W情報

京都5R・7R・8R・9R・10R・12R
今日は仕事ですので朝のオッズ他はありません。
京都5R・7R・8R・9R・10R・12R






現在、栗東トレセンで大手のノーザンファームから最も信頼されている厩舎のひとつが高野厩舎だ。今年の2歳馬に限っても登録されている25頭の内、半数近い12頭がノーザンファームの生産馬で、その中には3戦2勝のアウィルアウェイもいる。
前走の京王杯2歳Sでは2着に敗れてしまったが、「まだ完璧な状態ではなかった中でハナ差の2着なら上出来です。次のGⅠがこれで楽しみになりました」と予定している朝日杯FSでの巻き返しに期待を寄せていた。来月12月は、阪神JF、朝日杯FS、ホープフルSとGIが3鞍行われるが、今年も2歳新馬、2歳重賞でしっかりと結果を残すワールドにお任せ頂きたい。
尚、京都10Rに高野厩舎のノーザンファーム生産馬を取り上げています。



5R
2歳新馬 芝2000m


事前情報ランクC



期待値65%
橋田 厩舎
2枠2番
スカーフェイス


ここ2週の動きが良く、1週前はCウッドで終い重点に追われてラスト1F11秒9。今週は、朝イチで時計が出易かったとはいえ、坂路で4F52秒6-12秒4。水準以上の動きを見せており、跨ったルメールも「これはいきなりから」と絶賛していたスカーフェイス。かつて、アドマイヤコジーン、アドマイヤマックスを担当していた厩務員も「ここ最近は良い馬をやれていなかったので、これは非常に楽しみ」と期待していた。兄2頭(スズカメジャー、スズカテイオー)も新馬勝ちを決めているだけに初戦向きの血統でもある。





7R
3歳上500万下 芝1600m


事前情報ランクM



期待値60%
矢作 厩舎
2枠4番
グリエルマ


前走はメンバー中上がり最速の脚を使って4着まで追い上げたグリエルマ。GI7着がある素質馬がようやく復調してきたようだ。「カイバの配合を変えたのと涼しい季節になったことで体調が上向き、体重も増えてきたのが好走の要因でしょう」と陣営。前走はフロックではなさそうだが、「現状は終いを生かす競馬に徹した方が良さそう」とのことで、今回も展開の助けが欲しいところ。上手くハマれば上位進出もありそうだ。




期待値65%
安田隆 厩舎
7枠14番
オメガラヴィサン


調教の動きは安田隆厩舎の中でも1、2を争うと言われているオメガラヴィサン。「先々週の併せ馬では、併せた馬がついて来れなくなると、近くでキャンターしていた馬の近くに寄ろうとしたり、まだまだ幼い面はありますが、それでも51秒台がでるんですから確かな能力を感じます。間違いなくオープンまで行ける馬だと思っています」と厩舎サイドの期待はかなり大きい。





8R
3歳上1000万下 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値60%
村山 厩舎
7枠10番
ドゥリトル


今回は休み明けで、万全の状態ではないものの、「来年は重賞路線に進ませたい素質馬で、かなりの能力があります。ジョッキー自身もそう思ってくれているので、今回くらいの態勢でもここは突破して欲しいですね。プラス体重で出てきても成長分として見て下さい」と厩舎の評価は思いのほか高い。





9R 秋明菊賞
2歳500万下 芝1400m


事前情報ランクM



期待値60%
木村 厩舎
2枠2番
ユナカイト


前走の中山マイル戦は、ゴールが近付くにつれて加速する差しづらい流れを大外を回して差し切り勝ち。姉アーモンドアイを彷彿させる勝ちっぷりだった。昇級+関西への遠征で条件は厳しくなるが、坂のある中山から平坦の京都に替わるのは魅力。「2回使ってテンションがピリっとしてきたので、中間はそこに気をつけて調整しました。前走の勝ち方なら、昇級してもやれそうですよ」と厩舎サイド





10R 衣笠特別
3歳上1000万下牝 芝1800m


事前情報ランクC



期待値60%
岡田 厩舎
1枠1番
テーオービクトリー


5ヶ月ぶりの休養明けを叩いた前走でも「まだ良かった頃のデキにない」と陣営が辛口だったテーオービクトリー。それでいてコンマ2秒差なら上々の内容だろう。叩き3走目の今回は、「ようやく気持ちが乗ってきました。まだ右トモの踏ん張りがきかないところはありますが、この馬としては大分、絶好調の頃のデキに戻ってきたと思います」と。鞍上ムーアも追い風となり前進は確実だろう。




期待値65%
高野 厩舎
6枠6番
インヘリットデール


昨年のこの時期にC.デムーロで500万→1000万を連勝したインヘリットデール。休養前は勝ち切れない競馬が続いていたが、「リフレッシュさせた効果で春先よりもだいぶ馬が良くなってきました。京都外回り、牝馬限定という条件なら一発で決めたいですね」と陣営。手の合うこの鞍上を確保したことでかなり力が入っていた。





12R 西陣S
3歳上1600万下 ダ1200m


事前情報ランクM



期待値60%
渡辺 厩舎
4枠6番
タテヤマ


ここ数戦で以前の勝ち切れないイメージを払拭したタテヤマ。「稽古での動きは目立ちませんが、レースでは以前に比べて自在に立ち回れるようになってきました。クラスが上がってもペースに合わせて相手なりに動けると思います。前走後はここを目標に調整し、仕上がりも上々。持ち時計の比較から準OPに入っても楽しみですね」と、陣営は昇級初戦から色気タップリ。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する