W情報

東京6R・7R・8R・9R・10R・12R
東京6R・7R・8R・9R・10R・12R


ゴールデンウィークとともに始まる今週の競馬は月曜日までの3日間開催だが、東京競馬は普段と同じ土日の2日間。そのため月曜日に競馬のある関西と比べれば感覚的には楽だそうだ。こういう変則3日間開催の時は関西が割を食うことが多く、向こうでは毎回不満の声が上がるようだが…。
今週は青葉賞、スイートピーSと土日で2つのトライアルが行なわれ、翌週からはいよいよ東京での5週連続GⅠ。安田記念の週にはもう2歳の新馬戦が行なわれるということで、本当に競馬に関わっていると1年の流れが早い。
目下の美浦はGⅠに向けた取材あり、ゲート試験やデビューに向けて続々と入厩してくる2歳馬の取材あり、それに伴うPOG関連の取材もありと、1年の中でも最も人が多く慌しい雰囲気になっている。だからこそ伝わってくる勝負話もあるし、忙しさの中で一般マスコミが聞き漏らす情報もある。表には出ない話を聞き逃さないWORLDの情報力を、GⅠシーズンも頼りにしてもらいたい。




6R
3歳500万下 ダ1600m


事前情報ランクC



期待値65%
藤沢和 厩舎
7枠13番
ロマンティコ


前走は直線で包まれて追い出しが遅れたことに加え、「他馬を気にする面があるので馬群の中で囲まれる形になったのも良くなかった」という点も敗因。今回は強い内容で初勝利を挙げた1600m戦になり、「この馬の個性を考えても、揉まれずスンナリ行けそうなマイルの外枠は絶好でしょう」と関係者の期待も高まっている。中山開催をパスして仕上げており、ルメール騎手が乗った最終追い切りの動きも絶好。今回は勝利を強く意識できる一戦。





7R
4歳上500万下 芝1600m


事前情報ランクM



期待値65%
池上和 厩舎
6枠6番
キングリッド


昨秋は2戦連続で5着だったが、本来東京コースは決め手を活かせる好相性のコース。休み明けの中京を走って状態面は順当に上向いており、「すっかり勝ち切れないタイプになってしまったが、条件や相手関係を考えれば今回は大チャンス。展開が少しでも噛み合えば何とかなる」と関係者のトーンも最近の中では一番だ。初騎乗のデムーロ騎手に力を引き出してもらいたい。




期待値65%
高橋裕 厩舎
7枠9番
バルトフォンテン


前走は同じ高橋裕厩舎のコーラルプリンセスに負けての2着だったバルトフォンテンだが、「勝ち馬の方が上手く乗っていたし、ああいう瞬発力勝負になると向こうが上だからね」と陣営は冷静に振り返っていた。「マイルでも走れるメドが立ったのは収穫。東京コースに替わるのはプラスだし、中1週でも状態は良いですよ」とのことで、今回も勝ち負け候補になるだろう。





8R
4歳上500万下 ダ1400m


事前情報ランクM



期待値60%
古賀慎 厩舎
1枠2番
サトノユニゾン


調教での工夫が実ってモタれる癖が改善され、それからは安定した競馬を続けている古賀慎明厩舎サトノユニゾン。「モタれなくなった今なら左回りも関係無いし、内枠からでも競馬は出来るでしょう」と陣営は今回も前向きだった。ただし、今回は手の合っている松山騎手の遠征に合わせての出走だが、厩舎スタッフは「距離も含めて、東京よりは中山向きというのは確かでしょう」とコース替わりに関しては懸念しているようだった。




期待値60%
岩戸 厩舎
8枠16番
クリップスプリンガ


「この馬は東京のダート1400mがベスト」と陣営が強気な岩戸孝樹厩舎クリップスプリンガ。今回は福島でひと叩きして狙っていた一戦で、調教から戸崎騎手に乗ってもらうなど勝負度合の高さは明らか。「前々走は中1週が堪えたので、今回は休ませて立て直してちょうどいいレースを叩いてきました」とのことで、今週の岩戸厩舎はこの馬とイサク(土曜4R)で2勝の星勘定だそうだ。





9R 秩父特別
4歳上1000万下 芝1600m


事前情報ランクC



期待値65%
奥村武 厩舎
7枠8番
エイムアンドエンド


このレースは奥村武厩舎が2頭出しだが、トーンが高かったのはエイムアンドエンドの方。3月23日の阪神で使う予定を傷腫れの影響で見送って放牧に出したが、思った以上に回復が早く2週間で帰厩。「レースに使う直前まで仕上げていたので出走が延びた影響はありません」とのことで、キッチリ態勢は整っている。昇級戦でもあるが、「勝ち方が良かったのでこのクラスでも通用するはず」と関係者の評価は高い。




期待値65%
中内田 厩舎
8枠11番
フォックスクリーク


先週の競馬で騎乗停止となってしまった川田将雅騎手だが、今週の土曜日は東京で乗る予定を組んでおり、「青葉賞のマコトジュズマルは参加賞みたいなもの。一番期待していたのは中内田厩舎のフォックスクリーク」という話だった。「トモの緩さが改善して休む前より一段階上の馬になっていて、コレは一発で勝てる予定でした。勿体無いです」と川田騎手の関係者。また、乗り替わる福永騎手の方には「今回は差す競馬をしてほしい」と厩舎からオーダーが入ったそうだ。





10R 春光S
4歳上1600万下 ダ2100m


事前情報ランクM



期待値60%
中舘 厩舎
5枠6番
サノサマー


準OPに上がってからは伸び切れないレースが続いている中舘英二厩舎サノサマーだが、中山開催をパスして休養に充ててきた今回は「晩成の血統らしくこの時期になって雰囲気が良くなってきた」と陣営の感触が良好。「体のバランスが良くなって、追い切りでも動けるようになってきた」とのことで、これまでとは違う競馬を見せられそうだ。スタートが決まるようなら前半から好位に付けての競馬もある。




期待値65%
武井 厩舎
8枠13番
デザートスネーク


前走で戦ったサトノティターンはマーチSを勝っており、5走前に負かしたアナザートゥルースはアンタレスSを制覇。武井亮厩舎デザートスネークはこれまで戦ってきた相手のレベルが違う。「中山はパスして東京のこの条件を狙っていました」とのことで仕上がりには不安なし。「馬自身は充実期に入ってきたという感じだし、普通は勝ってもらわないと困る」と陣営は自信満々。このクラスの勝ち上がりはそろそろ順番だろう。





12R
4歳上1000万下 ダ1400m


事前情報ランクM



期待値60%
須貝 厩舎
5枠9番
ケルティックソード


昨秋の東京戦を枠順確定前に取消となり、その後に放牧に出て今回が6ヶ月ぶりの競馬となる須貝尚介厩舎ケルティックソード。「爪を痛めて休んでいましたが、今はスッカリ回復しました。栗東に戻って来てから稽古を十分に積んで、力は出せる仕上がりです。久々でも苦にしない気性だし、東京コースでスムーズ運べれば、残り目も十分ありそうです」と厩舎サイド。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する