味では、今回負けた馬もしっかり覚えときや。情報的にはイイ馬も居たから、普通に走ればすぐ巻き返すパターンも多いと思うで」
-:
「承知しました!では最後に明日のオススメ話ですが……やっぱり気になる、京都6R新馬をお願いできますか?」
情報筋M:
「リクエストとは珍しいですね。では行きましょうか」
情報筋T:
「ロマンを求めるならユタカ(武豊)と、アドマイヤやけどな~(6番アドマイヤビルゴ)。亡くなった近藤利一オーナーが生前から騎乗を希望してたって話。ただ、420キロ前後のちっこい馬やで、今の馬場でどう出るか……。正直、人気先行の気はあるよな~。6億円やし……」
-:
「となると、どの辺りから攻めていきましょうか?」
情報筋S:
「馬券的にはまず10番フィニステール。安定の中内田×川田×金子真人HDの組み合わせ。」
-:
「あれ? フィニステールという馬、過去にもいませんでしたっけ……?」
情報筋T:
「そうそう。この馬は2代目になる。初代は10年くらい前に走ってたよ。藤原英厩舎のダンスインザダーク産駒な。ま、因果関係はほとんど無いわ(笑)」
情報筋S:
「2代目の話に戻すけど、コレは厩舎が自信を持っとる。『イキナリからしっかり動ける仕上げです。少し口向きに課題はありますが、真面目でイイ馬ですよ』と出たトコ勝ちを狙ってるわ」
情報筋M:
「近藤オーナーの前妻(!?)の愛馬11番フアナもイイみたいですよ。角居厩舎の現3歳世代の中でも期待度は高いみたいです。もっとも『1800mよりもさらに長いところが向きそう』という話ですがね」
-:
「年は明けましたが、まだまだデビューしていない楽しみな素材が居るんですねえ」
情報筋S:
「あと、穴中の穴なら9番ヤマニンプルニエな。コレは藤懸が色気持っとって『ゲートの中では少し危なかったらしいけど、スタートは速いし、今の馬場なら前に行けたら面白いかも』って言っててな。人気は全く無いだろうが、押さえてみてもいいかもな」
情報筋T:
「後は来週に向けても、馬場状態がどうなるかをよう見とかんとな。雨の影響もあって、巧拙の差が出やすくなっとる。こういう部分でも情報が生かしやすいからな。来週の2日間もエエ話が続々と入ってるから、期待しといてな~」
-:
「分かりました!来週も楽しみにしてます!」





7R
4歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクC


期待値65%
長谷川 厩舎
5枠5番
ミッキーマラン


先週はプラス14キロと余裕があったせいか、前半はズブくて追い通しで追走に苦労したが、終いは良く伸びてきてメンバー中最速の上がりを使い2着。「太かったので、この連闘は良い方向に出るでしょう。少頭数で変にペースが落ち着いてしまうのは良くないので、ある程度流れて欲しいですね」と陣営。今回は減量騎手起用で斤量が55キロになるのも追い風になりそうだ。


期待値60%
鮫島 厩舎
8枠9番
グランセノーテ


休み明けは走らないタイプだが、『放牧後ですが戻してからジックリと調整できました。この馬の場合は帰厩後の在厩期間の長さが重要です。その意味では前走より今回の方が臨戦過程は良いので、前回の様な事はない』との話を先週お伝えして3着。そして今回は連闘となる。「連闘の予定はなかったのですが、頭数とメンバーを見て使うことにしました。叩いて明らかに良くなっているので、当然好勝負になります」と陣営。





8R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM


期待値65%
角居 厩舎
8枠10番
スマートランウェイ


思い入れの深い厩舎縁の血統馬で、久々の前走でも、『キッチリ仕上がったので、どんな勝ち方をするかでしょう』と関係者も相当自信を持っていたが、息切れしてしまい9着と案外の結果。「良い感じで先行できたのですが、最後は苦しくなってしまいました。昇級で初の距離が影響したのでしょうか?明確な敗因はわかりませんが、クラスの壁ではないと思います。一度使った事で気持ちが入って良くなったので、今度こそあんな事はないハズです」と巻き返しムードだった。


期待値65%
松下 厩舎
1枠1番
ナイルデルタ


2走前に◎パンコミードの相手本線に取り上げて6番人気で2着して、3連単1万5150円の的中をお届けしたお馴染みの馬。前走も直線上がり最速の脚を使うも、先に抜け出した勝ち馬に僅かに及ばずの2着。勝ち切れないが、休み明けから5着・2着・2着と安定している。「中1週となりますが、疲れなく順調です。後ろから行く馬なので展開に左右されますが、終いは確実に脚を使うので、今回も上位争いになるでしょう」と陣営。





9R 白梅賞
3歳1勝クラス 芝1600m


事前情報ランクC


期待値65%
藤沢和 厩舎
6枠6番
オーロラフラッシュ


先週のフェアリーSを予定していたが除外(ルメール騎手はアヌラーダプラに騎乗する事になり、調教をつけた津村騎手は乗れず)そして今週自己条件にスライドとなった。「抽選をクリアしてフェアりーSに出走していたら、恐らく好勝負になっていたでしょう。京都までの長距離輸送でイレ込みがどうかですが、前走で強い馬相手に揉まれた経験もあるし、自己条件のココは決めておきたいですね」と陣営。


期待値65%
北出 厩舎
7枠7番
エーポス


土曜日に小倉でフラル、京都でヒルノマリブが勝ち、今年両目を開けた北出厩舎。日曜一番の目玉はこの馬との事。普段は幼い面を見せているが、競馬になると集中して人気に応えて新馬勝ちを収めた。「今週の稽古でも折り合いがついて良い動きでした。この中間もテンションは安定しているし、スタートが良くて前々で流れに乗れるので、昇級しても差のない競馬ができると思います」と連勝を狙う陣営。





10R 北大路特別
4歳上2勝クラス牝 芝2000m


事前情報ランクM


期待値65%
笹田 厩舎
6枠6番
イノセントミューズ


休み明けでプラス26キロだった前走。「フックラして、デキは悪くなかったけど叩き良化型なので今回の方が断然良いです。前回は枠が外だったし、馬場も合わなかったです。京都コースのほうが相性がいいので大きく変わってきそうです」と陣営。元々叩いて牝馬限定のココという話もあり、今回一変が期待できそうだ。

期待値65%
佐々木晶 厩舎
5枠5番
コパカティ


秋華賞にも登録はしたが、自己条件で確実に勝ちに行った前走。ただ、流れが遅すぎて、末脚が不発に終わり後方ままで7着。力を出せずに不完全燃焼の競馬に終わった。その後は放牧で一息入れて、暮れに栗東に戻って、この開催を目標に調整してきた。「太め感なく走る気を表に出して、良い感じの仕上がりです。競馬に行っての折り合いがカギですが、流れに乗れれば牝馬同士のココならアッサリがあっても良い馬ですよ」と立て直して改めて期待の陣営。




12R
4歳上2勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM


期待値65%
高橋康 厩舎
2枠4番
テルモードーサ


『ブリンカー着用で絶好の大外枠が当たったので、ガラリ一変の今回、変わり身を見せるだけの材料は揃っている』との情報をお伝えして、前走本命推奨から的中をお届け。その情報通りにブリンカー効果が絶大で圧勝。勝ち時計も翌日の2勝クラスよりも速い優秀なものだった。「前走の後は同じ条件のココまで待ちました。前走同様に良い状態で出走できるので、昇級でも前走の内容なら十分に足りるでしょう」と連勝を狙う陣営。

期待値65%
千田 厩舎
7枠14番
エムオータイショウ


道営出身馬だが、『スピードがあるのでこのクラスでも』との事で前走ルメールに依頼。間隔が開いてやや体に余裕があった事もあり、最後苦しくなり4着だが通用するスピードは見せた。「一度叩いて良くなっているし、1400から1200mへの距離短縮は大歓迎。今度は押し切れるでしょう」と強気な陣営。今回も鞍上に武豊騎手とトップジョッキーを確保して、中央入り初勝利を狙っている。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する