W情報

東京6R・7R・8R・9R・10R・12R
東京6R・7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』
明日から東京開催2日間です!



-:
「今週は残り2日間、開催がございます。というところで、お待たせをしておりました関東情報筋の皆様と、東京開催を中心に触れてまいりましょう」
情報筋N:
「一応の確認をしておきますね。明日は元々行われる予定だった東京開催、明後日・火曜日は土曜分がスライドとなります。今日は関東圏を中心にウインズも閉鎖という状況でしたが、明日は通常通りに開く=馬券が買えますね」
-:
「美浦を拠点にされている皆様は、台風の影響も大きかったのではないでしょうか?」
情報筋K:
「そうだねえ。停電に遭った知人も少なからず居たし、今も利根川の水位上昇に警戒が続いている状況。府中に前乗りしてた連中は『ビックリするほど街が静かです。店もほとんど開いてませんし』と連絡をくれたよ。すべての方々に対しての気持ちだが、せめて被害が最小限であることを願うばかり」
情報筋M:
「ココだけの話、一部では『月曜の東京も開催できないんじゃないか』って説も入ってたんだよ」
-:
「えっ、そうなんですか?」
情報筋M:
「交通機関の方は日曜日でほぼ復旧の見込みだけど、どうやら台風の影響でダートコースの砂が結構飛ばされたって話があるんだよな」
-:
「そうだったんですか。もし砂が飛ばされていて砂厚が薄いとなると、ますます高速ダートになりそうですね」
情報筋M:
「そうそう、いずれにせよ明日の前半はダートを入念に入念にチェックして、後半レースはさらにアジャストさせていきたいと考えている。芝コースは水はけの良さと、台風一過の晴天のおかげで、ほとんど渋っていない状況でスタートするんじゃないかな」
情報筋N:
「このような状況下ではありますが、競馬が目の前で行われて、楽しめる環境にあるというのは非常にありがたいことです。その気持ちを忘れずに、まずは残り2日間の開催に力を注ぎたいですね」
情報筋K:
「明日は盛岡競馬場で交流GI・南部杯もあるし、聞いたところによれば“社台マニアックス”の連中が恐ろしくヤル気のレースもあるみたいだな」
情報筋M:
「アイツら、加入してからの馬券推奨見ても『さすが!』って場面が多い。オレらも負けてられんよ」
情報筋K:
「ま、そのレースは我々も少し便乗させてもらうとして、他にも府中牝馬Sも含め注目の情報が揃っている。ぜひともサイト内をフル活用してくれ」
-:
「分かりました。残る2日間もよろしくお願いいたします!」


6R
3歳上1勝クラス ダ1300m


事前情報ランクM



期待値60%
水野 厩舎
2枠2番
タマモキャペリン


先週8着からの連闘となる水野貴広厩舎タマモキャペリン。関係者は「2走前の競馬が消極的だったので武藤を怒ったら、前走はそのことを意識し過ぎてハイペースなのに強気に行き過ぎた。チグハグになってしまって不完全燃焼なので連闘する」と経緯を語る。武藤雅騎手はクビという訳ではなく、急に決まった連闘のため他馬の依頼を先に受けていただけだが、乗り替わる戸崎圭太騎手は「未勝利勝ちの時の印象が良かった馬」と、手綱が回ってきたことを喜んでいたそうだ。




期待値60%
武井 厩舎
5枠7番
アッシャムス


新馬勝ち以降苦戦が続く武井亮厩舎アッシャムス。前走は脚質転換を図って敢えて後方から進めたものの、「控えてみたものの、エンジンに火が付きませんでした」とは乗っていた松岡正海騎手。このままでは大敗を繰り返すことになりそうだが、今回は「ゲート裏でブリンカーを着ける」という策を講じてきた。「デキ自体は凄く良くなっているし、能力的には1勝クラスでどうにもならない馬ではないはず」と、陣営はまだ希望を捨てていない。作戦が嵌まれば大駆けの可能性も。





7R
3歳上1勝クラス牝 ダ1600m


事前情報ランクC



期待値65%
高橋祥 厩舎
6枠6番
リンガスビンゴ


休み明けの中山戦は5着に敗れてしまった高橋祥泰厩舎リンガスビンゴだが、この結果は全くの想定内。「最初からひと叩きしての東京開催が本番というつもりだった。思い描いた通りにデキは上向いているし、今回は思った以上にメンバーにも恵まれた。ココは落とせない」とのことで、陣営は必勝ムードだった。春の東京では3戦連続2着だったが、この秋は足踏みせずに決めてくれそうだ。





8R
3歳上1勝クラス 芝2400m


事前情報ランクM



期待値55%
宗像 厩舎
2枠2番
レッドボヌール


前走後は7月14日の開成山特別に出走する予定だったが、挫跖で延期。それだけでなく、7月28日の燕特別、8月31日の糸魚川特別も爪の不安が解消せず、結局ここまで復帰戦が延びる形となっている。陣営からは「今回は走れる態勢にある」「爪を痛めている様子はない」など、勝負というよりは無事に出走できるかどうかが先といった話ばかりで、あまり強調できる雰囲気ではなさそうだ。





9R 昇仙峡特別
3歳上2勝クラス ダ2100m


事前情報ランクM



期待値65%
水野 厩舎
5枠7番
フィールオーケー


中山のダート長距離戦で2勝目を挙げて、春に結果を出していた東京のダート2100m戦に戻ってきた水野貴広厩舎フィールオーケー。長距離戦でも最後に確実に伸びてくるスタミナが持ち味で、「道中は心配になるくらいの行きっぷりだが、多少喧嘩しても抑えていれば最後はしっかり伸びてくる。東京コースは向いているし53キロのハンデなら昇級でも楽しみ」と、関係者の期待度も高い。大混戦のメンバー構成だが、前が崩れればこの馬か。




期待値65%
高橋亮 厩舎
7枠11番
サトノファイター


左回りのダートでは2戦2勝の高橋亮厩舎サトノファイター。前走時に「少しでも長い距離を使いたかったので(1700mの小倉ではなく)新潟を使えないかと狙っていた。本当は2000m以上あってもいいくらい」と陣営が話していた通り、今回の条件替わりはプラス。以前はズブさを見せていたが休み明けの前走は2番手から快勝しており、厩舎スタッフは「行きっぷりが良くなったのは成長の証です」と自信を持っている。





10R 国立特別
3歳上2勝クラス 芝1400m


事前情報ランクC



期待値65%
今野 厩舎
3枠5番
アプルーヴァル


「叩き良化型なので今回は良さそうですよ」と関係者のトーンが上向いている今野貞一厩舎アプルーヴァルは、状態だけでなく条件替わりも大きな好材料。左回り[2-1-2-0]に対して右回り[0-0-0-6]という極端なサウスポーで、ひと叩きしての東京遠征は目論見通り。「少し緩いくらいの馬場が得意。時計が掛かって欲しい」とのことで、台風の影響が残っているようならさらに期待できる。




期待値65%
堀 厩舎
4枠7番
ブーザー


今週ブーザーの最終追い切りに乗っていたのは元騎手の高橋智大助手。その彼が「凄く良い。これは好勝負」と仕上がりを絶賛しており、周辺の関係者は「いつも辛口な人にしては珍しい」と、その話を聞いて盛り上がっているそうだ。追い切りでは併せた相手の方に乗っていた石橋脩騎手も「良さそうだった。レースが楽しみ」と関係者に感触を伝えており、2戦2勝の東京1400mで初戦から能力全開の予感。





12R
3歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM



期待値65%
古賀史 厩舎
2枠3番
ノーベルプライズ


「前走は蹄叉が取れた状態で鉄橋蹄鉄を履いていて、返し馬に行ったら脚元がモヤモヤして止めようかと迷ったくらいでした。それで4着なら力は上ですよ」と三浦皇成騎手が話していたのが古賀史生厩舎ノーベルプライズ。それだけでなく、前走は「集中力が切れるので1200mを使おうとしたが、入らず仕方なくの1800mだった」という事情もあった。今回はしっかり仕上げ直して関係者が「これくらいがベスト」と見込む1400mへ。前進必至だ。




期待値65%
武井亮 厩舎
4枠7番
リトルモンスター


休養前は2戦続けて大出遅れにより人気を裏切ってしまった武井亮厩舎リトルモンスターだが、今回は改めて「勝ち負け!」と厩舎サイドが非常に強気。出遅れに関しては「ゲートが開く音に反応しなくなっていた」というのが原因だったようだが、「この中間はしっかり練習したし、先週ナナコを乗せてやった時にはスッと出ていた」とのことで、話通りなら大丈夫。休む前から普通に出れば1勝クラスは楽に勝てていたはずで、改めて注目したい。






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する