W情報

函館5R・6R・7R・8R・9R・10R・12R



『儲けの次元が違う』
~特別投資開催始まる~
勝ち組になるために!
『必ずご確認下さい』
≫只今コチラで公開中≪




5R
2歳新馬 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
鮫島 厩舎
5枠7番
レークサイド


先週新馬勝ちし、『連闘で函館2歳Sに』という話もあった同厩のジゴロよりも評価が高いとの事(ジゴロは骨瘤が出たので無理せず放牧)。実はこんな話があった。2週前くらいに本馬場で追った時に、2歳馬がズラっと6頭並びくらいになってしまった。その中の1頭がこのレークサイド。芝コースは渋滞する時間帯に度々見られる光景だが、岩田が乗ったスズカカナロア(新馬勝ちして、函館2歳Sに出走)もその中にいたのだ。その時に岩田が、スズカではなく、「三津谷騎手が乗っていたこの馬に乗りたい」と言うほどに動きが目立っていたとの事。「いかにも新馬向きで動けそうなので楽しみです」と期待は大きい。





6R
3歳上500万下牝 ダ1000m


事前情報ランクM



期待値65%
寺島 厩舎
3枠3番
ウイナーズロード


この函館の水が合うので、『今年もどうしても函館を使ってほしい』というオーナーの意向で急遽入厩した前走。「函館に来てから日が浅いし、牧場でもそれほどやっていませんが…」という話もあったが、キッチリと2着して適性の高さを示した。「前の岩元厩舎の時に函館で走った理由が何となく分かりました。叩いた今回の方がずっと良いし、砂を被らない様に流れに乗れれば勝ち負け」と一転して今回は強気。




期待値65%
角田 厩舎
7枠9番
キョウワヒラリー


久々の前走、中京戦を使い中2週で函館に移動しての出走とハードなローテだが、函館といえば未勝利を勝ち上がった相性の良いコース。「入厩して乗った感じからは疲れは感じませんでした。落ち着きがあって雰囲気は悪くないし、前走から着けたブリンカーの効果もあります。揉まれないでスンナリ先行できればチャンスでしょう」と厩舎サイド。





7R
3歳上500万下 ダ1700m


事前情報ランクC



期待値65%
西園 厩舎
4枠6番
フィールドステイ


降級するその前に何とか勝ちたかった前走だが、不利もあり3着とまたも善戦止まりだった。その後は一息入れて、中京の1400m戦での復帰を予定していたが、入らずに函館に入厩した。「前走は不利があり、もったいない競馬でした。環境にも慣れてデキは良いし、1700mの方が前々でスムーズな競馬ができそうなので、却って良かったかもしれません」と陣営。鞍上に岩田騎手を確保して、ヤリのムードが漂っている。





8R
3歳上500万下 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
藤沢和 厩舎
3枠3番
レッドオールデン


本命推奨した前走の恵山特別で2着惜敗だが、勝ったホリデーモードが逃げる展開がズバリと嵌り、3連単2万3080円・3連複1950円・馬連完全3点で1210円の的中をお届けできた。稽古でそう目立つ動きをするタイプではないが、ここ2戦が示す通り、確実に力を付けて成長の跡が伺える。「前走は展開のアヤもありました、引き続きデキは良いので、今回は自信を持って送り出します」と強気になった関係者。





9R
3歳上500万下 ダ1700m


事前情報ランクM



期待値65%
藤岡健 厩舎
1枠1番
メンターモード


降級2戦目、ダート替わりも吉と出て前走が4着と好走。「勝負所でモタつく分、最後甘くなりますが、リズム良く運べば、ここでは力は上位でしょう。メンバーは前走よりも多少ラクになってる気がするし、コースも2回目になるので、前進はあると思います」と厩舎サイド。担当はこの厩舎で一番の腕利きで、ココは決めて札幌に行きたいとの事だった。





10R 松前特別
3歳上1600万下 芝1200m


事前情報ランクB



期待値70%
藤沢和 厩舎
3枠3番
レイエンダ


骨折明けで新馬戦以来となった夏木立賞、『今週の東京、間違いなくこの馬が一番の鉄板馬』との情報をお伝えして、本命推奨して的中をお届けした1頭。その後はひと息入れて、牧場から直接函館に入り、最終週のココを目標に調整。「乗り込んで体はできているし、ケアも万全にできました。前走は久々の上に鼻革が外れて集中力を殺がれる状況でしたが、それでも力が違いました。当然、ここも通過点だと思うので、スムーズにクリアしてもらいたいですね」と陣営。




12R 潮騒特別
3歳上1000万下 芝1200m


事前情報ランクC



期待値65%
沖 厩舎
6枠12番
アリア


昨年、この函館で新馬を勝ち、その後の函館2歳Sでも3着と好走。その後は重賞戦線を意識して、距離を延ばして1400mで勝利。距離がどうかと思われた前走のアーリントンCでも勝ち馬から0.7秒なら健闘の部類だろう。その後はひと息入れてリフレッシュ。「休み明けでも稽古の動きは軽快で仕上がりは良いです。この洋芝に適性が高いし、ハンデ51キロなら一発の魅力は十分。これまで戦ってきたメンバーがちょっと違いでしょう」と厩舎は強気だった。



期待値65%
森田 厩舎
3枠6番
ラブローレル


連闘で臨んだ前走、内枠から好スタートを切り、絶好位につけて、抜け出して後続を封印する正攻法の競馬で勝利。「連闘した疲れはないし、調教でズシっと沈む動きになってきて、調子はとても良いです。昇級になりますが、スピード負けしないし、ハンデ52キロならば、4枠より内の枠でロスなく立ち回れれば、ここもチャンスはありそうですよ」と陣営。希望通りの内枠を引いて色気ありの様子だった。





『儲けの次元が違う』
~特別投資開催始まる~
勝ち組になるために!
『必ずご確認下さい』
≫只今コチラで公開中≪



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する