金鯱賞

中京競馬場2日目11R
第55回
金鯱賞
芝 2000m/GⅡ/4歳上/国際/別定


【事前情報ランクM】


この時期、そして大阪杯の前哨戦となって今年で3年目。昨年はスワーヴリチャードにサトノダイヤモンドがココから始動。スワーヴリチャードがその後の大阪杯も制したわけだが、注目の今年は5頭のGⅠ馬が参戦。それこそGⅠさながらの盛り上がりを見せているわけだが、大阪杯、海外遠征など、その思惑は様々だが、今後ますます重要なステップレースとして注目を浴びる事だろう。その先に向けてもレースぶりは必見である。
次週は中京でファルコンSが組まれいるが、クラシックを目前にトライアルも終盤。日曜中山でスプリングS、そして土曜中山でフラワーCと、ココまで数々のスクープをお届けしている3歳世代の番組も充実のラインナップ。その3歳戦、トライアル(前哨戦)にはトライアルの戦い方があるという事をお伝えできる事だろう。そして馬券の肝となる、そのスクープとは!? 楽しみにして頂きたい。







1枠1番
ダノンプレミアム
牡4/56.0kg 
川田将雅/中内田充正
騎手厩舎連対率:51.4%
中京芝:未経験 
芝2000m:1-0-0-0 
最高タイム:2.01.0
《期待値65%》


直前で皐月賞を回避し、ダービーで復権を賭けた結果は6着。好位から流れに乗って勝ち馬から0.2秒差。一頓挫あったことを思えば、悲観する内容でなく、素質馬復帰が待たれていた。
そして今回が9ヶ月半ぶりの競馬。「秋に使おうと思えば使えたのですが、これだけの馬なので無理をさせないで待ちました。一旦戻ってきましたが、再度放牧に出して12/26に帰厩。4連勝していた頃には及びませんが、痛めた爪の不安は全くないので、加減せずに調教できました。今週はジョッキーに乗ってもらいましたが、良い手応えを感じてくれたみたいです。休み明けで強敵揃い、ラクな競馬はさえてもらえないと思いますが、開幕週の2000mというのも良い条件なので、格好は付けてくれると思います」と陣営。
目標は先とはいえ、一戦一戦が勝負という雰囲気。『叩き台』という意識はなく、シッカリと結果を出して次に繋げるスタンスで挑んできている。






5枠6番
ペルシアンナイト
牡5/57.0kg 
デムーロ/池江泰寿
騎手厩舎連対率:40.7%
中京芝:1-0-0-0 
芝2000m:0-2-0-0 
最高タイム:1.57.8
《期待値60%》


連覇を狙ったマイルCSは直線で少し気を使って入れず、ワンテンポ追い出しが遅れたぶん、勝ち馬との追い比べで僅かに見劣り2着。前走の香港マイルは馬場が合わなかったのか、道中の行きっぷりが悪く5着と掲示板を確保するのが精一杯だった。
帰国後は検疫を終えて、放牧に行き、2月はじめに栗東に戻って調整。直後から意欲的に併せ馬をこなして、仕上がりは良好の模様。「以前はマイルくらいがこの馬の決め手を活かすのに最適でしたが、今は追い出してから長く良い脚が持続するので、距離延長はむしろプラスでしょうこ。この後は大阪杯を予定しています。ただ、本質的には叩き良化だし、雨で渋った馬場は良くないので、そこがどうかですね」と微妙なニュアンスの陣営。GⅠ馬で実績は上位ではあるが、今回は着順よりも内容重視のところもある様だ。






5枠7番
ギベオン
牡4/56.0kg 
丸山元気/藤原英昭
騎手厩舎連対率:-
中京芝:1-0-0-0 
芝2000m:2-0-0-0 
最高タイム:1.59.3
《期待値60%》


中日新聞杯を勝った後は、放牧でリフレッシュして、2019年はココから始動。
当初、ルメール騎手を予定していたが、先週騎乗停止になり、丸山元気騎手が代打に指名された。その丸山騎手は今週栗東に行って、この馬の最終追い切りに騎乗。シッカリと感触を確かめた様だ。
「前走、抜け出した時にフワッとしたので、後ろから来たショウナンバッハに一旦は交わされましたが、並んだらもうひと伸びしました。結果的には差し返してハナ差ですが、着差以上の強さでした。乗り込んで仕上がりは良いし、大きく崩れたのは、距離が長い上に初コースだった2走前のセントライト記念だけ。雨が降る分にはプラスのイメージなので渋っても問題ありません。この相手でも楽しみです」と陣営。
強い4歳世代で馬に勢いがあり、更に鞍上の丸山騎手も土曜日に4勝を挙げて絶好調。相乗効果も期待できそうだ。






6枠8番
エアウィンザー
牡5/56.0kg 
武豊/角居勝彦
騎手厩舎連対率:62.5%
中京芝:未経験 
芝2000m:4-4-1-0 
最高タイム:1.58.3
《期待値65%》


前走のチャレンジC、休養を挟みながら3連勝中ではあったが試金石の意味もあった。それが、スンナリと好位にとりついて余裕を持って抜け出し、後続を突き放すという堂々たるレース振りで4連勝で重賞制覇。クラスが上がるごとに競馬っぷりが強くなり、まさに本格化を示す内容での勝利だった。
その後は放牧を挟んで栗東に2/8に帰厩。坂路・コースを併用して入念に乗り込み、一週前の先週は武豊騎手が跨って感触を確かめた。武豊騎手とのコンビは3歳の共同通信杯以来の約2年ぶりとなる。「当時は前進気質が足りなくて、追走に苦労している感じでしたが、今は全く違いますね。エアメサイアの最後の仔だし、ココは何としても勝って大阪杯に繋げたいで」との事。(ちなみに大阪杯の時は武豊騎手はドバイ遠征のために騎乗はできない)
「元々期待していた馬ですが、精神面での幼さが出世を邪魔していました。その部分が成長したのが大きいですね。今回GⅠ馬多数の豪華メンバーが揃いましたが、今なら十分に太刀打ちできると思います」と厩舎サイドも強気な構え。



6枠9番
ムイトオブリガード
牡5/56.0kg 
横山典弘/角田晃一
騎手厩舎連対率:50.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:未経験 
《期待値60%》


2番人気に推された前走の日経新春杯。勝ち馬から0.4秒で見せ場は十分あったが6着に終わった
「プラス14キロで少し太かったし、良馬場発表でしたが、馬場が重たかったので、それが影響したのかもしれません。日曜日は雨の予報もあるので、そこは心配なところですが、今回は絞れているし、左回りになるのも歓迎で巻き返せる要素はありますよ」と陣営。
関係者はこの馬の素質の高さを早々に見抜いており、昨年500万条件を勝ち上がったばかりで阪神大賞典に挑戦。それが糧になったのか、その後3連勝して重賞でも2着と好走。使おうと思えば使えた京都記念ではなく、強気にGⅠさながらの好メンバーが揃ったココに挑戦。本当の意味での試金石ではあるが、鞍上に3走前に勝利した横山典騎手騎乗で侮れないところはある。





7枠10番
アルアイン
牡5/57.0kg 
北村友一/池江泰寿
騎手厩舎連対率:33.3%
中京芝:未経験 
芝2000m:1-0-1-2 
最高タイム:1.57.2
《期待値65%》


前走のマイルCSは関係者、特に鞍上の川田騎手がマイル適性の高さに期待をしていた。それを表すかのように強気に前で競馬をして、勝ちに行く競馬をした。内でソツなく流れに乗った2頭に最後は決め手で見劣るも勝ち馬から0.2秒差。力は発揮できた競馬だった。
その後は放牧でリフレッシュして2/6に栗東に戻り、このレースを目標に乗り込み開始。再三好時計を出して、シッカリ調教を積んで好仕上がり。今回から集中力を高めるためにブリンカーを着用する。「稽古の動きは良いし、息もできています。ブリンカー効果で、もうひと押しが利けば、久々に勝つチャンスも十分あるでしょう」と陣営。
堅実だが、実は皐月賞以来勝ち星がない同馬。馬具工夫で久々に勝利を狙う。ただ、騎乗予定だった北村友一騎手が土曜日中京12Rで落馬てしまい、日曜の騎乗馬が全て乗り替わり。この馬は柴山雄一騎手となる。





7枠11番
リスグラシュー
牝5/55.0kg 
シュタルケ/矢作芳人
騎手厩舎連対率:-
中京芝:未経験 
芝2000m:0-1-0-0 
最高タイム:2.00.4
《期待値60%》


エリザベス女王杯で悲願のGⅠ制覇。その後の香港ヴァーズでも勝ったエグザルタントと大接戦の末のクビ差2着惜敗。この2戦が大きく評価されて、2018年度最優秀4歳以上牝馬に選出された。
2019年はこのレースから始動となる。「2/19に栗東に戻って来た直後は物足りない雰囲気がありましたが、先週の稽古でシュタルケ騎手が跨ってスイッチが入った感じです。今週も乗ってもらったのですが、『先週より良い』と褒めてもらいました。目標は先(4/28港のクイーンエリザベス2世Cを予定)ですが、態勢が整ったので、ここも良い競馬をしてくれると思います」と陣営。
善戦キャラを打破し、力をつけた今ならば休み明けで牡馬の一線級の中に入っても十分太刀打ちできると見ている。






8枠12番
モズカッチャン
牝5/54.0kg 
和田竜二/鮫島一歩
騎手厩舎連対率:0.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:1-0-2-0 
最高タイム:2.00.4
《期待値60%》


連覇を目指したエリザベス女王杯は順調さを欠いたが3着と地力を見せ、オーナーの意向で参戦した前走の有馬記念も8着だが、勝ち馬との着差は0.8秒。牡馬相手の上に戦前から明らかに距離が長いと思われていた2500m。加えて直前の雨が降った事を考えれば健闘の部類と言える。
その後は短期放牧を挟んでココに挑戦、鞍上にはオークス以来約1年10カ月ぶりのコンビ復活となる和田竜二騎手。次走の大阪杯とのセットでの騎乗以来となる。「ココに来て筋肉量が増加したようで、ガッシリとした体つきになっています。そのせいなのか、普段からテンションが高く、少し稽古では行きたがる仕草を見せています。ただ、競馬に行くと大丈夫だし、そこは乗り慣れた竜二がうまく操縦してくれるでしょう」と陣営の期待は大きい。
5歳にしてビルドアップに成功し、流行の筋肉女子に変貌した今回。距離短縮、斤量減と良い材料が揃い、強力なメンバーの中に入っても見劣らずにチャンスは十分だろう。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する