記録中

7/29(日)小倉9Rゼンノワスレガタミ
“北九州の伊能忠敬”、大迫久美子オーナーの勝負馬。ご当地ヤリの聖地(俺命名)中京に勝るとも劣らないほど夏の小倉が激アツなのは毎日ガン見している読者には説明不要だけど、今年も開幕週から九州在住オーナーの勝ち駒がスタンバイ。逆に数が多すぎて同じレースにご当地馬主の勝負馬が被りまくりだからな。具体例を挙げれば土曜の障害重賞・小倉サマージャンプにゼンノトライブが出走を予定しているけど、ここには山元哲二オーナー(本業は鹿児島の有力者)のダンツキャンサーが……

……その他にも小田切さん、サンライズ、テイエム、カシノ、ミヤジとO・Sマニアにはお馴染みの個性派オーナーが揃い踏み。個人的には某ノーザンなファームと同じく使い分けしてほしいくらいだが(馬主協会には派閥があるから現実的に難しい……)、7/29(日)小倉★Rも小倉サマージャンプと同じく「ゼンノvsダンツ」仁義なきご当地馬主ガチンコ対決に……と思っていたら、空気を読んでくれた(!?)のか降級馬ダンツゴウユウは来週8/5(日)小倉10R天草特別へ(替わりに同じく谷厩舎のカシノランペイジが特別登録)。お陰で事前に用意していた文章を一部修正するハメになったが(苦笑)、いずれにしても◎は小倉競馬場がある北九州の有力者ゼンノ軍団。読者のみんなも小倉に行く機会があればゼンリン地図の資料館を訪れてほしい。先代の大迫忍オーナーがどれだけ北九州の発展に尽力してきたか、よ~く分かると思うぜ?(大人の事情により館内は競馬臭ゼロスなのが少し悲しい……)


7/29(日)小倉8Rシエルブラン
3歳上500万下(牝馬限定・芝1200M)に出走予定
200_13s_20171104102811ba6.jpg
小倉ご当地馬主、カナヤマHDの勝負馬。色んな場所×3で公開しているO・S馬の馬主は親族名義の金山敏也オーナーだけど、冬の小倉開催でもブログ推奨した馬だから覚えている読者もいるだろう。レース直前に単勝だけ100万円近い買いが入り1番人気になっちまった(※1)のは超誤算だが(苦笑)、カナヤマHDは宮崎の有力者で北九州にも縁がある (←ここがポイント)。今度機会があれば馬券しくじり先生に探ってきてもらうが単勝のみ大口買いは……


※1ブログ参考画像(TARGET時系列オッズより)
0210小倉7R時系列オッズ
赤矢印で示した13:04の単勝に注目。2人気②、4人気③と単複比が正反対
(補足としてレース直前の単複比は九分九厘「単勝<複勝」。TARGETが使える読者は各自で調べてくれ!)


……っと続きは多方面に配慮して色んな場所×3に譲るけど、今回は夏のクラス編成で500万に降級。オーナー地元開催替わりで現級勝ちした小倉芝1200Mの牝馬限定戦だ。ここも小倉ご当地馬主ガチンコ対決になりそうだから個人的に1週スライドしてほしいくらいだけど(冬の小倉で現級勝ちは牝馬限定戦に入らず牡馬混合戦に使って勝利)、こればかりは陣営の判断だからな。カナヤマHDはほかにも小倉開幕週に狙って面白そうな馬を多数使う予定だが、俺の独断と偏見で馬主1番級はこの馬と見たぜ。


7/28(土)新潟8Rタンゴ
3歳上500万下(牝馬限定ダ1200M)に出走予定
200_13s_20171104102811ba6.jpg
拡大解釈すれば新潟ご当地馬主(!?)、石川達絵オーナーの勝負馬。菊花賞馬キセキの馬主でありブログだと東京開催時に推奨することが多いけど、親族の“バローズ” 猪熊広次オーナーと同じく新潟馬主協会にも所属している(※1)。すなわち、色んな場所×3で公開しているO・S馬は福島開催をパスして、春の新潟で現級勝ちしたオーナー地元開催(←便宜上の表現方法)の牝馬限定ダ1200Mに出走だ。ご当地概念抜きにして(オイっ!!)勝負がかりには違いないし、前走と同じだけ走れば勝ち負け必至だろう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する