W情報

京都6R・7R・8R・10R・12R
京都6R・7R・8R・10R・12R

6R
3歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM


期待値65%
大久保龍 厩舎
5枠5番
キングスクロス


前走は本命推奨したベストタッチダウンが圧勝して離された2着。「上手に立ち回っての好走、勝ち馬は相当強かったですね。中間も順調だし、小回りよりも広いコースの1800mが合っています。ここは相手もかなり恵まれたので、流れに乗れればチャンスはあるでしょう」と陣営。今回で5戦連続の騎乗となる藤岡康太騎手が手の内に入れているのは強みだ。





7R
3歳上1勝クラス 芝2200m


事前情報ランクC


期待値65%
池添学 厩舎
7枠9番
ティグラーシャ


前走の新潟戦では◎シングフォーユーの相手に取り上げて的中をお届け。その前走、出負けしたがすぐに挽回して、道中もロスなく内を通って、一旦は抜け出したが、ゴール前で差されて2着惜敗だった。「少し間隔が開きましたが、稽古の動きは良く力は出せる仕上がりです。前2走に騎乗した福永、戸崎と乗り手がその素質を高く評価してくれている馬なので、このメンバーならチャンスでしょう」と陣営。


期待値55%
音無 厩舎
3枠3番
フランクリン


全兄は今夏の新潟記念にも出走したフランツ、当日の秋華賞にもエスポワールが出走する近藤英子オーナーゆかりの血統馬。しかし、この兄弟、晩成だったり、体質に課題があったり、なかなか前評判ほどの活躍をみせられないが、フランクリンの場合は喉に課題を抱えている。新馬戦以降、手術を施し、未勝利戦を快勝と、その不安も払拭されたかと思われたが、前走の京都新聞杯の結果を見る限り、依然として不安はある模様。休み明けの今回も中間の調整が手緩く、鞍上が鞍上だけに人気を集めるだろうが、過信は禁物だ。




8R
3歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクC


期待値60%
大橋 厩舎
7枠10番
ナムラシェパード


前走はハイラップを刻んだ1~2着馬が後続を引き離す展開。3着のトップウイナーでさえも先週のダ1400m戦を4馬身差で快勝しており、とにかくレベルが高かった。ナムラシェパードも5~6番手を追走していたが、最後は追走に苦しみ9着。ただ、3着馬からは0秒6差。しかも、モマれ弱さを抱えている中で内枠からの競馬を強いられており、見限る内容ではない。2走前には昇級初戦で1番人気の支持。巻き返したいところだ。


期待値65%
石橋 厩舎
8枠11番
メイショウオニテ


芝の短い距離を中心に使っていたが、以前から『一度ダートを使ってみたい』という声が出ていたので、この条件は歓迎。「軽い芝向きというイメージですが、道悪も苦にしないので、パワーも秘めています。砂を被ったら分からないところはありますが、雨の影響で軽いダートになっても大丈夫です。距離も守備範囲だし、変わり身があるかもしれませんよ」と、条件替わりで変身を狙う。





10R 三年坂特別
3歳上2勝クラス 芝1600m


事前情報ランクC


期待値65%
藤原英 厩舎
6枠9番
ヴァンドギャルド


前走は『社台マニアックス』のからの情報にて本命推奨して的中をお届け。『不利やアクシデントがなきゃ楽勝できる』という話通りの楽勝だった。「まだ随所に気性の難しさを見せますが、2勝クラスで足踏みする馬ではありません。ここもアッサリとこのクラスも通過点にしたいですね。雨で馬場が悪くなっても心配ないし、現状はマイルがベストです」と連勝を狙う構えの陣営。


期待値65%
中川 厩舎
7枠10番
フォークテイル


年明けに騎乗したオイシン・マーフィー騎手もその能力を認めていたが、前走は放牧から帰ってきて10日での競馬で半信半疑のところもあった。それでも、前半折り合いに苦労し、抜け出してからモタれていたものの、終わってみれば2馬身差の完勝。「前走は仕上がり一息の状態で勝ちました。今回はそこから調子が上がってきてるし、広いコースでマイルでも楽しみです。まだまだ上を目指せる馬ですよ」と期待を込めての遠征となる。





12R 平安京S
3歳上3勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC


期待値65%
南井 厩舎
6枠6番
コマビショウ


『今度はキッチリ決める』との事で本命推奨して的中をお届けした前走。結果もブッチギリでの勝利で、「噛み合えばあれくらい走っても当然だと思っていたが、それにしても強かったです。前走よりも更に良くなっているし、締まったダートで時計勝負になっても大丈夫です」と陣営。本当は来週の東京2100mを予定していたが、鞍上の川田騎手が京都なので乗れないため今週の1800mへ。鞍上としても自分に合わせてもらっただけに、今回も結果を出したいところだ。


期待値65%
藤原英厩舎
7枠7番
グレートタイム


昨年、ジャパンダートダービーではルヴァンスレーヴ、オメガパフュームに次ぐ3着と世代上位の力を示していた素質馬。骨折明けの前走はスローに泣かされ6着も、「次はイイ」というのが騎手、厩舎の見立てだったという。今回は脚部不安明けとなるが、ジックリ乗り込まれてきており、態勢は整っている。「地力の違いをみせたい」「ここらで足踏みできない」というのが陣営の本音のようだ。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する