プロキオンステークス

中京11R プロキオンステークス
有力馬事前情報 事前情報ランク【M】

中京競馬場4日目11R
第23回
プロキオンS
ダ 1400m/GⅢ/3歳上/国際/別定


【事前情報ランクM】


阪神から中京に移動してきたのが2012年。直線が長くて坂があるということで、中京は東京と類似しているようにも見えるが、コーナー自体は小回りなので器用さも要求される。この独特のコース形態が、リピーターレースとなっている理由のひとつだろう。今年は、前年の1、3着馬が出走してきたが、メンバーレベル自体が上がっており、レース的にも馬券妙味的にも非常に面白い一戦になった。







2枠2番
ドリームキラリ
牡6/56.0kg 
デムーロ/矢作芳人
騎手厩舎連対率:28.6%
中京ダ:0-0-1-1 
ダ1400m:1-0-1-2 
最高タイム:1.23.6
《期待値60%》

逃げられれば強烈な二枚腰を発揮するタイプ。今回も戦法は行くだけだが、「デキはキープしているけど、鞍上がね。ミルコがしごきまくってハナ、という画が想像できないんだよ」とのこと。確かに、“逃げ”のイメージは全くないジョッキー。当初はミルコか松若の2択で陣営はこちらを選択したようだが、担当者も「絶対松若だったでしょ!1度乗っているし」と話していた。ミルコでハナを奪うかどうか。





3枠3番
ウインムート
牡5/56.0kg 
和田竜二/加用正
騎手厩舎連対率:-
中京ダ:1-0-0-0 
ダ1400m:4-0-1-3 
最高タイム:1.22.7
《期待値65%》

前回は状態が良くなったのもあるけど58キロを背負って、速めのペースを押し切ったのは評価できる。今回は同型が多いが、「逃げにこだわらなくても結果を出せるようになっているので、モマれずに競馬さえできればチャンスはある。56キロになるのもいい」と陣営。相手は強化されるが、左回りの1400mはベストの条件。自分の形に持ち込めばそう簡単には崩れないだろう。



4枠5番
ルグランフリソン
牡5/56.0kg 
福永祐一/中竹和也
騎手厩舎連対率:18.8%
中京ダ:未経験 
ダ1400m:1-1-0-3 
最高タイム:1.22.8
《期待値60%》

前走は4着に終わったが、「内で揉まれてしまったのも痛かったけど、それよりもデキが本物ではなかった」ようだ。どういうことかというと、「(地方交流戦の)さきたま杯(5/30)を予定していたけど、直前に出走できないと分かって、急遽使うことになった。だから、1本追い切りが足りない状態だった」とのこと。その後は放牧へ出し「フックラした体で帰ってきたし、前走とは比べものにならない」と、今回は変わり身はありそうだ。






4枠6番
インカンテーション
牡8/57.0kg 
三浦皇成/羽月友彦
騎手厩舎連対率:28.6%
中京ダ:2-0-2-3 
ダ1400m:未経験 
《期待値65%》

前走のかしわ記念では惜しくも③着。中間は放牧を挟んで帝王賞には向かわず、このレースに狙いを定めて調整されてきた。「地方の馬場が合わないこともあるけど、あのメンバーに入ると距離も少し長いのでここへ。別定戦で57キロで戦えるのは大きいし、マイルであれだけ楽に行けたから1400mでも対応できるはず。仕上がりも申し分ないので今後のためにもここは結果を出しておきたいところ」と陣営はかなり力が入っていた。





5枠7番
キングズガード
牡7/57.0kg 
藤岡佑介/寺島良
騎手厩舎連対率:14.3%
中京ダ:1-1-2-1 
ダ1400m:8-9-5-3 
最高タイム:1.22.2
《期待値65%》

「調教パートナーのテルペリオンが稽古駆けするから見た目は良くないけど、この馬の時計では走っている。状態が悪いことはないし、交流を使ってココは予定通り。同じ左回りでも東京と違って中京だと手前の替え方が上手。あとは展開次第だが、今回は行きたい馬が揃っているのもいい」と陣営。今後のためにもここで賞金を加算しておきたい。



6枠9番
エイシンヴァラー
牡7/57.0kg 
下原理/新子雅司
騎手厩舎連対率:-
中京ダ:1-0-0-0 
ダ1400m:3-1-0-6 
最高タイム:1.23.5
《期待値60%》

「今回は前日に輸送する。実は2月に高知へ当日輸送した時はヤル気を失ってしょうがなかった。それ以降は絶対に前日輸送をするようにしていて、そこから黒船賞1着、かきつばた記念4着と結果も出ている。今回もノーチャンスの馬ではない」と陣営は一角崩しに色気アリ。





8枠13番
マテラスカイ
牡4/56.0kg 
武豊/森秀行
騎手厩舎連対率:40.0%
中京ダ:0-1-0-0 
ダ1400m:0-2-0-3 
最高タイム:1.24.0
《期待値60%》

「中1週だけど体調はかなり良いみたい。この枠とこの距離でどう乗るのかが課題だけど、出たなりで内を見ながら判断していくことになるんじゃないかな。1200の馬なのは確かだからあまり大きなことは言えないけど、本当に今は状態がいいのでそれなりに戦えると思ってるんだ」と厩舎サイドはデキの良さを強調。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する