W情報

中山7R・8R・9R・10R・11R・12R
中山7R・8R・9R・10R・11R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
小倉開幕、そして中山も負けじと注目



-:
「さあ、いよいよ明日から小倉開催も始まり、1月競馬もますます楽しみが膨らみます! 本日も関東情報筋のお二人を迎えてお送りしていきましょう」
情報筋K:
「もう1名、情報筋Nは小倉で元気に情報収集に励んでいるようだ。日々報告がLINEでも来るし、通話で聞くこともあるが、随分と楽しそうで何より(笑)」
-:
「となると、現地滞在組の勝負話も色々と揃っている……と期待して良さそうですね!」
情報筋K:
「そういうこと。それに加えて、現地に移動前……すなわちにトレセンに居た頃の動向や、放牧先での調整過程など、あらゆる情報を加味して最終結論を出している。1%でも的中率を高めるための過程、というワケだ」
-:
「実際に、皆さんからの情報を聞いていると、私も間近でその過程を実感することができます。今年の小倉もイイ話、期待してますよ!」
情報筋M:
「ま、小倉だけじゃなくて中山の方も色々と見てもらえればありがたいね。冬の開催も今週・来週のみ。特にドル箱【中山ダート1200m】からの情報がよく的中に繋がってくれている」
-:
「そうなんです。年明けから2週間、【中山ダート1200m】からの提供鞍で早くも万馬券6本!
6万6870円的中、3万1350円的中、2万6910円と高配当的中を続々お届けいただいております」
情報筋M:
「古くからのメンバー様は“何故、情報通りに決まるのか”“高配当が獲れるのか”をよーくご存知でしょう。日に日に注目度も上がっていると聞いているぞ」
-:
「“情報通りに決まるコース条件”というマニアックな分野、本当にあるんですよね~。コチラもどうぞご注目を。というところで、明日のオススメ馬など居ましたらお願いします。先週月曜日の会議オススメ馬・ペイシャチャーム(1/13・中山4R)は単勝7.7倍で1着。的中報告も届いていましたよ~」
情報筋K:
「そのレースも【中山ダート1200m】の新馬戦だったな~」
情報筋M:
「聞いてくれ。そのレース、裏で馴染みの関係者と先々の話で夢中になりすぎて、締め切られたんだよな……」
情報筋K:
「マジかよ(笑)。そりゃあ明日取り返さないとな」
-:
「それは、なんというか……ドンマイです……」
情報筋M:
「気を取り直して、明日の個人的注目は中山4Rの障害戦。今回すぐに勝ち抜けるかどうかまで確証はできないが、13番モルゲンロートの初障害が結構気になるんだよな~」
-:
「平地でも2勝クラスで好走していた印象ですが、障害入りですか~。頭打ちって雰囲気でもなさそうですが」
情報筋M:
「そうそう。それでオレも話を聞き込みにいったのよ。障害試験でもイイ時計叩き出してたしな。そしたら『オーナーサイドの意向で障害をやっていく方針になったんだけど、調教でもセンスは良いし、コレは先々化けてきても驚かない』って結構盛り上がってたよ」
情報筋K:
「ただ、実績ある関西馬も何頭か揃ってるしな~。それに、この馬を作ってきたジョッキーはお手馬が被って今回乗り替わりだろ?」
情報筋M:
「そこは気になる材料だけどな。逆に言うと、今回から好走してくるようだと先々が楽しみになるということ。馬券はオッズ見ながら、妙味重視で買ってみるつもりだ」
-:
「了解です。私も注目してみます!」



7R
4歳上1勝クラス牝 ダ1200m


事前情報ランクM



期待値65%
古賀史 厩舎
7枠13番
マリノエクスプレス


今週土曜の中山は7Rと8Rに同じ1勝クラスの『中山ダート1200m』が組まれている。7Rの方は牝馬限定戦で、8Rはマル混の牡牝混合戦という違いがあるが、どちらのレースもフルゲートで8Rは除外も3頭出ている。
古賀史生厩舎マリノエクスプレスは先週の同条件で3着に好走し、「牝馬限定戦を使いたいから」と連闘に踏み切った。「この条件が合っているので一度でも多く使いたいということもあるし、体調が良くて馬体が増え続けているので連闘でも心配はいらないはず」と関係者。引き続き上位争いになりそうだ。




期待値65%
武井 厩舎
8枠15番
エヌワイパフューム


大敗明けかつ7か月半ぶりのレースだった前走で本命公開して7番人気で2着に好走、3連単2万3100円の万馬券的中をお届けしている武井亮厩舎エヌワイパフューム。情報通りの成長ぶりと1200mへの適性を見せた格好で、今回は同条件の叩き2走目かつ牝馬限定戦。「前走後も順調だし、このクラスなら上位の力があることが分かった。牝馬同士なら前走以上にやれると思う」と陣営は自信十分。





8R
4歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値65%
加藤士 厩舎
3枠6番
スポーカンテソーロ


8Rの『中山ダート1200m』は牡牝混合戦だが、16頭のうち過半数の9頭が牝馬。中には7Rの牝馬限定戦では節が足りずにこちらに切り替えてきたという馬もいるが、加藤士津八厩舎スポーカンテソーロは牝馬だが外国産馬のため7Rには使えず、想定の段階からこちらに出走予定だった。「前走時も能力的にはやれると思っていましたが、大型馬の休み明けで最後に苦しくなってしまいました。ひと叩きして動きが変わってきたし、改めて期待したい一戦です」と陣営のトーンは高い。




期待値65%
古賀史 厩舎
6枠12番
ノーベルプライズ


1200mを使うようになって折り合いの不安がなくなり、中山で2戦連続2着に好走している古賀史生厩舎ノーベルプライズ。「前走後もデキ落ちはないし、このメンバーならもう順番でしょう」と陣営は勝ち上がりを期待しており、周辺の関係者からは「古賀史生厩舎は7Rのマリノエクスプレスとコレで連勝して一気に両目が開くんじゃないか」という話も挙がっている。コンビを組んできた三浦皇成騎手は戦線離脱中だが、マーフィーなら不安はない。





9R 菜の花賞
3歳1勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
手塚 厩舎
6枠11番
インターミッション


「フェアリーSの抽選に通っていたら、おそらく上位人気だったし実際に良い勝負をしていたはず」と評価されている手塚貴久厩舎インターミッションが自己条件で勝負態勢。鞍上は新馬戦に続いて石川裕紀人騎手だが、元々は自厩舎のイッツアワターンに乗る予定だったのを、インターミッションが菜の花賞に回ってきたため頼み込んで他に替わってもらったという経緯がある。自己条件なら勝ち負け。





10R 初凪賞
4歳上2勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
鹿戸雄 厩舎
6枠11番
シャドウセッション


初ダートだった前走で5馬身差の圧勝を果たした鹿戸雄一厩舎シャドウセッション。「大型馬で調教でもパワフルなフットワークで走る馬なのでダートでも楽しみだと思っていたが、期待を上回る適性の高さを見せた」と関係者も驚く内容で、「あれだけ走れれば昇級しても楽しみの方が大きい」と、引き続き勝ち負けを期待できそうな雰囲気。芝1400mにこだわっていた頃は追い込み一手だったが、前走では2番手に付けられた点も大きい。





11R ニューイヤーS
4歳上オープン 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
国枝 厩舎
1枠2番
プロディガルサン


近走は大敗するレースも目立つようになってきた国枝栄厩舎プロディガルサンだが、中山コースに限れば未だに[2-2-2-1]と抜群の安定感を誇っており、唯一の馬券圏外は昨秋の京成杯AHの5着。日本レコードが出たレースを1分31秒0で走破しており、悪い内容ではなかった。「前走は不良馬場、前々走は新人ジョッキーが上手く乗れなかったのが敗因です。得意の中山で極端に悪い馬場にならなければ勝負になりますよ」と陣営。前回勝利を挙げたのも中山マイルだった。




期待値65%
松永幹 厩舎
5枠9番
グルーヴィット


3歳の夏に中京記念を勝っている松永幹夫厩舎グルーヴィットだが、「その後の2戦の負け方を見ると、ちょっと重賞では荷が重いのかもしれない」ということで、今回は敢えて中山のOP特別を目標にしてきた。厩舎サイドは「去年の秋は夏負けが尾を引いて本来の走りではなかったが、今回はしっかり立て直して抜群のデキ」と仕上がりの良さを強調しており、「時計の掛かる馬場も合っているし、OPなら地力で巻き返したい」と反撃が見込めるムード。





12R
4歳上2勝クラス 芝1800m


事前情報ランクM



期待値60%
中川 厩舎
4枠4番
フォークテイル


前走のノエル賞でも勝負になるとかなり盛り上がっていた中川公成厩舎フォークテイルだったが、レースでは内枠がアダとなり、3~4コーナーで下がってきた先行馬を捌けず後退してしまい不完全燃焼の結果に。厩舎サイドは「能力はある。前走は走っていないのでダメージはないし、改めて」と巻き返しを期しており、この頭数でスムーズに回ってくれば可能性はありそうだ。小回りの1800mが合っている馬で、中山開催のうちに結果を出したい。




期待値60%
鹿戸雄 厩舎
7枠7番
ダイワダグラス


キャリア4戦2勝の明け4歳馬だが、初出走の未勝利戦と前走の高湯温泉特別、勝った2戦ではいずれも本命公開してそれぞれ3連単3万1450円と2万8660円という万馬券的中をお届けしている、WORLDのドル箱馬ダイワダグラス。デビュー前から「将来的には重賞でも活躍できる」と言われていた素質馬だけに、2勝クラスへの昇級は苦にしないはず。今回は休み明けと初めての1800mが気になるが、今年も長い目で追い掛けていきたい1頭。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する