W情報

札幌6R・7R・8R・10R・12R
札幌6R・7R・8R・10R・12R


6R
3歳未勝利 ダ1700m


事前情報ランクC


期待値65%
西浦 厩舎
7枠12番
ジューンハルジオン


本命推奨で的中をお届けした前走。勝ち馬には離されてしまったが2着は死守。「スムーズに流れに乗れましたが、前走は勝ち馬が強すぎました。普通のメンバーなら勝っていたでしょう。使い込んでいますが、疲れるどころか更に体調がアップしています。最後なのでブリンカー着用で先行する予定なので、今度こその気持ちです」と陣営。


期待値65%
中川 厩舎
4枠6番
ヤークトボマー


ノリさんに合わせて札幌に持ってきた前走、積極的に2番手につけて先行するが、4角で外から被されてしまい、直線では引き離されてしまい5着。責任を感じたノリさん、この中間は付きっきりで乗っている(なんと競馬当日の土曜日も乗っていた)「前走は久々で最後苦しくなりましたが、叩いて息の入りが良くなりました。ここは改めて期待します」との事で今回は違うハズだ。




7R
3歳上1勝クラス牝馬 ダ1700m


事前情報ランクC


期待値65%
藤原辰 厩舎
3枠3番
タイトロープウィン


昇級初戦の前走、勝ち馬には大きく離されたが2着と早々に現級へメドを立てた。「まだゲート内の駐立等に課題はありますが、確実に力を付けています。中1週でも落ち着きがあり順調だし、調教に乗ったジョッキーも良い感触を掴んでくれたみたいなので楽しみです」と陣営。この日は札幌での騎乗となる三浦騎手も、「今週の一番はコレだね」と力が入っていたそうだ。





8R
3歳上1勝クラス 芝2000m


事前情報ランクC


期待値65%
友道 厩舎
2枠4番
ブラヴァス


母はGⅠ馬ヴィルシーナでオーナーは大魔神こと佐々木主浩氏。血統からクラシックを目指していたが、パンとしていない現状を考慮して無理せずに放牧で立て直して秋に備えてきた。「函館~札幌に入り入念に調整しました。体に多少余裕はありますが、成長分もあるので気にするほどではないでしょう。1勝クラスなら力上位なので、いきなりから楽しみです」と陣営。母の妹、同馬の叔母のヴィブロスも夏に500万下を勝ち上がり、その後に秋華賞を制覇。ここから始動して秋は大きな舞台を狙う。

期待値60%
南田 厩舎
5枠9番
ナミブ


南田厩舎で馬主がミルファーム、未勝利を勝ったばかりで軽視されがちだが、「不器用な面が解消して立ち回りが上手くなり、前走がイイ勝ち方。未勝利で良いメンバーと戦ってきたので、案外やれるかもしれないですよ」と色気を持っている。当初は3キロ減の菅原明騎手予定だったが、騎乗停止で松岡騎手になったが、以前もこの馬に騎乗しているし、斤量も1キロ増ならば、侮れないところはある。




10R 札幌スポニチ賞
3歳上2勝クラス 芝1200m


事前情報ランクC


期待値65%
松下 厩舎
7枠13番
オフクヒメ


先週のワールドオールスタージョッキーズで優勝した川田騎手が第一戦で騎乗して3着。「先週は外を回らされてロスの多い競馬になってしまいました。それでも最後は良く脚を伸ばして来て、今の充実ぶりを物語っています。連闘になりますが疲れはないし、この条件はベストなので、勝って帰りたいですね」と陣営。北海道シリーズ6戦目となる6歳牝馬だが疲れ知らずで元気一杯で今度こそ1着が欲しい。


期待値65%
堀 厩舎
1枠1番
デルタバローズ


3歳時は重賞でも上位争いしており、現級でも実績上位は明らかなのだが、滞在していてもテンションが上がってしまうほどの馬。ただ、この中間は去勢した効果でだいぶマシになっているという話がある。「久々で多少重い感じはしますが、乗り込んで息の入りは悪くないし、藤岡康太騎手をを乗せてパドックや馬場入場などのスクーリングを行いました。休み明けですが、能力的にアッサリがあっても良い馬ですよ」と去勢効果と地力に期待の関係者。





12R 日高特別
3歳上2勝クラス 芝2000m


事前情報ランクM


期待値65%
古賀慎 厩舎
7枠13番
フリージングレイン


前走はスタート一息で位置取りがいつもより後ろになってしまい、しかもスローで前残りの展開で直線追い上げるも3着までだった。「前走後は放牧に出して立て直し、リフレッシュした後に函館に戻り、その後札幌に移動して調整しました。そう速い時計は出していませんが、十分に乗り込んで良い雰囲気です。ここ2戦の内容から、同じ洋芝の札幌なら好勝負になるでしょう」と陣営。


期待値65%
小野次 厩舎
2枠4番
トーセンスーリヤ


2走前の北斗特別では◎リリックドラマの相手大本線に取り上げて3連単1万8660円の万券的中をお届けしたお馴染みの馬。前走は『ハンデが1キロ増になるが、馬格があるので大丈夫。洋芝巧者でここも上位争い』と期待していたが、涼しい函館から猛暑の札幌に移動した影響で体重を10キロ減らしてしまい、それが最後に影響したのか3着までだった。「減った体が戻って来たし、連日涼しいので体調を上げています。この夏一番とも言える状態なので、最後に決めて帰りたいですね」と陣営だった。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する