W情報

京都6R・7R・8R・9R・10R・12R
今日は東京競馬場です。
京都6R・7R・8R・9R・10R・12R




プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
次週・マイルCS絡みの情報が騒がしく!



情報筋S:
「オイオイオイオイ、ユーイチのやつ、やらかしてしまいおったなァ……」
-:
「今日の東京4Rの件ですね。直線で、福永騎手が騎乗した馬が、前が壁になったところを外に切り替えた際に後続の進路を妨害。開催4日間の騎乗停止となってしまいました」
情報筋T:
「あんまりキツいことを言いたくはないが、少頭数の未勝利戦でアノ騎乗はお粗末や。後方確認をすることもなく、モロに進路をカットしたさかいな。軽率すぎる」
情報筋M:
「この騎乗停止によって次週・マイルCSのインディチャンプ、東スポ杯のラインベック、そしてその翌週・ジャパンCのワグネリアン。これら有力馬はすべて乗り替わりとなりますね」
情報筋S:
「騎乗停止を聞いて、音無センセイ(インディチャンプを管理)は随分とアタマが痛そうな感じやったみたいよ。エージェントの繋がりで岩田あたりが東京での騎乗予定を急遽京都に切り替えるか、弟子の松若を起用するか。それとも外国人騎手をスライドしまくってウルトラC発動かってところかな~。ジャパンCはまあ、ムーアとかミルコが一応空いてるし、その辺で決まるんじゃないか?」
情報筋M:
「ラインベックについては、実はルメール騎手が空いているので、そこでスンナリ収まりそうな気がします。彼は元々、藤沢和厩舎のカトゥルスフェリスっていう牝馬に騎乗予定だったんですが、体調が整わずに昨日放牧に出ちゃったらしいんですよ。『マニアックス』のシズカさんから聞きました」
-:
「さすが皆さん、動向に関してもしっかりと押さえていらっしゃるようで……いつも助かります」
情報筋T:
「それが生業やからな、当然やろ(笑)。ま~、これで結果的にマイルCSはダノンキングリー、インディチャンプと下馬評で人気になりそうな2頭が直前乗り替わり。コレはまた、馬券的にも面白いことになりそうやで……」
情報筋M:
「ちなみに、関東情報筋の方々から聞いたんですけど、ダノンキングリーの調教に乗った横山典騎手の感触は、なんと……」
-:
「なんと……」
情報筋M:
「すみません、現時点では色々と配慮が必要なので言えません! ただ、マイルCSは来週のレースの中でもかなり楽しみな部類になってきたことは確かです」
-:
「……なんだか肩透かしですが、そこまで言われてしまうと、コチラとしては待つしかありませんね。続報、よろしくお願いいたします」
情報筋S:
「これで終わるのも無粋やし、明日の注目馬挙げとくで~。京都5Rの新馬戦から2番グランデマーレ。待ちに待った新馬戦や」
-:
「おっ、トーンがいつも以上に高い気がします」
情報筋S:
「そら、オレは北海道シリーズ中に見れるもんやと思ってたところ、軽いアクシデントで一度デビュー予定がなくなってしもたんよ。それを目の当たりにしてるからな。ホンマは7月の上旬に一度態勢が整いかけとったんや」
-:
「なるほど、だからこそ待ちに待った新馬戦と」
情報筋S:
「陣営も同じ気持ちやろな。『1回デビュー寸前まで行った分、再仕上げには苦労しなかったし、どんなレースを見せてくれるか楽しみ』って調教師もめっちゃ期待しとる。しっかり勝ちきってもらいたいところやね」
-:
「ありがとうございます。本日も新馬戦からはプレミアムメンバー推奨買い目にて的中馬券をお届けいただいております(土曜福島5R)。戦績のない馬同士だからこそ“新馬戦は情報力で優位に立てる”と、皆さまもぜひ覚えておいてくださいね!」





6R
3歳上1勝クラス牝馬 ダ1800m


事前情報ランクC


期待値65%
須貝 厩舎
6枠8番
アドマイヤビーナス


初ダートの前走、2番手から追走して4角では早々に前の馬に並びかけ、直線で交わした後は独走で大楽勝。勝ち時計も同日の古馬1勝クラスを大きく上回る優秀なものだった。その後放牧に出て今回が3カ月半ぶりの競馬となる。「背丈が伸びて成長して帰って来ました。気性面やゲートの課題はありますが、集中して走ればここでも力は足りるし、ダ―トでは底を見せていないので楽しみです」と陣営。


期待値65%
平田 厩舎
6枠7番
ハニーエンパイア


休み明けで昇級だった前走、前々につけて流れに乗るも最後苦しくなり5着と掲示板確保が精一杯だった。「レース後に変にテンションも上がらずに順調です。体が増えて成長を感じました。あまり使い込むと良くないので、まだフレッシュさを保っている休み明け2戦目くらいがちょうど良いでしょう」と陣営。前走でクラスのメドも立っただけに更に前進が見込める。





7R
3歳上1勝クラス 芝2400m


事前情報ランクM


期待値60%
藤沢則 厩舎
7枠9番
コマノジャスパ


前走はやや本調子になかったのが影響して8着。「終いの伸びを欠いたのは明らかに久々の分です。この中間は稽古の動きが良くなり、前走を使った効果は大きいです。このクラスで力上位だし、京都コースも問題ないので、今回は本領を発揮して上位争いしてくれるでしょう」と、前走よりはトーンアップした関係者。




8R
3歳上2勝クラス牝馬 ダ1800m


事前情報ランクM


期待値65%
松田国 厩舎
5枠8番
レッドシルヴァーナ


順調さを欠いた2走前の小倉の未勝利戦を勝ち、昇級だった前走の京都戦も勝ち、目下2連勝中。「弱かった馬が中2週で使えるのが順調な証拠です。デビュー以来で一番良い状態になったかもしれません。ダートでは底を見せていない魅力があるし、牝馬限定戦のココなら楽しみですよ」と陣営。完全に軌道に乗った感じもあり、3連勝を狙うムードが漂っていた。




9R 黄菊賞
2歳1勝クラス 芝2000m


事前情報ランクM


期待値65%
角居 厩舎
3枠3番
ブルーミングスカイ


1番人気に推された7頭立ての前走の紫菊賞だったが、出遅れてしまい前半は後方からの追走。スローと見て鞍上が早めに動いて、直線は最内を突いて猛追を見せたが、僅かに及ばずに2着惜敗だった。「負けましたが、ズブさが解消されつつあるし、鞍上の指示にも従うようになって来ました。レースを重ねて徐々に大人になっています。この中間も順調だし、先々のために今度こそ決めておきたいですね」と陣営。


期待値65%
西村 厩舎
5枠5番
キムケンドリーム


早めにルメールを確保して、期待していた前走。5番人気だったが、直線で良い脚を見せて鮮やかな勝利で新馬戦を制した。「それほど大きくない牝馬ですが、重い馬場も苦にせずに良い勝ち方でした。良馬場になればもっと切れそうだし、前走くらいの体重をキープできているので、ここもどんな競馬をしてくれるのか楽しみです」と連勝を狙う構えの陣営。





10R 修学院S
3歳上3勝クラス 芝1800m


事前情報ランクM


期待値65%
古賀慎 厩舎
2枠4番
スパイラルダイブ


休み明けでも仕上がり良く期待していた前走だが、直線で窮屈になったのが響いて3着。「最後は良い伸びを見せていただけに、あのロスは痛かったですね。中間も順調で使って良くなっているし、輸送も苦にする馬ではないので、更に前進を期待したいところ」と陣営。鞍上マーフィーで勝負掛かりの遠征だ。


期待値60%
藤岡健 厩舎
6枠12番
ヴァンケドミンゴ


前走は果敢に菊花賞に挑戦したが、距離が長かったし、相手も強く17着と惨敗。「前走はスタートが良すぎて前に行き過ぎました。あの展開では力を出せないので仕方ない結果です。レース後のダメージもないし、距離もベストの1800mで自己条件ならば、本来の終いを活かす形で巻き返したいですね」と陣営。重賞以外では堅実な走りを見せているだけに条件好転のココは見直したい。





12R ドンカスターC
3歳上2勝クラス ダ1400m


事前情報ランクC


期待値65%
藤岡健 厩舎
3枠6番
セラピア


社台のイチオシ情報で本命推奨した前走が、情報通りの強さを発揮して楽勝。馬連・3連複・3連単の的中をお届けできた。今回昇級戦となるが、「ミルコがシッカリ乗ればココも!」と連勝を狙うムードが漂っている。「前走は意識的に前に馬を置いて、砂を被せて教育させながら走らせました。それでも完勝だったし、まだまだ余力がありました。今回はダート2戦目で競馬もしやすくなると思うので、昇級・牡馬相手ですが、一発で通過も十分ありそうです」と強気な関係者。


期待値65%
山内 厩舎
8枠15番
ケイアイターコイズ


◎ラプタスが勝った前走、疝痛明けでも地力上位で期待したが5着。ただ、前に行った馬の中では唯一上位に食い込んだし、一瞬2着に上がりそうなシーンを見せて、内容は悪くなかった。「前走、体を減らさなかったのが何より良かったです。使って気配が上向いて来ているし、今回はもっと際どい勝負になると思います」と前進期待の陣営。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する