記録中

2/23(土)阪神2or3Rシゲルヒカルダイヤ
【感謝御礼】フェブラリー◎ゴールドD/小倉大◎スティッフェリオ/ダイヤモンドSユーキャンS/LINE『馬主注目馬』と的中ラッシュ!松山Jの立場でバカ正直に語れば「ゲートで立ち上がりそうになりスタート直後に外から寄られハナを切れず……。能力を発揮できませんせした」となるあえて弁明しなかったのは気性面の課題を晒したくなかったのか。競走馬はアスリート。本来であればジョッキーが公式の場で弱点を語るとかナンセンス。適当に「西日が……」とか言っておけばいい!?
阪神ご当地馬主、森中蕃オーナーのワケアリ勝負馬。阪神馬主協会の元会長なのでオーナー・サイダー的はご当地開催替わりになるけど、それよりも今回は離れた4着(1人気)に終わった前走の京都戦にスポットを当てたい。ジョッキーも十人十色。レース後のコメントで人気を裏切った言い訳に終始する騎手は多いが、意外にも★★Jは「3番手でいい形でレースができました。馬も使って良くなっていましたよ」(競馬ブックより引用)と某ノリ騎手のような発言(個人の感想です)。これは逆の意味で驚いたくらいだ?

詳しくはJRAホームページで公開されている全周パトロール動画をチェックしてほしいが、発走直前にゲートで立ち上がりそうになっている(※1)。何とか抑え込んでスタートを切ったものの、外から内に切れ込んでくる馬がいて接触。そのせいで逃げられず外枠もあり番手からの競馬を選択したけど、勝負所で外から被されて戦意喪失している。シゲル●●●●●●のきょうだいで勝ち上がった馬は逃げor揉まれず先行が好走の絶対条件だった。超がつくピンかパーのタイプなので人気を裏切った前走内容は納得だよ。2走前と同じくハナを切ればガラリ一変すると思うし、シゲル軍団では超レアな隠れノーザンならぬ追分F(生産牧場は社台C白老Fも育成は吉田三兄弟の三男・晴哉氏が代表を務める追分リリーバレー)だけに見限り早計だ!

2/24(日)中山6Rペレ
エタリオウの半妹。父がハーツクライに替わり瞬発力タイプの牝馬も中間は外厩で何を食わせたのか(深い意味はない)、約3ヶ月の休養で馬が見違えたスワーヴリチャードはノーザンFしがらき調整馬で管轄が異なるけど、影武者ヤリ勝負馬としては申し分ない勝負気配だ。来週中山は土曜に雨予報も日曜は現時点で晴れ。良馬場なら結構自信あるけどな~
馬主協会で分類すると中山ご当地馬主、NICKSの勝負馬。ご存じのように今週末の中山記念にはドバイシーマクラシック(芝2410m)の招待を受諾したスワーヴリチャードが出走を予定している。例によって同馬の取捨は週末のブログまで待ってほしいが、同日の中山には影武者ヤリ(※1)勝負馬がスタンバイ。該当馬2頭とも馬名に“スワーヴ”の冠号を使用していないのもポイントだ。
(※1シェイク・モハメドの“影武者ヤリ”が東京競馬場で炸裂!!を参照)

その内の1頭が24(日)中山10RブラッドストーンS(中山ダ1200m)に特別登録があるストロベリームーンだけど、同レースはフルゲート16頭に対して23頭と除外の可能性あり。そこで本日の記事は同日の条件戦に使うスワーヴ軍団の期待馬をピックアップ。休養前の東京戦では上がり33秒8の鬼脚を繰り出すなど、素質の違いだけで勝っちまったからな。奥手の血統らしくトレセン帰厩後はひと回りパワーアップした印象だし、1週前追いの動きは完全にオープン馬だよ。個人的には牡馬相手のマイル戦に使っても面白いと思うが、牝馬同士なら好勝負必至の1頭だ!

2/24(日)阪神9Rキーグラウンド
北前孔一郎OWは大阪のお肉屋さんで阪神馬主。地元開催のダ1800mでは勝率5割(全4勝中3勝が同舞台)というコース巧者だが復帰2戦は色々あってCウッド&Pコース併用で調整を余儀なくされた。近2走は10キロ前後の太め残り。今回は中2週なのに土日火水と坂路で時計を出すなど叩き3戦目で勝負気配だ!(念のため馬体重注意)
伊丹S(ダ1800m)に出走予定
200_13s_20171104102811ba6.jpg
八木良司オーナーのタガノヴェローナ、タガノグルナのレースぶりに注目せざるを得ない伊丹S。ここだけの話、今回と同様に2頭出しで臨んだ前走の納屋橋Sでは、グルナがハナを切りヴェローナが後方で脚を溜める“前門の虎、後門の狼チームプレー”を敢行。ところがどっこい、何をトチ狂ったのか直線で最内を突こうとしたヴェローナをグルナが妨害……(※1)。結果的に虎と狼が共倒れというアイタタタ(死語)な結末を向かえている。


※1ブログ参考画像(JRAホームページ全周パトロールより)
タガノ同士討ち01

タガノ同士討ち02
グルナ鞍上の菱田Jご乱心(!?)。内を締めた相手は仲間の藤懸Jヴェローナだった……


それだけにケンカ両成敗(!?)で、どちらも鞍上が乗り替わったタガノ軍団2頭に要注目も、本命には阪神ご当地馬主のワケアリ勝負馬を推したい。何回かブログで推奨して馬券をハメている馬だが満を持してオーナー地元開催の阪神替わり。大人の事情により色んな場所×3で限定公開する近走不振の敗因は陣営内で周知の事実だ。対策を講じてきた今回はガラリ一変があっても驚けないし、イイ感じに馬柱も汚れて馬券的にも狙い目じゃないか?

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する