W情報

京都5R・6R・7R・9R・10R・12R






エリザベス女王杯当日の11月11日(日)は、京都馬主協会主催の懇親会が夜に行われます。この懇親会には多くの調教師が参加するようですが、所属の馬主の馬が勝てば、当然、会も盛り上がるでしょう。
また、ビッグレッドファームグループのオータムパーティーも同じ日に行われます。京都馬主協会関連、ラフィアン・ウイン関連の馬に日曜は注目してもいいかもしれません。



5R
2歳新馬 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
昆 厩舎
2枠2番
ヒルノアマランテ


横山典騎手と昆厩舎のコンビといえば、先週のJBCレディスクラシックでも◎アンジュデジールが穴を空けたが、このコンビで今週面白そうなのが、「これはモノが違う。これまでたくさんのマンハッタンカフェ産駒を手掛けてきたけど、この馬はヒルノダムールと似ている」と調教師がGI馬を引き合いに出したヒルノアマランテ。「体の大きな馬ですが、追うごとに動きがシャープになっていて稽古の反応も抜群です。ノリさんにも追い切りに2回乗ってもらって感触を掴んでもらっています」とのこと。これは初戦から注目。




期待値60%
池江寿 厩舎
4枠4番
ペルクナス


モレイラが2週前に乗った時点で「ジュウショウモカテル」と、かなり絶賛していたというペルクナス。今週乗った後には「ツカレガデテイマス」と話していたようだが、この厩舎が直前までにどう調整してくるか。重賞を勝てるだけの素質があるなら例え5分程度のデキでも通用しそうだが…。ここで万が一敗れたとしても次走以降も注意したい1頭だ。





6R
3歳上500万下 ダ1800m


事前情報ランクC



期待値65%
五十嵐 厩舎
5枠9番
マイネルブロッケン


熱発で予定が2週延びたものの「その分乗り込めた」との話だった前走が、「ガッカリの結果だっただけど、結果的に調整が甘かった」というマイネルブロッケン。前走後直ぐにユウガ(川田将雅)の元へ再度依頼を出し「元々が叩き良化型なので、ひと叩きした上積みを考えれば改めて勝ち負けと見ています」と厩舎サイドは今度こその構え。





7R
3歳上500万下 芝2400m


事前情報ランクM



期待値60%
大久保龍 厩舎
6枠6番
ブライトムーン


勝負どころで前が詰まり、脚を余した前走は和田のヘグリ。普段、和田のことを悪く言わない調教師が珍しく「アレは…」と怒っていた。今回のルメールへの乗り替わりはそういう経緯がある。「毛ヅヤは相変わらず良く、デキはキープできています。小回り専用の可能性もありますが、自分のリズムで運べればここでもチャンスはあると思います」と厩舎サイド。





9R 黄菊賞
2歳500万下 芝2000m


事前情報ランクM



期待値60%
橋口慎 厩舎
6枠6番
ヴィクトリアピース


スタートで出遅れながら、4角では外に膨らむ粗削りな競馬で新馬戦を快勝したブラストワンピースの妹・ヴィクトリアピース。その後はここまで間隔が空いたが、「この中間は課題だったゲートが普通に出るようになっているし、休ませて体つきも良くなっています。間違いなく成長していますよ。ジョッキーが乗って感触も掴んでいるので、これは楽しみです。オークス馬候補として調整をしていますが、ここを勝てばJFに向かいます」と陣営。牡馬相手の昇級戦でどこまでやれるか。





10R 修学院S
3歳上1600万下 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
石坂 厩舎
3枠3番
レッドヴェイロン


前走の鷹巣山特別で2着馬モアナに跨っていたユウガ(川田将雅)が、「普通なら自分の馬が勝っていた立ち回り。着差は半馬身でしたが、実際はそれ以上の差を感じました。向こうは完全にオープン馬ですね」と、その能力を絶賛していたレッドヴェイロン。夏場の休養を機にオンとオフの切り替えができるようになり、どちらかといえば苦手だった瞬発力勝負にも対応できるようになった。「いずれはGIでもと思っている馬。ここも通過点です」と陣営も強気なここは3連勝のチャンス大。




期待値60%
高橋忠 厩舎
8枠8番
クリノヤマトノオー


前走で1000万を勝ち、再び準OPに戻ってきたクリノヤマトノオー。「放牧先から帰ってきた時はまだ少し太かったですが、追い切りをやるごとに体が締まって動きも素軽くなってきました。中身もしっかりできていますよ」とのことで、短期放牧が良い休養になったようだ。少頭数のレースで決め手勝負になれば、この馬にもチャンスは十分ありそうだ。





12R ドンカスターカップ
3歳上1000万下 ダ1400m


事前情報ランクM



期待値60%
中内田 厩舎
3枠5番
サヴィ


「1200よりも1400の方が安定している」というサヴィ。今回は昇級だが「1000万での実績もありますし、能力はこのクラスでも通用すると思っています。ただ、2走前のようなこともあるので、今回は万全を期して中間は砂を被らせる練習もしています。仕上がりはいいですよ。あとはスムーズに運べるかどうかですね」と陣営。京都も得意で鉄砲も利き、ハンデも56キロ。条件は整っている。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する