W情報

新潟5R・7R・8R・9R・10R・12R
新潟5R・7R・8R・9R・10R・12R



【【緊急速報】】
~平成最後の重賞~
新潟大賞典に超スクープ
≫コチラで公開中≪




5R
3歳未勝利 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
木村 厩舎
6枠7番
エクセランフィーユ


新馬戦を除外なり、未勝利戦に出走した前走でも厩舎の期待度の大きさをお伝えした上で本命に推奨。鞍上が大ヘグリして捌き損ねたが、ゴール前猛追して2着は確保した⑦エクセランフィーユ。3着の7番人気馬も相手に入れており、馬連2点目8290円そして3連複4万3870円・3連単25万3260円のダブルで特大万券的中をお届けしました。その後放牧を挟んでの今回となるが、順調に乗り込んで来ており、最終追い切りでは新潟大賞典に出走するロシュフォールに食い下がる好稽古。「小柄ですがフックラ見せて仕上がりは良いです。テンションも落ち着いているし、スムーズな競馬ができればチャンスはあるでしょう」と、鞍上にルメールを配して勝負態勢。





6R
3歳未勝利 芝1000m


事前情報ランクM



期待値65%
高野 厩舎
5枠8番
ディアブルノワール


デビュー戦では1番人気だったこの馬。稽古でも動いており前評判も良かったが、実戦では淡白な競馬が続いた事から、距離や芝、ダートなど試行錯誤の上で、辿り着いたのがこの条件(千直)。もとより母は全3勝の内2勝をこの千直で挙げたコース巧者。厩舎的にはクラシックを目指していただけ、苦渋の選択ではあるが、ココまでくるとまずは1勝が欲しい時期でもある。その意味でも前走後はキッチリと立て直し、ココ目標に、鞍上も早くからナナコを確保していたとの事。「適性は高いはずですよ。減量を活かせればアッサリじゃないですか」と、ハッキリと勝ちにきた遠征だ。





7R
4歳上500万下牝 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値60%
橋田 厩舎
7枠8番
メヌエット


久々を一度叩いた前走の中京戦が2着と好走した⑧メヌエット。「食いが細いので、体は戻っていませんでしたが、それでもロスなく運べて終いは良い伸びでした。左回りが良いので、前走後はこの新潟を目標に調整。牝馬限定で10頭と頭数も手頃だし、乗り役さんも連続騎乗となるので、ここも流れひとつでしょう」と陣営。





8R
4歳上500万下 芝2400m


事前情報ランクC



期待値65%
手塚 厩舎
2枠2番
エイプリルミスト


現級勝ちの力があるが、降級してからひと息でダートを試したりしていた②エイプリルミストだが、前走芝の長丁場で上手く立ち回って勝ち馬から0.3秒差の4着と久々に好走を見せた。「適性を探って色々と試しましたが、新潟の芝の長いところが良いのではと言う結果に落ち着きました。なので、前走後はココを目標に仕上げたので、好勝負になるでしょう」と陣営。鞍上ルメールで勝負というほどではないが大幅強化には間違いない。




期待値65%
小島茂 厩舎
1枠1番
ジャディード


5番人気だった2走前の呼子特別で本命推奨し、馬連1点目・3連複そして3連単は2万3600円の万券的中をお届けした①ジャディード。前走の燧ヶ岳特別では1番人気に推されたが、レース前とそしてレース当日にアクシデント(オフレコ)が重なり、力を出せずに5着と納得のいかない形で終わってしまった。「前走、惨敗を覚悟していましたが、渋太く頑張っています。今は不安がなくなり、デキは前走時とは比較にならないくらいなので改めて期待できます」と巻き返しムードが漂っていた。




9R 湯沢特別
4歳上500万下 芝1200m


事前情報ランクC



期待値65%
加藤征 厩舎
5枠7番
シャインサンデー


前走の医王寺特別でも本命に推奨して的中をお届けしたお馴染みの⑦シャインサンデー。その前走、西村騎手から乗り替わりとなった横山武史騎手が、『結果が欲しい』とヤル気十分で、好位につけて直線で抜け出すという完璧な騎乗ができたが、勝ち馬の決め手に屈してしまい、ゴール直前で外から差されて2着惜敗。そして、今回は鞍上ルメール騎手に乗り替わり。前走勝ち切れなかった横山武史騎手にとっては屈辱ではあるが、厩舎サイドにとっては頼もしい鞍上だ。「中1週で大きな上積みはありませんが順調です。流れに乗れれば当然勝ち負けでしょう」と陣営。




期待値60%
水野 厩舎
5枠8番
ノーブルプルート


小倉で連続好走したので、前走の中京でもどんな走りをするか注目していた⑧ノーブルプルートだが、18頭立ての17番枠で先行するまでに手間取り、直線の坂でパッタリと止まってしまい、馬混みに飲まれて12着と惨敗を喫した。「体調は良かったのですが、起伏があって直線の長い中京では苦しかったですね。その点今回は平坦で内回りの新潟コースと条件が好転するので、巻き返しが期待できますよ」と陣営。鞍上の嶋田純次騎手は今年まだ未勝利。平成最後の騎乗馬で一発を狙っている。




10R 火打山特別
4歳上1000万下 ダ1200m


事前情報ランクM



期待値65%
高野 厩舎
8枠15番
ナムラアッパレ


2走前の京都戦で5着と良い競馬をしたので、前走はかなり関係者も期待していた⑮ナムラアッパレ。ただ、1200mで砂をモロに被ってしまい、後ろからの追走。それでも直線は外に出して、メンバー中3番目に速い上がりを駆使して猛烈に追い込んで来て、脚は見せた。レース前にお伝えしたが、『小倉の1700mに使って欲しかった』という声がある中で、敢えて阪神の1200mを選択。着順は悪かったが、内容的には見所があり、次に繋がる競馬ができた。「前走後も順調です。今回はもう少し追走も楽になると思うし、砂を被らないで行ければ、このクラスでも絶対に足りるので見直したいですね」と陣営。大外枠を引けたというのもこの上ない幸運で、巻き返しの舞台は整っている。




12R
4歳上500万下 ダ1200m


事前情報ランクC



期待値65%
杉山 厩舎
2枠2番
モンテルース


未勝利勝ちが9馬身差の圧勝。当時騎乗していた戸崎騎手はその勝ちっぷりから、『すぐに足りそうなイメージでした』との事だが、意外なほどの伸び悩みを見せ、シンガリ負けを喫したこともあった。その後4ヶ月開けて立て直して、前走が5着と復調の兆しを見せた。「直線に向いて、抜け出しそうな勢いでしたが、最後に甘くなりました。なので今回はブリンカーを着けます。それで集中力が高まれば、このクラスでは力上位でアッサリのシーンもありますよ」と陣営。今回は初勝利を挙げた戸崎騎手とのコンビで2勝目を目指す。




期待値65%
松山将 厩舎
7枠12番
コスモビスティー


スタートに難のある⑫コスモビスティーだが、前走は何とか出て二の脚で前に行きハナを奪い、直線も交わされながらも最後まで渋太さを見せて3着に粘った。「だいぶゲートを出るようになってレースぶりが安定して来ました。新潟コースも合っているし、ここもスタート決めて好勝負を期待したいですね」と陣営。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する