W情報

東京7R・8R・9R・10R・11R・12R
今日は東京競馬場です。
東京7R・8R・9R・10R・11R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
さあ、最高潮に盛り上がろう。
ジャパンCウィークです!



-:
「さあ、楽しみな週末が今週もやってまいりました。ジャパンC! そして匠の皆さんの大勝負!」
情報筋K:
「我々も以前から水面下での動きを聞き、時に協力してきたが、これはもう、縁あってWORLDにお越しいただいている方には是が非でも便乗していただきたい、そんな勝負になっている」
情報筋N:
「ボクは週中、馬主特捜班・キングダムの方々と色々やりとりしていたんですが、勝負の根拠、情報馬の事情、どれも唸らされるものばかりでした。“ああ、これは予定額を増やさないと”って思わず思いましたもん」
-:
「この秋、新たに加わり、また装いも変わりながら、新生WORLDの原動力になってくれている『匠』の大勝負。私たちと一緒に、大いに盛り上がりましょう!」
情報筋N:
「他にも話題には事欠きませんよ。海外馬こそ来日はありませんでしたが、世界の名手揃いとなったジャパンCはやはり注目です。何だかんだありながら、デットーリ騎手も今週から来日しています!」
-:
「社台特捜班・マニアックスのブログ記事でも話題になっていましたが、日本滞在中はデムーロ騎手の家に宿泊しているとか」
情報筋K:
「そうそう。同郷イタリアの先輩・後輩の間柄でもあって、昔から親しくしているんだって。水曜日の来日後、京都に移動した後は早速一緒に寿司を食って、翌日はフランキーの通訳を買って出ていたよ。ミルコ自身、調教の騎乗予定はなかったらしいが(笑)」
-:
「さすが、お詳しい……」
情報筋M:
「こんなもん、トレセン界隈に日頃から居れば分かることよ。今週も各方面から様々な話を聞いているから、『匠』に負けじとその他の情報にも期待してほしいね」
情報筋K:
「ジャパンCウィークにフランキーが居るってだけで、オールドファンにとってはなかなか嬉しいものじゃないかな。正直なところ、彼の騎乗ぶりについては仕事を忘れて見入りたい気持ちもある(笑)」
情報筋M:
「一方で、やれ“名手!外国人!”と回りが盛り上がってくれるからこそ、過剰人気になる存在、逆に人気の盲点になる存在も居るわけで。しっかりと情報を元に馬券にしていきたいね」
-:
「先週もそのような話から大きな配当を届けていただいております。厳選指定レース【スーパーショット】となった先週土曜東京9Rでは、『表向きは“休み明けで重め残り”』、しかし実際は『ムーアを押さえている以上、しっかり走れる態勢にあるし、普通に乗ってきてくれれば負けない』という強力情報が入っていた◎ウラノメトリアから馬連3点目3610円・3連単5万0150円的中! 今週も期待しております」
情報筋M:
「では最後に、せっかくだから外国人絡みで個人的オススメを。土曜東京2Rから18番オシリスブレインだな」
-:
「ムーア騎手の騎乗馬ですか。新馬2着からの乗り替わり、確かに順当に勝ち負けになりそうですが」
情報筋M:
「これは短期免許で来る外国人騎手、特にベテラン勢にありがちな傾向なんだけども『あんまり午前中からレースを数多く入れたがらない』傾向が見て取れるんだよ。ムーアも割とそのタイプ」
-:
「つまり、逆に言えば騎乗するからには勝ちに来ている、と?」
情報筋M:
「すべての馬がそうとは言わんが、この馬に関しては勝負気配がプンプン。初戦は半信半疑だった厩舎サイドも今回は自信を持ってるよ。だいたいルメールの馬(12番メリディアンローグ)とで決まるんじゃないかな。雨馬場でもあるから様子見つつ参考にしてくれ」
-:
「ありがとうございます。それでは今週末も楽しんでいきましょう!」


7R
3歳上1勝クラス 芝2400m


事前情報ランクC



期待値65%
藤沢和 厩舎
4枠4番
エデリー


大トビでエンジンの掛かりも遅い藤沢和雄厩舎エデリーにとって、札幌の小回り2000mは不向きな舞台。レース前から一部の関係者から「力は上でもこのコースに対応できるかどうか」と懸念されていたが、それが的中してしまったような4着だった。一転して今回は春に実績を残している東京。「立て直して、この番組を早くから目標にしてきた」とのことで陣営は勝ち負けを計算している。




期待値65%
堀 厩舎
6枠6番
ダノンラスター


前走は「全く走る気がない」「放牧を挟んだが相変わらず前向きさがなく、無理やり促さないと動けない」など、気性面の課題を指摘されていた堀宣行厩舎ダノンラスター。WORLDもこの情報を踏まえて「危険な人気馬」と指摘して別の馬から本命公開し、4着に敗れたことで7頭立てながら3連複6880円の的中をお届けしている。
しかし、今回は叩き2走目で石橋脩騎手からムーア騎手への乗り替わり。「前走の通りこの馬は気性だけ。ムーアなら動かせるし、能力的には1勝クラスじゃ完全に格が違う。今回は何とかしたい」と、関係者のトーンは一変している。今回は軽くは扱えない。





8R
3歳上2勝クラス ダ1600m


事前情報ランクM



期待値60%
木村 厩舎
6枠12番
ラムセスバローズ


ビュイック騎手は昨秋の来日時にも11月24日土曜日の東京8Rダート1600m、つまり今回と全く同じ番組でラムセスバローズに騎乗して2着だった。本人も当時のことを覚えており、今週の追い切りにも乗って「順調そうだし勝負になるよ」と好感触。前走の負けに関しても「映像を見たけど小回りが合う馬じゃないんだろうね」と語っており、しっかり馬のことは理解しているようだ。





9R カトレア賞
2歳1勝クラス ダ1600m


事前情報ランクC



期待値65%
加藤征 厩舎
2枠3番
デュードヴァン


先月の新馬戦を2馬身半差の楽勝で勝ち上がった加藤征弘厩舎デュードヴァンだが、関係者は「初戦は物見をして、追い出してから進んでいかなかった。あれで勝てたのは能力の違い」と、その内容に注文を付けていた。すなわち、力を出し切ればあの勝ちっぷりだった新馬戦から更に大きくパフォーマンスを上げてくるということだ。「一度使って良くなっているし、デットーリの腕で目覚めたら凄いレースになりそうだよ」と期待は大きい。





10R 銀嶺S
3歳上3勝クラス ダ1400m


事前情報ランクC



期待値65%
安田隆 厩舎
1枠1番
レッドルゼル


半年ぶりの復帰戦を3馬身差で勝ち上がった3歳馬レッドルゼル。見た目には文句なしの快勝だったが、安田隆行厩舎のスタッフはレース後に「やはり仕上がり途上で体が緩かった分、直線での反応が鈍くて動き切れなかったですね。4角までの手応えなら軽く5~6馬身は千切りそうでしたから」と、驚くべきコメントを残していた。
この手応え通りなら、一度使った今回は3勝クラスに上がっても即突破級だろうが、気になるのは前走時の「鞍上から『1300mがベスト』と進言を受けたので東京に連れていった」という話。3勝クラスより上には1300m戦がなく、今回は100m延長でこれまで戦ってきた1400m戦に戻る。これらの話をどうジャッジするか。




期待値65%
加藤征 厩舎
5枠10番
アームズレングス


今年に入ってからの充実ぶりが光る加藤征弘厩舎アームズレングスだが、今回はキャリア初の1400m戦。これが番組や鞍上の都合となると疑いたくなるところだが、関係者は「1600mだとジリジリとしか伸びずこのクラスだと勝ち切れないので、変わり身を狙っての距離短縮です。ムーアへの乗り替わりも含めて、上手くマッチすればズバっと来ると思いますよ」と前向き。堅実さがウリだったが、今回は圧勝も大敗もありそうな雰囲気。





11R キャピタルS
3歳上オープン 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
石坂正 厩舎
2枠4番
レッドヴェイロン


前走では【Cランクスーパーショット】の馬連3点馬券の本命として推奨し、強敵相手に見事な勝利を飾った石坂正厩舎レッドヴェイロン。ほぼ1年ぶりの復帰戦で馬体重はプラス20キロだったが、3歳時に残してきた実績、府中のマイルでは鬼という血統背景からすれば当然の勝利。「来年の安田記念に間に合わせる」という厩舎の気合がまずは実ったというレースだった。
今回は叩き2走目で同条件。鞍上にムーアを迎え、来春に向けてさらに勝ち星を積み重ねたい一戦になる。「勝ってすぐにココを目標と決めて乗り込んできたので状態は前走以上。来年のために結果を出しておきたい」と厩舎スタッフ。




期待値65%
池江寿 厩舎
3枠5番
ソーグリッタリング


池江泰寿厩舎はこのレース3頭出しだが、そのうちカフェブリッツは「OPでは頭打ち。出走手当目当てで、この後は中1週でリゲルSを使うことも決まっている」とのこと。勝負の遠征なのはソーグリッタリングとサトノアーサーの2頭で、どちらも立て続けに賞金加算に失敗しているだけに1着への執着は強いようだ。
敢えて順番を付けるなら、浜中→デットーリのソーグリッタリングの方が期待値は高い。「浜中が手放さなかったが、ハッキリ言って3戦連続で鞍上のヘグリで3着に負けていた。いい加減何とかしたいと思っていたところにデットーリが来ると決まり、すぐに声を掛けた」と厩舎関係者。OPなら勝てる力がある馬なのは明白で、どんな騎乗を見せてくれるか非常に楽しみ。





12R
3歳上2勝クラス牝 芝1400m


事前情報ランクM



期待値60%
武市 厩舎
1枠2番
ヴェロニカグレース


前走は12番人気7着という平凡な結果に終わった武市康男厩舎ヴェロニカグレースだが、レース後に騎乗していた津村明秀騎手が「自分が上手く乗れなかっただけで1400m自体は凄く合っていると感じた。続けて使うなら是非乗せて欲しい」と懇願。厩舎もその言葉を信じて再びこの条件を津村騎手で使うことにしたそうだ。今回は牝馬限定の平場戦でメンバー弱化。津村騎手の感触通りなら着順は上げてくるはず。




期待値60%
尾関 厩舎
7枠13番
アフランシール


「前走はさすがに全部が成長分って訳じゃなかったかな」と情報筋。半年ぶりの復帰戦だった前走は馬体重がプラス26キロ。3歳牝馬なので夏を越しての成長があるのは当然ながら、少し余裕もあったようだ。「今回はもう少し締まってくると思うし、厳しい展開でも3着を確保できたようにこのクラスでは地力が上。距離も合っている」と、陣営は叩き2走目で改めてという姿勢。もうひと押しを狙う。






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する