記録中

1/5(土)中山6Rラストヌードル

超マニアック中山ご当地馬主、増田和啓オーナーの勝負馬。某S紙における2018年の注目新興オーナー特集(※1)では隠し玉として取り上げたけど、今年だけで下級条件ながら3勝をマーク。特に2歳世代はセレクトセール出身馬の“当たり”が目立つ。色んな場所×3で公開しているG1馬の半弟は、いまでは考えられない値段で落札するなど“持っている”お方だ。この中間は胸を借りた厩舎のオープン馬を逆に圧倒するなど、半兄に勝るとも劣らぬ素質の片鱗をのぞかせている。年明けのレース結果次第では牡馬クラシックも視野に入るし、皐月賞の惑星候補まであり得る!?

1/6(日)中山2Rアルママ
正月から赤い三連星ならぬ三連発(!?)、マイネル軍団のお年玉O・S馬を緊急公開。年末年始にオーナー・サイダー~平成最後の馬主戦争を最後までガン見した読者はよ~くご存じのように、発言力が強いオーナーブリーダー(馬主兼生産者)は出走ローテにクセが出る(←ここがポイント)。馬主によって競馬場や距離条件別に得手不得手が驚くほど明確に浮かび上がるんだが、そのなかでもマイネル軍団関連名義ラフィアン(マイネル)、ビッグレッドF(コスモ)、岡田繁幸、ウイン、コスモヴューファーム、ブルースターズファームは超がつく中山大好きオーナーだったりする。

色んな場所×3で公開している岡田繁幸総帥の期待馬は、まともに走ればタダ貰い級の1頭だ。問題は気性がちょっとアレ(察してください)なので、再度やらかす可能性も否定できないが……。今回は陣営も汚名返上とばかり中間の攻めを強化。美浦Cコース(ダート)とはいえ古馬を含めたブッチぎり1番時計を叩き出すなど勝負気配を漂わせている。個人的に中山なら芝でも全然イケると思うけど、そっちには1/1ブログで取り上げたディープインパクト産駒の期待馬が控えているからな。ダートでも2戦目で慣れが見込めるし、正月からマイネル軍団怒濤の固め打ちも!?

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する