W情報

中山7R・8R・10R・11R・12R
中山7R・8R・10R・11R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
土曜日は万券ラッシュ!明日はさらに……!



-:
「3日間初日も大活躍だった関東情報筋の皆さまと共に、情報会議を進めてまいります。先週に続いて、『1日1鞍の厳選穴情報』で万馬券的中、お見事でした!」


【本日一番穴情報指定】
1月11日(土)中山10R
頌春賞
◎コーラルプリンセス
┗(3番人気)
▲ショウナンカイドウ
┗(5番人気)
◯アルベルティーヌ
[馬連2点目]
    4310円的中
[3連複]2380円的中
[3連単]2万6910円的中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【先週も穴情報で大本線】
1月6日(月)中山8R
◎エヌワイパフューム
┗(7番人気!)
◯サトノユニゾン
★アポロチーター
[馬連1点目]
    2670円的中
[3連複]4390円的中
[3連単]2万3100円的中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


情報筋M:
「人気に関係なく大本線で買える、まさにこの正月競馬ならではの情報馬券だな」
情報筋K:
「オマケに、舞台的にも情報通りに決まりやすい“中山ダート1200m”ときた。的中報告も多数届いていると聞いている。ありがたい限りだ」
-:
「その他にも、中山メインレースからは【2万4700円的中】、午前中には中山3Rで【1万1120円的中】など、初日から多数の的中をお届けいただいております」
情報筋N:
「とはいえ馬券作戦的には明日・明後日が本番みたいなところ。引き続き頑張っていきましょう!」
情報筋K:
「今日の開催で馬場状態のジャッジもアジャストできたし、イイ形で明日を迎えられそうだ!」
-:
「例の企画については、私も楽しみにしております! それでは明日の注目馬など、居ましたらお願いいたします」
情報筋M:
「大穴狙いでも良いか? 日曜中山5Rの2番ユースフルラヴって馬だんだけど」
-:
「確かに、下馬評は高い方ではなさそうですが、狙える理由があるのでしょうか?」
情報筋M:
「元々、初戦の前から『まだ非力だけどモノはイイよ』『気性的にも初戦から走ってきそう』って盛り上がっていたんだよ。ただ、実戦では怖がりな面を見せてしまって道中後方になったんだよな。その割には終いも詰めてたから、やっぱり力はあるよ」
-:
「ほう、なるほど……」
情報筋M:
「今回は休み明けってこともあって、あんまり人気にならなそうだからな。ある意味、先物買いのような感覚で一票を投じたいと思ってるよ」
-:
「分かりました、注目してみます!」
情報筋K:
「そうそう、美浦トレセン界隈、いまインフルエンザが流行っとるんだわ。皆さんもくれぐれも体調管理には気をつけて下さいませ」


7R
4歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM



期待値60%
伊藤大 厩舎
1枠1番
ベンガラグンジョウ


「元値は今回のメンバーの中でも一番と言えるけど、テンションが上がったりレースで気難しさを出したりでその力を出し切れていない」と陣営が悩みをこぼす伊藤大士厩舎ベンガラグンジョウだが、休み明け2戦目の今回は中間の雰囲気が良いようだ。「除外で2週延びていますが、動きは追うごとに良くなっています。精神的にも安定しているので今回は変わり身があります」と前向き。先週までなら三浦皇成騎手の予定だったが、負傷離脱で休養前にコンビを組んでいた田辺裕信騎手に乗り替わり。これもプラスに働くか。




期待値60%
和田勇 厩舎
6枠12番
ミヤケ


今週は日曜の中山だけに7頭の出走馬を集めてきた和田勇介厩舎。数だけでなく「メインの2頭以外はみんな面白いところがある」と、1日で一気に両目が開くところまで期待を持っているそうだ。このレースのミヤケは穴に面白い1頭。「一度使った上積みがかなり大きい」とのこと。「元々歩様が悪い馬ですが、この中間はその辺りの不安が出ずにしっかり負荷を掛けて稽古が出来ています」というのが状態が上向いている理由で、ガラリ一変があっても驚けない。





8R
4歳上1勝クラス ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
中舘 厩舎
1枠2番
アメリカンツイスト


中舘英二厩舎アメリカンツイストは追い込み一手のタイプだけに直線の長い東京の方が合っているようなイメージがあるが、実際には『中山ダート1200m』に良績が偏っている。理由の一つが「ゲートが安定しない馬だが芝スタートの中山の方がリカバリーが利く」という点で、もう一つが「ビュンと伸びるのが一瞬で、直線が長いと途中で脚色が鈍ってしまう」という点。東京から中山に舞台が替わる今回はもちろん前進の可能性大といえる。




期待値60%
伊藤大 厩舎
7枠13番
アールランペイジ


今回は初勝利を挙げたレース以来のダート戦、そして、初めてブリンカーを着用してきた伊藤大士厩舎アールランペイジ。「ここ2戦は周りに気を遣って力を出せていない」ということでブリンカーに頼ることにしたが、この話だけに外枠は歓迎だろう。『中山ダート1200m』への条件替わりについても情報筋は「洋芝では走れたけど、本質はダート。勝っているコースだしもちろんプラス」と前向きだった。





10R 初咲賞
4歳上2勝クラス 芝2200m


事前情報ランクM



期待値65%
音無 厩舎
4枠4番
ダノングレーター


体質の弱さでデビューは3歳7月まで遅れてしまったものの、2戦目から連勝を飾って現在キャリア4戦2勝の明け4歳馬ダノングレーター。セレクトセールで1億4580万の値が付いた良血で、条件戦を勝つ程度では満足は出来ない。前走は強気過ぎるローテが堪えて崩れてしまったため、一息入れてキッチリ立て直し。石橋脩騎手のエージェントが「昨年のうちからこのレースでの依頼を貰っていた」と話すように、今回は狙い定めてきた中山遠征のようだ。




期待値65%
堀 厩舎
8枠12番
エアジーン


「前走は結果的にレース選択を間違えた」とは厩舎に近い関係者の話。エアジーンは牝馬ながら長距離志向が強い馬で、2走前は東京の芝2400mで3着。しかし、有馬記念ウィークの前走は牡馬混合の2500mか牝馬限定の1800mかを天秤に掛けた末に、牝馬限定という条件と鞍上の都合を優先して1800mのノエル賞へ。後方から上がり最速で届かず6着というレースぶりは、明らかに距離不足だった。今回は牡馬相手になるが2200m。ココで巻き返したい。





11R ポルックスS
4歳上オープン ダ1800m


事前情報ランクC



期待値60%
国枝 厩舎
3枠4番
ハヤヤッコ


3歳ダートの出世重賞を勝った国枝栄厩舎ハヤヤッコが約半年ぶりの復帰戦。一部では「ノド鳴り」という話もあるようだが、厩舎筋によると「レパードSの後に夏風邪のような症状になり、それでノドが炎症を起こしてしまった。その治療に時間を掛けたので復帰がここまで延びたのは事実だが、もう治っているし力を出せるデキで戻ってきた」とのこと。体調面の心配はなさそうだ。国枝×マーフィーのコンビは先週2日で4戦4勝の大暴れだったが、今週はこれが唯一のコンビ成立。




期待値65%
須貝尚 厩舎
3枠5番
スワーヴアラミス


前走の福島民友Cはスタートで躓き最後方からとなる痛恨の展開。道中の挽回も利かず、4コーナーでは小回り福島では致命的なほど大きく外を回る形になってしまったが、それでも3着を確保。この結果に関係者は「OP特別なら完全に格上の能力があることは分かった」と苦笑いしていたそうだ。本来は好位で競馬が出来るタイプで、中山自体は初めてだがコース形態は合っている。普通の競馬さえ出来ればおのずと結果は付いてくる。





12R
4歳上2勝クラス 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
松永幹 厩舎
2枠3番
ルプリュフォール


能力は一級品も、現状ではテンションの高さと折り合いに課題がある松永幹夫厩舎ルプリュフォール。前走時には「真ん中より内の枠を引けばまとめて負かせる」という話だったが7枠14番を引いてしまい、スタート後に後ろまで下げて最内に入れるという作戦を取ったが、超スローで後方の馬は用無しの展開になってしまった。その後は「中山のマイル自体は合っていた」と、このレースを狙って再調整。今回はペースが流れそうなメンバー構成で内枠も引けた。




期待値65%
萩原 厩舎
7枠13番
メッシーナ


昨年で騎手を引退した小島太一元騎手は、現在美浦の萩原清厩舎で調教助手になっているが、その小島助手が追い切りを付けて絶賛していたのがメッシーナだ。「良い動きで仕上がっているし、能力が違うでしょう。大丈夫です」と、休み明けでも強気一辺倒。「折り合いに不安がある馬なので、マイルになるのはプラス」とのことで、明け4歳の初戦からその素質を見せ付けてくれるだろう。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する