札幌記念

札幌11R 札幌記念
有力馬事前情報 事前情報ランク【M】

札幌競馬場2日目11R
第54回
札幌記念
芝 2000m/GⅡ/3歳上/国際/定量


【事前情報ランクM】


近年でもハープスター、ゴールドシップ、そしてモーリスなど、秋に向けてGⅠ馬がココから始動するケースは少なくない。今年はマカヒキ、モズカッチャン、ネオリアリズムのGⅠ馬がエントリー。その秋に向けてその思惑は様々だが、それらが抱える、骨折明け、海外帰りという不安要素を払拭できるか否か…。その事が混戦に拍車をかけている今年であり、その他も虎視眈々狙っているのも事実。その秋に向けても、馬券的にも注目の一戦となりそうだ。
さて、次週の札幌ではキーンランドCが行われるが、昨年の馬連4570円的中他、過去5年で4回的中しているお馴染みの重賞。その中にはレッツゴードンキが出走を予定しているが、1週前の稽古では現在、負傷のため休養中の岩田騎手が騎乗。回復をアピールしていたとの事。まだ完全では無いだろうが、次週、無事に復帰となるか注目である。
さらに、その次週はもうお馴染みのワールドオールスタージョッキーズが組まれている札幌開催。番組も充実しているが、それと同時に有力ジョッキーが集まるとあって、『人の動き』も馬券に直結するだろう。それは札幌に限らず、実はその事で新潟、小倉にもとある影響が…。同様に『人の動き』に注目して頂きたい次週である。




1枠2番
サングレーザー
牡4/57.0kg 
福永祐一/浅見秀一
騎手厩舎連対率:33.3%
札幌芝:2-0-0-0 
芝2000m:0-0-0-1 
最高タイム:2.01.8
《期待値60%》

初のGⅠ制覇を狙い、関係者が強気だった前走の安田記念。外枠だったので鞍上が意識的にポジションを取りに行ったが、内でロスなく立ち回っていた馬に先着されてしまった格好。ただ、それでも着差は0.2秒の僅差。勢いそのままに充実振りを物語るレース振りだった。
その後、ひと息入れて放牧先の追分リリーバレーから札幌に入厩。2週連続でビッシリと札幌の芝コースで追い、好仕上がりをアピール。「2歳のホープフルS以来の2000mになりますが、あの時よりも大きく成長しているし、得意の札幌コースなら折り合って鋭い脚を使えるので、今ならば克服できる可能性は十分あります。速い流れで前が引っ張ったら、ド嵌りするシーンもありそうですよ」と陣営。秋の大目標はマイルCSではあるが、ここで好走すれば選択肢が広がるので、この馬の将来を占う意味では重要は一戦になるかもしれない。






2枠4番
マイスタイル
牡4/57.0kg 
田中勝春/昆貢
騎手厩舎連対率:42.9%
札幌芝:未経験 
芝2000m:2-2-0-2 
最高タイム:1.59.6
《期待値65%》

2階級降級で1000万からのスタートとなった今夏。函館の2連勝は文字通り格の違いを見せ付けた格好で、その2連勝ともに本命公開から的中馬券をお届けしているドル箱馬。
当初1000万を使う前から函館記念というプランもあったこの馬。おそらく条件馬の身では賞金的に出走が叶わないとして、翌週の1600万に連闘したわけだが、皮肉にも函館記念はフルゲート割れ。出ていれば人気になっていただけでなく、「勝ち負けになっていたのでは」とまで、周りの厩舎からも一目置かれていた存在だった。
その函館記念以上にメンバーレベルが一気に上がる今回。見た目は1600万勝ちからの参戦。函館記念を挟んでいない事で人気の盲点となっているが、「2連勝はスピードの違いで逃げ切っただけ。行く馬がいれば、番手でも競馬ができるタイプだし、むしろ速いのが居てくれた方が競馬がしやすいです。道悪が残ればむしろ好材料だし、先々の為にも賞金加算できたら良いですね」との事で色気は相当。充実期を迎えた今、その内容次第では秋が楽しみになりそうだ。





3枠5番
マカヒキ
牡5/57.0kg 
ルメール/友道康夫
騎手厩舎連対率:46.2%
札幌芝:未経験 
芝2000m:2-1-0-2 
最高タイム:1.58.1
《期待値60%》

JC4着の後に京都記念を目指していたが、年末に左後肢第1趾節種子骨剥離骨折が判明して休養を余儀なくされ、9ヶ月ぶりの競馬となる。
「宝塚記念は使おうと思えば使えない事もなかったくらいでした。ただ、その先のローテーションを色々考えて、ココを選びました」との厩舎サイド。一度、栗東に戻して乗り込んでから、函館に入厩。そこでもジックリと乗り込み、直前で札幌に移動。「暑い栗東では反応がひと息でしたが、コッチに来て動きが変わって来て、良い頃の雰囲気に戻り、今週の併せ馬でスイッチが入った感じです。ここまで全て予定通りに運びました。丸々2ヶ月くらいかけて、一生懸命やりましたから、仕上がりは及第点」と担当。JCがもったいない4着と復調の気配は明らかだった。古馬の最高峰で戦ってきただけに、格だけなら一枚も二枚も上ではある。



4枠7番
ゴーフォザサミット
牡3/54.0kg 
蛯名正義/藤沢和雄
騎手厩舎連対率:33.3%
札幌芝:0-0-0-1 
芝2000m:1-0-0-0 
最高タイム:2.00.9
《期待値65%》

ダービー7着の後、7/7のベルモントダービー(芝2000m)への出走を予定していたが、貨物機の輸送手段の都合でトラブルにより遠征が中止になるアクシデント。夏は休養に充てて、秋の東京開催くらいを目標にするのではと思われていたが、オープン馬を多数抱える厩舎事情もあり、ひと息入れた後に裏札に移動して順調に調整を進め、秋の前にここで古馬との初対戦に臨む事になった。
「この3ヶ月で馬体に幅が出て、明らかに成長しています。調教の動きにも柔らか味が出て、仕上がりも良さそうです。昨年は小回りコースに上手く対応できませんでしたが、今は経験を積んで、器用さが出て来ました。古馬相手でも素質的には見劣らないと思うので、どんなレースをするのか楽しみです」と陣営。鞍上の蛯名騎手にとっても数少ない重賞を狙えるお手馬だけに、ここでもう一丁結果を出しておきたいだろう。





4枠8番
ネオリアリズム
牡7/57.0kg 
モレイラ/堀宣行
騎手厩舎連対率:40.0%
札幌芝:3-0-0-0 
芝2000m:5-1-1-5 
最高タイム:1.59.9
《期待値60%》

2年前は断然人気の同厩舎モーリスを敗り勝利。連覇を目指した昨年は体調が整わずに回避。7歳になった今年、2年ぶりの勝利を目指しての挑戦となる。
今年初戦のドバイターフはレース中の落鉄で力を発揮できず8着。検疫後は3年連続となる函館滞在で、このレースに向けて順調に調教メニューをこなして来た。「最終追い切りは重い馬場だったのですが、動きは悪くなかったです。札幌までの輸送で体も絞れると思います。札幌コースとは3戦3勝と相性は抜群だし、今年も良い競馬ができると思います」と陣営。この後は再び海外遠征の話もあり、そのためにもここは弾みをつけておきたいところ。






5枠9番
サクラアンプルール
牡7/57.0kg 
吉田隼人/金成貴史
騎手厩舎連対率:20.0%
札幌芝:1-0-0-1 
芝2000m:3-2-1-5 
最高タイム:1.59.9
《期待値65%》

前走の函館記念時に、『叩き良化型でもあり、この後は札幌記念連覇が大目標。ただ、ココ最近の休み明けでは一番良い』との前向きなコメントに加えて鞍上田辺騎手の好騎乗もあり、57.5キロのハンデを背負いながらも2着と好走。
その後は引き続き函館に滞在して、このレース連覇に向けて調整して来た。「一度使った事で体が引き締まったし、息遣いも良くなりました。昨年勝った時のデキと遜色ないくらいになっています。相手は昨年以上に強力ですが、秋へ向けての初戦とかではなく、この馬の場合はココが目イチの仕上げなので、付け入る隙は十分あるでしょう」と陣営。
鞍上予定の田辺騎手が、水曜日の交流戦で落馬して今週の騎乗を全てキャンセル。代打は病み上がりの吉田隼人騎手となるが、元々吉田隼人騎手は今週から復帰の予定で騎乗馬も決まっていたので、無理しているわけではなく、そう大きなマイナスにはならないと関係者は見ている様だ。






7枠14番
ミッキースワロー
牡4/57.0kg 
横山典弘/菊沢隆徳
騎手厩舎連対率:27.1%
札幌芝:未経験 
芝2000m:1-0-0-2 
最高タイム:1.58.7
《期待値65%》

大阪杯5着の後、調教師は宝塚記念を使いたかった様だが、まだ弱いところがあるので、馬の体調を重視してそこは諦めて、この札幌記念を目標に調整された。
7/26に函館に入厩して、乗り込み先週・今週は調教師が自ら函館に出向いて追い切りに騎乗。「直前の輸送を考慮し、先週速いタイムを出して、今週は終い重点で感触を確かめる程度にしました。体が成長しているし、息遣いもとても良いです。これなら、久々でも力を出せるでしょう。もし道悪が残る馬場になっても心配ありません。晩成型でまだまだ成長していきそうな感じがあり、完成すればGⅠにも手が届くと思っていますよ」と陣営。






8枠15番
モズカッチャン
牝4/55.0kg 
デムーロ/鮫島一歩
騎手厩舎連対率:50.0%
札幌芝:未経験 
芝2000m:1-0-1-0 
最高タイム:2.00.4
《期待値60%》

ドバイシーマクラシック6着以来、約4カ月半ぶりの競馬になるが、函館に入厩して十分過ぎるくらいに乗り込んで仕上がりは良好。
「少し物足りない感じだったので、先週かなり攻めました。それが少しオーバーワークになったので、今週は馬なりでしたが、結果的には良い感じに仕上がりました。体もフックラして、ドバイの疲れはない様子です。力の要る洋芝は合いそうだし、秋に向けて好発進できれば良いですね」と陣営。ただ、ココで目一杯の競馬をして、『勝ち負け』という様子はなく、余裕の構え。使って良くなるタイプだし、この後はエリザベス女王杯連覇、年末は香港、そして来年再びドバイを見据えているとの事。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する