W情報

阪神7R・8R・9R・10R・12R



プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』後半戦
2歳未勝利戦にもワケあり情報が多数!



-:
「スプリンターズSが終われば、古くからのWORLDメンバー様にはお馴染みの“花形”開催。大レースが多数行われる上、多くの関係者が力を入れ、熱のこもった勝負情報がバンバン飛び交う東京・京都開催の幕開けはもう間近ですね!」
情報筋T:
「ま、裏のローカル開催も含めて、来月は忙しくなるで~。毎週、勝負の用意しとかんとな!」
情報筋M:
「一方で、重賞を勝ったサートゥルナーリアや、クリソベリルのノーザン系2頭が放牧へ。次なる大舞台に向けてどういう仕上がりで出てくるのか。社台特捜班・マニアックスの外厩情報にも注目したいところです」
-:
「社台マニアックス、メンバーの皆様の中でファンが急増しているんですよね~。それでは、明日・土曜日の注目情報を挙げていただきましょう」
情報筋S:
「阪神2Rは個人的に買いたい馬が2頭。1頭目は4番ハクアイブラック。コレは3キロ減を起用して押し切りたい意向がミエミエや。デビュー前は『使い出しが早すぎる』って担当が嘆いとったんやけど、そんな状態で2戦ともに頑張っとるからな。そろそろ順番と見とる」
-:
「もう1頭はどの馬でしょうか?」
情報筋S:
「コッチは穴っぽいところで5番シュゼット。今回はガッツリ人気落とすやろ」
-:
「前走は1番人気ながら11着と大惨敗。何か知られざるワケがあるんでしょうか?」
情報筋S:
「そらもう、理由がテンコ盛りよ。スタッフに聞いたら『競馬場に着いた時からイレ込みがヒドすぎ。レース前に終わってましたよ』って苦笑いしとったで。難儀なこっちゃ。オマケに、レースでも口向きが悪かったしな。今回はハミ変えて対策するって言うてたわ」
情報筋M:
「ボクも別線から聞きましたけど、前走で騎乗した松山騎手は返し馬の時点で『コレはダートは合わない』って思ったそうです。芝に戻るのもプラス材料でしょう。少額ですけど買っておこうと思います」
情報筋T:
「阪神3Rは馬券買うところではないけども、3番シルヴェリオがどう変わってくるかは見もの。まだ緩さアリアリの馬体やけど、少なからず使った上積みはありそうやな」
-:
「シルバーステートやヘンリーバローズ等々、大いに期待されながらも体質難で引退していった血統馬の下ですね。この馬は果たして……?」




7R
3歳上1勝クラス ダ1400m


事前情報ランクM


期待値65%
松永昌 厩舎
6枠12番
ラプタス


ゲート内の駐立が悪くて、出遅れて最後方からの競馬となった前走。3角過ぎから早目に動いて、直線は大外に出して押し切るという強引で、力がなければできない芸当で勝利。衝撃的な強さで未勝利を脱出した。それ以来の5か月ぶりの競馬となる今回は、中間に去勢して臨む。「間違いなく上でも通用する能力はありますが、気性面で大きな課題があり去勢しました。その効果か落ち着いて良い雰囲気です。調教も順調だし、能力的には上でも十分通用するので、昇級でも互角だと思います」と陣営。


期待値65%
加用 厩舎
8枠15番
ヒラソール


初ダートだった2走前が良い内容の3着だったので、期待していた前走。4コーナーで絶好の手応えで、直線突き抜けるかとも思ったが、追い比べで遅れをとってしまい3着に脱落した。「前走、最後止まってしまったのを見ると、1700mは長かった様です。なので距離が1400mになるのは良いでしょう。戻ってきてからも順調だし、去勢明けで減った馬体も戻っており具合は良いので改めて期待します」と陣営。





8R
3歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC


期待値65%
橋口慎 厩舎
1枠1番
ベストタッチダウン


中1週だが鞍上に川田を配して勝ちに来た前走が少差の2着。勝ったロフティネスはその後に2勝クラスで3着、3着だったゴールドパッキャオは既にこのクラスを勝っており、レベルの高い一戦だったと言える。「休ませた効果でリフレッシュしたし、体も成長して一回り大きくなっています。久々も苦にしない気性なので、いきなり好勝負になると思います」と、休み明けも期待十分だった。


期待値60%
大久保龍 厩舎
4枠5番
キングスクロス


初の函館・札幌シリーズでも期待していたが、掲示板には載るが勝ち切れずに善戦まで。それでも確実に権利は獲っており、出張でなるべく長く滞在したい厩舎関係者にとっては都合の良い馬でもあった。「北海道では、もうひと押しあれば、という競馬が続いていました。乗り役さんいわく、『広いコースの方が平均的な脚が使えそう』との事なので、コースが替わるのは歓迎です。短い距離よりも1800mくらいが合いそうなので、今回は馬券圏内を狙いたいですね」と厩舎サイド。






9R 戎橋特別
3歳上2勝クラス 芝1400m


事前情報ランクC


期待値65%
松下 厩舎
8枠14番
トオヤリトセイト


NHKマイルC以来となった前走の瀬戸内海特別、『社台マニアックス』にて本命推奨し、馬連1点目380円、3連単1万0960円の的中馬券をお届けした1頭。開幕週でレコードが出る高速決着で位置取りの差で2着に敗れたが、地力は十分に見せつけた一戦だった。「前走は休み明けで時計が速くなった分、離されましたが、よく走っています。使った反動はなく上積みは大きいので、ここは決めておいてほしいですね」と陣営。先々は大きなところを目指せる馬だけに、休み明け2戦目の今回は取りこぼせない。


期待値60%
長谷川 厩舎
8枠16番
ナムラムツゴロー


前走は3コーナーで勝ったジョーアラビカに2度接触されて掛かってしまい、直線では2着馬のトーセンリストに寄られてしまい、踏んだり蹴ったりの展開だったが地力で3着は確保。騎乗していた松岡騎手も、「スムーズならば勝っていました。ただ、馬はダメージなく順調との事で良かったです。高速馬場も距離が1400mになるのも良いので、今回は何とかしたいですね」と色気持っての連続騎乗となる。





10R 道頓堀S
3歳上3勝クラス 芝1200m


事前情報ランクC


期待値65%
寺島 厩舎
3枠5番
ジュランビル


『小倉で勝って中1週だが、勝ちっぷりやこれまでの成績からして、ポテンシャルは高くここでも』と期待していた前走の新潟日報賞が6着。「体を減らせずに輸送は上手く行きましたが、初めての左回りで戸惑っていました。短期放牧を挟んで立て直して、飼い葉も良く食べているので思い通りの稽古ができて体調はアップしています」と厩舎。追い切りに騎乗した和田騎手も、「具合はホンマにいいわ。負ける気がせん」と絶賛しており、右回りで反撃が期待できる。


期待値65%
南井 厩舎
4枠7番
アスタールビー


休み明け一発目の3走前の函館戦で『ヤリ』の話をお伝えして本命推奨して的中をお届けしたお馴染みの馬。その後昇級戦も勝利し、余勢で格上挑戦した前走のUHB杯でも48キロの軽量を活かして、勝ち馬から0秒5差と健闘を見せた。今回は自己条件となる一戦。「戻ってきてからも稽古で抜群にいい動きを見せています。格上挑戦でもスピードは見劣らなかったし、主張する馬がいたら控えても競馬はできます。このクラスなら好勝負になる」と鞍上フルキチは自信のある様子だった。





12R 
3歳上2勝クラス ダ1800m


事前情報ランクM


期待値60%
橋田 厩舎
8枠13番
イベリア


以前は叩き良化型だったが、3走前に久々で今回と同じ阪神のダート1800mで勝利して、年齢を重ねて成長を見せている。「中山のダ―ト1800mとで両睨みでしたが、相性の良いコースで頭数も手頃なので阪神にしました。チーク着用で安定して走っているし、前走でこのクラスにもメドが立っています。時計が掛かる馬場が理想ですが、このクラスでも通用する力はあるので、好勝負を期待します」と陣営。


期待値60%
橋口慎 厩舎
4枠6番
サザンブリーズ


連闘で勝負態勢の前走の大倉山特別だったが、スタートで躓いて後方の位置になり、直線は前が壁になってしまい、それでも掲示板は確保の5着。「直線の不利がなければ、もっと際どくなっていたでしょう。広いコースになるのはプラスだし、今回は集中力を持続させるためにブリンカーを着けます。戻ってからも体調は良いし、差しが利く今の阪神の馬場もこの馬に合う思うので楽しみですよ」と反撃ムード。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する