愛知杯

中京11R 愛知杯
有力馬事前情報 事前情報ランク【M】

中京競馬場3日目11R
第56回
愛知杯
芝 2000m/GⅢ/4歳上/牝馬/国際/ハンデ


【事前情報ランクM】


ヴィクトリアマイルに繋がる前哨戦の確立を図るため、暮れの中京から1月に変更して今年で4年目となるが、その施行時期が替わっても、波乱の度合は変わらない。只でさえ調整の難しいこの時期にあって牝馬限定戦のハンデ重賞。やはり波乱が前提でいい。
さて今年。エリザベス女王杯組が人気を集める事は必至だが、条件戦を勝ち上がってきた強い4歳世代も虎視眈々。先々も見据えた上で、上位は高いレベルで拮抗しており、今後の重賞戦線を盛り上げていく事だろう。馬券妙味も含めて注目の一戦となりそうだ。







1枠1番
レッドジェノヴァ
牝5/55.0kg 
デムーロ/小島茂之
騎手厩舎連対率:50.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:3-2-1-2 
最高タイム:2.00.0
《期待値70%》

初重賞挑戦となった2走前の京都大賞典。牡馬の一線級が揃う中でサトノダイヤモンドに半馬身差まで迫る脚を見せて2着。その余勢を買っての前走のエリザベス女王杯、スタートは一息だったが、すぐに内に潜り込んで追走。直線は狭くなりながらもシッカリと脚を伸ばして4着に食い込んだ。
「2走前に牡馬の強敵相手に好走したのは本物でした。強い稽古をしても、以前の様に体が減らなくなりました。良いサプリを使ったお陰で体調も凄く良いですよ。55キロのハンデも妥当、いや、むしろ軽いくらいかもしれないので、牝馬同士のココでタイトルが欲しいですね」と厩舎サイドは強気。
普段から馬のマッサージ師を呼んだり、カイバを工夫したり、サプリを導入したり、と積極的に新しい試みをするこの厩舎。それらが実を結んで、ここまでの好結果をもたらしているのかもしれない。今年更に飛躍を目指す為にもここで重賞勝ちが欲しいところだろう。



2枠2番
レイホーロマンス
牝6/52.0kg 
藤岡康太/橋田満
騎手厩舎連対率:33.3%
中京芝:1-1-0-4 
芝2000m:1-1-0-8 
最高タイム:1.57.6
《期待値60%》

典型的はハンデキャップホースで、2走前のエリザベス女王杯は56キロの斤量で歯が立たなかったが、前走の中日新聞杯は得意コースで51キロの軽量を活かして4着と好走。初重賞挑戦の昨年の愛知杯でも51キロで2着に食い込んでいる。そして今回はその昨年から1キロ増量で留まった52キロで出走。
「前走後は得意の中京コースの、ここ目標に調整しました。先週は乗り役さんをを乗せてビシッとやり、今週は助手でサッとは予定通りです。年齢的にグングン良くなっているということはないですが、確実な良化は感じます。牡馬相手の中日新聞杯でも差を詰めていたし、牝馬限定の52キロなら、今回は斤量差が大きいだけに食い込みのチャンスは十分あるでしょう」と昨年以上の結果を目指している。






3枠4番
コルコバード
牝6/54.0kg 
丸山元気/木村哲也
騎手厩舎連対率:33.3%
中京芝:未経験 
芝2000m:未経験 
《期待値65%》

本命公開から、昨年の箱根特別3連単6万7690円、さらに夏の丹頂Sでは3連単9万9970円の特大ヒットをお届けしているお馴染みのドル箱馬。
初重賞制覇となった前走のエリザベス女王杯、外枠だったために終始外々を回っており、上位入線馬とはコース取りの差が出た格好。更に3~4角の坂で急ブレーキをかけるロスも痛かった。それでも陣営は、「装鞍所では惚れ惚れするくらいに良い状態でした。やれる手応えは掴めました」とレース後。離された3着以下とは差が無く、人気のノームコアやレッドジェノヴァよりも斤量が軽くなる今回。「明けて6歳だけど、キャリアはまだ14戦。使い込んでいないので、まだ伸びシロがあります」とここは改めて期待の様子だった。






5枠8番
ランドネ
牝4/53.0kg 
戸崎圭太/角居勝彦
騎手厩舎連対率:33.3%
中京芝:未経験 
芝2000m:1-0-1-2 
最高タイム:1.58.6
《期待値60%》

ハナが好走の絶対条件の馬だが、2走前の秋華賞は同型が多いので、譲って番手からの競馬。それでも大きくはバテずにアーモンドアイから0.6秒差の6着なら好走の部類。そして前走の修学院Sでは本来のハナを奪う積極的な走り。イレ込んでいたぶん、ゴール前は差を詰められて際どかったが、何とか押し切った。そしてココに挑戦。
「4歳になり、心身ともに成長してバランスが取れてきて、それが競馬でも良い方に出ている感じです。まだ多少はムキになる気性ではありますが、以前に比べたらだいぶマシです。今回は53キロの斤量だし、自分のペースで競馬ができれば、十分にチャンスはあると見ています」と陣営。先週全ての騎乗をキャンセルしたインフルエンザ明けの戸崎騎手だが、今週は大丈夫とのことだ。






6枠9番
ウラヌスチャーム
牝4/53.0kg 
北村友一/斎藤誠
騎手厩舎連対率:40.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:0-1-0-0 
最高タイム:2.02.0
《期待値70%》

ローズS5着の後、秋華賞を目指していたが抽選除外。だが、陣営の本音は、『出てもアーモンドアイに勝てなかったので、却って良かった』と悲観した様子はなかった。そして翌週の自己条件の平場戦で順当に勝利。年明けの前走、迎春Sで骨っぽい相手を押さえて連勝。当時『勝っても負けても愛知杯に向かう』と表明しており、連勝という最高の形での重賞の舞台に挑戦となる。
「前走後は厩舎に置いて調整しました。最終追いの動きも良かったし、ハンデ53キロも妥当なところなので、重賞でもヒケをとらないと思います」と陣営。前走、牡馬相手に強い競馬をしたので、牧場サイドはダイヤモンドSに行きたいと色気を出したらしいが、ジックリと話し合った末に当初の予定通りこのレースへ。鞍上選びに難航していたが、当初ココを予定していたモーヴサファイア(ハンデ51キロでは乗り手がいなく、自己条件の京都、飛鳥Sに出走予定)に乗るハズだった北村友騎手が空いたために、白羽の矢が立った。





7枠11番
ノームコア
牝4/55.0kg 
ルメール/萩原清
騎手厩舎連対率:52.0%
中京芝:未経験 
芝2000m:1-0-1-0 
最高タイム:1.58.0
《期待値70%》

紫苑Sは勝負掛かりの話をお伝えして本命に推奨。馬連2点目680円・3連複3400円・3連単1万6070円の的中をお届けした事でもお馴染みのドル箱馬。勿論、秋華賞では打倒アーモンドアイの有力候補として注目されたが、レース後早々に『疲労が残っているので秋華賞はパスしてエリザベス女王杯を目指す』との発表。そして万全のデキで臨んだ前走だったが、スローペースで流れて、直線での決め手比べとなり、この馬も良く伸びているが、惜しい結果ではあった。「正攻法の競馬で古馬相手に5着、内容は悪くありませんでした。前走後は放牧に出してリフレッシュして帰って来ました。使い込むよりも間を開けた方が良く、稽古の動きも合格点でした。ハンデはやや見込まれた感じですが、ココを勝って再び大きな舞台を目指したいですね」と陣営。名古屋までの輸送があり、土曜日の競馬という事で紫苑Sの時と同じ火曜日に追い切りを敢行。より馬にあった調整を施し、2つ目の重賞制覇を狙っている。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する