阪神7R・8R・9R・10R・12R

阪神7R・8R・9R・10R・12R


プレミアムメンバー限定メール配信
『東西Aルート情報会議』後半戦
次週……「これは買わなあかんで」の号令!



情報筋T:
「3Rの方の新馬も見ていこか。
ここも中心は川田かな~。3番サイレントスウープ、コレは調教でも目立っとったよ」
-:
「この馬もゴドルフィンの勝負服ですか。今年の2歳馬、なかなか粒ぞろいのようですね?」
情報筋M:
「そうなんですよ。新潟2歳Sで万馬券的中に貢献してくれたウーマンズハート、札幌2歳Sは鞍上がヘグりましたが3着のダーリントンホール、小倉2歳Sで2着のトリプルエース、そして北海道で未勝利→OPと連勝したケープコッド。既に続々と結果を残しています」
情報筋S:
「馬主特捜班【キングダム】の連中からも『今年の力の入り方は相当のようです。この先は専属契約の外国人騎手を呼んで大レースも狙っています』って報告が入ってたわ。日曜はメインにタワーオブロンドンも使うし、何かと気合入ってる1日なんちゃう?」
情報筋M:
「そういう意味では朝イチ(阪神1R)の6番ホットミスト、最終12Rのデザートストームもゴドルフィンの有力候補。随分と固めてきてますね。偶然だと思います?」
情報筋S:
「その辺りは、賢明なメンバーの皆さんやったら察してもらえるやろ。最終的な情報は当日のポイント公開情報をチェックしてな」
情報筋T:
「ただ、秋の阪神の“目玉”は来週の方やな。西の情報筋を取り仕切ってる【チームMK】が、何やら大きく動くらしいで?」
-:
「本当ですか? それは楽しみですね!
夏以降も『推奨レースがことごとく的中する!』と、普段の推奨情報にも反響が大きいんですよ」
情報筋T:
「チョッとだけ詳細を聞かせてもらったけど、『夏の最後に新潟で仕留めた398倍よりも遥かに自信ある』『コレは絶対買わなあかんで』って言うてたほど。ここまでの情報はなかなか珍しいわ」
-:
「ということは、出るんですかね。チームMKの大勝負。続報を待ってます!」




7R
3歳上1勝クラス 芝2000m


事前情報ランクM


期待値60%
高野 厩舎
6枠6番
マジストラル


好位の外から追走していた前走、4角でゴチャつき、直線で内にモタれてしまい、その後に2着馬に寄られてしまうなど、不利が重なって3着。「前走は流れに乗れなかった割には内容は良かったです。今回はリングハミを換えたので、稽古でもスムーズに走っていました。モタれないでスムーズならこのクラスでも十分やれますよ」と陣営。今回は鞍上に川田騎手。極端に上がりの速い決着にならなければチャンスはありそうだ。


期待値60%
音無 厩舎
2枠2番
シーリアスラブ


半兄スティッフェリオで能力の高さは認めていたが、とにかく体質が弱くて、『もしかしたらこのまま勝てないかもしれない』と思い始めていた。それが前走、いつも通りスタートが悪くて後方からの競馬になったが、直線大外に出したら一気の脚で豪快に差し切っての勝利。小回りの小倉で、逃げた馬が2着に残っている流れの中で次元の違う競馬を見せた。「勝った後も順調です。昇級になりますが、10頭という手頃な頭数と阪神コースの方が断然向いているので、差のないレースができると見ています」と、ここも期待の陣営。





8R
3歳上1勝クラス ダ1800m


事前情報ランクC


期待値65%
高野 厩舎
7枠7番
クレッセントムーン


自信を持っていた前走の中京戦。好位追走も手応え一息、直線伸びを欠いてしまい5着と案外な結果に終わった。暑さが厳しい真夏は無理せずに放牧に出して、秋に向けて調整。帰厩してからは再三併せ馬をして、良好な仕上がりを見せている。「前走よりも更に動けるようになっています。これならアッサリのシーンも十分あります」と陣営は好感触を掴んでいた。





9R 瀬戸内海特別
3歳上2勝クラス 芝1400m


事前情報ランクC


期待値65%
松下 厩舎
7枠7番
トオヤリトセイト


前走のNHKマイルC、好位から追走して直線は馬場の真ん中から外に出して、先頭に立つ勢いで追い込んで見せ場十分。ゴール前に強烈な決め手の馬に差されてしまったが、『一瞬夢を見ました』と関係者も驚きだった。その後はリフレッシュ放牧を挟んで4か月ぶりの競馬。「札幌から始動予定でしたが、ザ石で延びてしまいました。でも、早い段階でこのレースに切り替えて乗り込んだので、力は出せると思います。今週の追い切りもいい動きで態勢は整いました。1400mはベストだし、2勝クラスなら能力も上位だと思います」とイキナリから期待の陣営。


期待値60%
今野 厩舎
3枠3番
アプルーヴァル


良績は左回りに集中しているので、これまではそこに合わせて出走していたが、『最近は右回りのコースでの調教で手前も替えてるしバランス良くなってるので対応してくれると思います』との事で、ここは敢えて右回りに挑戦して来た。「多少休み明けという感じの体つきですが、気性的には苦にしないタイプです。成長した今ならこれまでとは違うハズです。これでダメならホントにサウスポーということでしょう」と関係者。右回りが嫌われて人気の盲点になれば妙味はある。





10R ムーンライトハンデC
3歳上3勝クラス 芝1800m


事前情報ランクC


期待値65%
安田隆 厩舎
8枠11番
レッドガラン


まだ緩さを残してながらも500万・1000万と2戦ともにメンバー中最速の上がりを使い2連勝中。「体がシッカリしていなかった中で2連勝と、まだまだ奥がある馬です。一息入れて夏を越して、体が一回り成長して、500キロ以上はあります。それでも動きは良いし、気性面でも大人になって成長しています。前走までは安全策で外を回す競馬をしましたが、今回はシッカリしたので正攻法の競馬をさせるつもりです。能力的にもここまではアッサリ突破したいですね」と3連勝を狙う構えの陣営。


期待値60%
古賀慎 厩舎
4枠4番
イストワールファム


放牧に出して立て直し、8月中旬に美浦に帰厩。「坂路主体に乗り込まれて仕上がりは良いです。気性的には使い込むよりも休み明けの方が走れる馬。2走前に9着と崩れたのは出遅れたのが敗因です。先行すれば簡単には止まらずに渋太いレースができるのでココは上位争いを期待できると思います」と陣営。





12R
3歳上2勝クラス ダ1200m


事前情報ランクC


期待値65%
西浦 厩舎
8枠15番
デザートストーム


中京戦で2着し、前走の札幌戦は明らかな勝負態勢だったが、1000mは忙しすぎて8着と期待を裏切る結果になった。その後は1000mか1700mしかない札幌は早々に引き払い栗東に戻り、この開催に備えた。「前回はようやくエンジンが掛かったと思ったらゴールでした。前が止まらない馬場というのも厳しかったですね。輸送も無事にクリアして順調だし、距離が1200mになるのは大歓迎。間違いなく前走よりは走れるでしょう」と反撃態勢。


期待値60%
高柳大 厩舎
3枠5番
ソリストサンダー


2歳時のプラタナス賞でルヴァンスレーヴの2着と、現級では力上位の存在。ただ、ここ最近は特にスタート出ないので、今回はずっと騎乗していた高倉騎手から岩田康騎手に替えての一戦となる。「出遅れてから引っ掛かるという非常に乗り難しい馬。何とかしたいと思い、今回は岩田騎手にお願いしました。今週追い切りに乗って感触は掴んでもらったみたいなので、変わり身が期待できると思います」と厩舎サイド。その岩田康騎手は、調教騎乗後に、「乗ってみて難しいというのは分かる感じがしました。でも能力はあるし、上手く乗れれば、いい脚を使えそうです」と色気持っていたとの事だ。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する