関屋記念

新潟競馬場6日目11R
第54回
関屋記念
芝 1600m/GⅢ/3歳上/国際/別定


【事前情報ランクM】


関屋記念において昨年までは3歳馬が連対したことがなかったが、そのデータをブレイクしたのがプリモシーンだった。当時はノーザンF(特に天栄とシルクR)が新しい3歳馬によるローテの確立を模索する革新的な動きがあったのを覚えているだろうか?
アーモンドアイが常識を覆す桜花賞直行ローテを採用、プリモシーンも「トライアルを使わずに古馬相手の関屋記念で賞金加算して秋華賞へ向かう」というローテを試み、また牡馬ではブラストワンピースが新潟記念を使って菊花賞という新ローテも採用された。これらがいずれも首尾よく結果を出すことができ、「もしかしたらこれが新トレンドになるかも?」なんていう話も関係者の間でチラホラ出ていたのをよく覚えている。
そういう経緯があっての今年はどんなメンバーが揃うかを注目していたが、3歳馬のエントリーはケイデンスコールのみで、古馬のノーザンF生産馬がズラリと勢揃いしてきた。どうやら今年はグループ内での使い分けというよりは、同じ路線の馬でのガチンコ勝負の様相だ。となれば関係者情報の他に、能力面や舞台適性など、多方面の分析が必要不可欠になる。どの馬から入っても高配当決着は必至だけに、シッカリと精査していきたい。
なお、中京記念で3着だったプリモシーンは「サマーマイル王者を目指す」と言って次走は関屋記念を予定したが、ここは他のノーザンF馬が多数スタンバイしていることで回避を決めている。




1枠2番
ヤングマンパワー
牡7/57.0kg 
武藤雅/手塚貴久
騎手厩舎連対率:11.1%
新潟芝:1-1-1-2 
芝1600m:5-1-4-16 
最高タイム:1.31.8
《期待値40%》

16年の勝ち馬も気が付けば7歳馬。もう歳なので、今週もビシッとやって気合を乗せるための追い切りをしたが、以前は夏場だと体を減らしていた馬が代謝が悪くなった今はなかなか太目が絞れない。一応、去年まで4年連続で掲示板に載っているように最適の舞台は舞台ではあるが、テキも「今年は無理だろう」と自信なさげ。情報的にはあまり推し材料は少ない。






2枠3番
ケイデンスコール
牡3/53.0kg 
石橋脩/安田隆行
騎手厩舎連対率:100.0%
新潟芝:2-0-0-0 
芝1600m:2-2-0-1 
最高タイム:1.32.5
《期待値65%》

「前走は相手も強く、枠も大外。その中で一瞬は夢を見たし、力の入るレースだった。オーナーサイドと相談して次走は相性のいい新潟を選択。古馬と初対戦で見えない壁を克服できるかが鍵になるが、能力は高い馬でここにきて力もつけている。右回りも使ったが良績が残せず、やはりこの馬には左回りが合っているのだと思う」と安田隆師。3歳最強マイラーのアドマイヤマーズと2度にわたって好勝負しているのだから能力は相当なもの。新潟マイルは重賞を含め2戦2勝。斤量も有利で、ここは古馬相手でも好勝負になりそうだ。






2枠4番
オールフォーラヴ
牝4/54.0kg 
和田竜二/中内田充正
騎手厩舎連対率:50.0%
新潟芝:未経験 
芝1600m:2-0-0-1 
最高タイム:1.31.6
《期待値60%》

「放牧を挟みましたが、帰ってきた時からいい雰囲気なんですよね。毛ヅヤも凄くいいです。輸送前で20キロほど体が増えていますが、フックラとした感じでまったく太目感はありません。精神的に安定して、充実しています。重賞で相手は強くなりますが、1600メートルで連勝中の勢いがありますからね」 と助手。ここにきて本格化を示しているが、実は2走前から放牧先を千葉のケイアイファームから近場のグリーンウッドに変えたことが奏功しているそうだ。



3枠5番
サラキア
牝4/54.0kg 
丸山元気/池添学
騎手厩舎連対率:100.0%
新潟芝:未経験 
芝1600m:1-0-0-3 
最高タイム:1.33.9
《期待値55%》

「夏場に調子を上げてくるタイプで体調はいい。冬場とは違うし、馬体は張りも申し分なし。最初追いはもうひと段階の伸びがありそうな感じがあったし、満足できる内容。前走にしてもしっかり走っており、距離や舞台の替わったここでも好レースを期待している」と池添学師。ゲートがダメな馬なので、前走で好スタートを決めたのは驚いた。昨年の夏は小倉でレコード勝ち。確かに暑い時期は得意かもしれない。



3枠6番
ソーグリッタリング
牡5/57.0kg 
浜中俊/池江泰寿
騎手厩舎連対率:33.3%
新潟芝:未経験 
芝1600m:5-3-0-5 
最高タイム:1.32.8
《期待値60%》

「前走はレースが極端なスローペース。その中で最後はよく伸びていたし、重賞でもやれる力があるところを見せてくれた。この馬は抜け出すとソラを使うので、あくまでも前に目標を置いて差し脚を生かす展開にしたい。以前に乗った際にマイルはピッタリだと感じたし、この距離への適性は高い。力を発揮できるように騎乗したい」浜中騎手。前走は32秒台の脚を使っても3着で展開に泣かされた。マイルになるのはプラスだろう。



5枠10番
ロシュフォール
牡4/56.0kg 
田辺裕信/木村哲也
騎手厩舎連対率:66.7%
新潟芝:1-0-1-0 
芝1600m:0-1-0-0 
最高タイム:1.35.9
《期待値60%》

先週のヴァイトブリックらと同じで天栄から新潟直入滞在。当初はココ使うかどうか流動的だったようだが、ノーザン系の他の馬が鞍上埋まった後で正式に使うことが決定した。マルターズアポジーがエルムSに回ったことで繰り上がりで使えることになった経緯も含めてツキがある。「2走前の内容からマイル短縮を決めた」とのことで、ワンターン短縮戦で大きく巻き返しがありそうだ。乗れてる鞍上の手腕にも期待。



6枠11番
リライアブルエース
牡6/56.0kg 
吉田豊/矢作芳人
騎手厩舎連対率:50.0%
新潟芝:0-0-0-3 
芝1600m:1-3-1-3 
最高タイム:1.32.2
《期待値60%》

レース直後こそ疲れていたが、その後の回復が早くてすっかり回復。元気があり過ぎるくらいなので中1週も大丈夫。前走は小回りの福島でも勝ってくれたが、もともと広いコースの方が合うイメージがある。今の勢いならここでも」と厩舎サイド。前走は相手に恵まれた感もあるが、新潟に変わるのは確実にプラス材料。前走後も連日時計になるところを乗られて元気一杯。1週前に負荷を掛け、今週は大きいストライドで終始リラックスした走りで4F53秒3ー1F12秒3を馬なりで計測し文句なしの態勢。前走のようにスタートを決めてポジションをある程度取りに行く競馬ができれば、高速決着が濃厚な新潟の千六でも好勝負を演じてくれそうだ。






7枠13番
ミッキーグローリー
牡6/56.0kg 
ルメール/国枝栄
騎手厩舎連対率:50.0%
新潟芝:1-0-1-0 
芝1600m:3-1-2-2 
最高タイム:1.32.4
《期待値60%》

ルメールはこの馬のために新潟入りするように見えるが、本音の部分では藤沢和雄厩舎の新馬のために新潟に来るようだ。もちろん国枝厩舎もこの日にルメールがいることは知ってたので騎乗依頼している。休みが長くなったように見えるのは、本当は3月のダービー卿CTから始動する予定だったが、はく離骨折が判明してここまで延びた経緯。秋に向けて見苦しい競馬は出来ない立場だけど、絶対「勝ち負け」という感じでもない。あくまで今年初戦としての始動戦といったムード。



7枠14番
ミエノサクシード
牝6/54.0kg 
川島信二/高橋亮
騎手厩舎連対率:12.5%
新潟芝:1-0-0-0 
芝1600m:3-0-2-9 
最高タイム:1.31.1
《期待値60%》

一連の走りが悪くない同馬。「着順だけだと気が付かないが、今年に入って重賞はGⅡ以下のレースなら3つともに勝ち馬からコンマ2秒差以内。GⅠのヴィクトリマイルもコンマ6秒差で、先日重賞を勝ったミッキーチャームには先着している。ローカルのGⅢなら当然好勝負になるし、末脚を生かせる新潟は合っているよ」と栗東情報筋。良馬場なら33秒台前半の脚を使える馬で、引き続き左回りで直線の長いコースなら安定して走れそうだ。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する