小倉記念

小倉11R 小倉記念
有力馬事前情報 事前情報ランク【C】

小倉競馬場4日目11R
第54回
小倉記念
芝 2000m/GⅢ/3歳上/国際/ハンデ


【事前情報ランクC】


今週末は、サマー2000シリーズ第3戦となる小倉記念(GⅢ)が行われる。このレース自体、元々、荒れる傾向が強い小倉の名物ハンデ重賞だが、これまで行われたシリーズ2戦もともに1~3番人気が揃って馬券圏外へ消え、3連単は七夕賞で256万、函館記念でも57万と超高額配当になっている。今年はトップハンデとなる57キロを背負う3頭が人気を集めそうだが、果たしてどのような結末が待っているのか!?
さて次週、小倉の重賞は一休み。新潟では関屋記念、そして札幌ではエルムSが組まれているが、エルムSが何やら“面白い話”になっている。その前哨戦となった函館のマリーンSではユラノトから勝負レース的中をお届けした事でもお馴染み。そのユラノトの回避は残念だが、そのユラノトに騎乗していた鞍上ルメールが騎乗するのは、南関東の船橋に移籍後4連勝で前走の帝王賞では4着と蘇生したリッカルド。ちなみに一昨年の覇者でもあるこの馬だが、その経緯も面白い。他でもちょっとした裏話があり、現地では盛り上がりを見せているが、こちらも楽しみにお待ち頂きたい。




1枠1番
キョウヘイ
牡4/55.0kg 
高倉稜/宮本博
騎手厩舎連対率:9.4%
小倉芝:1-0-0-1 
芝2000m:0-0-0-1 
最高タイム:2.01.8
《期待値60%》

これまでの戦歴からして、普通なら中京記念や関屋記念に行きそうだが、高倉自身が「小倉記念に行きたい」と進言したらしく、今回の条件にも手応えを持っているようだ。この中間も距離をもたせる調整をしており「溜めが利いてる」と厩務員も満足していた。広いコースで瞬発力が求められるマイル戦よりも、包まれて厳しい競馬をした方が力を出せるタイプだけに小回りで密集するようなコースの方が合っているかもしれない。「渋った方がいい馬だけど良馬場がダメということもない」と最後まで陣営のトーンは良かった。


2枠2番
レイホーロマンス
牝5/51.0kg 
北村友一/橋田満
騎手厩舎連対率:16.7%
小倉芝:1-1-0-2 
芝2000m:1-1-0-6 
最高タイム:1.59.8
《期待値50%》

ウチパクが「綺麗な馬場でもう1回乗りたい」とレース後に話していたように前走は馬場に泣かされた。パッと見た感じでは状態は変わらず来ているように映るが、「ちょっと目の回りが黒くなってきて疲れがありそう」と、これまでほど陣営のトーンは高くない。





4枠4番
ストロングタイタン
牡5/57.0kg 
アヴドゥラ/池江泰寿
騎手厩舎連対率:-
小倉芝:3-0-0-2 
芝2000m:4-3-0-3 
最高タイム:1.57.2
《期待値65%》

夏の小倉は4戦3勝だが、唯一の敗戦が昨年のこのレース。直前のレースをレコードで快勝した反動が出たという話だが、今年は昨年の教訓を活かし、間隔を開けて挑んできた。「暑くなるにつれて状態は上がってきています。鳴尾記念のように好位につけるレースがこの馬には合っているので、その旨をジョッキーに伝えています」と陣営。土曜のメインで日本初勝利を決めたアヴドゥラ騎手。短期免許取得直後の週でいきなりメイン連勝となるか。


5枠5番
キンショーユキヒメ
牝5/54.0kg 
秋山真一郎/中村均
騎手厩舎連対率:11.4%
小倉芝:1-0-0-1 
芝2000m:3-1-0-8 
最高タイム:1.59.5
《期待値60%》

近2走がいずれも7着。その着順だけを見れば、自身を除き重賞ウイナーが5頭揃った今回も厳しく映るキンショーユキヒメだが、実は、ここ2戦の敗因は明確。2走前は「3角で外に被されてしまったのが痛かった。あれなら直線までじっと我慢していた方が良かった」と、動き出しのタイミングを誤り、前走は「3角過ぎで仕掛け、さあこれからというところで落馬のアオリを食う不利。最後まで頑張ってくれたんですが…」と、決して力を出し切っての敗戦ではない。
コンスタントに使われているが、まだまだ上積みはあるようで「終い重点の今週の稽古でも動いていたように、夏場がいいのかメチャクチャ具合が良い。1800の福島牝馬Sを勝ったけど、2000の方がより適性があると見ているので、道中の位置取りや仕掛けのタイミングが?み合いさえすれば、この相手でも勝ち負けに持ち込めるのでは」と、陣営は巻き返しに意欲十分。


5枠6番
マイネルサージュ
牡6/56.0kg 
和田竜二/鹿戸雄一
騎手厩舎連対率:-
小倉芝:未経験 
芝2000m:1-2-2-4 
最高タイム:1.59.2
《期待値60%》

「前走の七夕賞は勝ったと思ったが、あの走りで負けたのならば仕方ない」と陣営は前走を振り返る。「イメージに反して、小回りの激しい流れでいい競馬ができる。自分の形で前崩れなれば今回も上位争い可能でしょう。前走でも力を出したけど、叩き2戦目でまだ余力はあります」と今回も自信があるようだった。






6枠8番
メドウラーク
牡7/56.0kg 
丸田恭介/橋田満
騎手厩舎連対率:100.0%
小倉芝:1-0-0-1 
芝2000m:3-2-1-5 
最高タイム:1.59.0
《期待値55%》

前走で重賞初制覇となったメドウラークだが、「得意の荒れた馬場で、前がやり合う展開。いろいろと好条件が重なったからね」と、陣営も恵まれ勝ちと思っているようだ。今回は「年齢的なものもあって、グンと良くなってこない。デキはいい意味で平行線」とのことで、それほど強調材料は見当たらなかった。






7枠10番
サトノクロニクル
牡4/57.0kg 
デムーロ/池江泰寿
騎手厩舎連対率:36.4%
小倉芝:未経験 
芝2000m:1-0-0-0 
最高タイム:1.58.6
《期待値60%》

人気の一角を担うサトノクロニクルだが、「放牧明けの方が走るという傾向が見えてきた。夏場でも体調は良く、ここを勝つつもりで仕上げてきた。ただ、4角で忙しくなるのは間違いなく、適性面では外の2頭に劣るかもしれない」と陣営。





8枠11番
トリオンフ
セ4/57.0kg 
武豊/須貝尚介
騎手厩舎連対率:22.2%
小倉芝:2-1-0-0 
芝2000m:2-1-0-2 
最高タイム:1.57.3
《期待値65%》

1年前のこの時期は、まだ500万を走っていた馬だが、小倉で行われた若戸大橋特別の勝利を機に一気に出世街道を駆け上がったトリオンフ。当然、今回は得意の小倉とあって、陣営は余裕のあるローテーションを組み、目標のここに向けてキッチリ馬を造ってきた。実際に稽古に跨ったユタカも「これはいい馬だね」と評価は高く、外から見るのと実際の乗り味が違うようだ。






8枠12番
サンマルティン
セ6/56.0kg 
池添謙一/国枝栄
騎手厩舎連対率:20.0%
小倉芝:0-1-0-0 
芝2000m:2-1-0-3 
最高タイム:1.57.6
《期待値65%》

既厩して間もないが、余程、調整が上手くいったのか「天栄→しがらき→小倉と移動してきましたが、これは去年も同じ。去年よりも落ち着きがあって状態は良いし、秋に向けて昨年の2着以上の結果を期待しています。普通に回ってくればという感じですね」と厩舎は強気。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する