W情報

東京5R・6R・7R・8R・9R
今日は東京競馬場で観戦です。
雨だけが心配です。
東京5R・6R・7R・8R・9R



『どこよりも早く!』
先乗りの函館滞在筋から
送られてきた衝撃スクープ!!
例えば函館初日の※Rには…
≫≫コチラで無料公開中≪≪




5R
2歳新馬 芝1800m


事前情報ランクC



期待値65%
古賀慎 厩舎
3枠6番
アガラス


「大型馬だけど手先が器用なタイプで、フットワークも良い。初戦からやれそうなタイプだよ」と、厩舎での評判が良い古賀慎明厩舎アガラス。1週前追い切りの後に古賀慎明師が「今日の動きを見て走ると確信した」とオーナーサイドに自信を語っていたそうで、どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみな1頭。




期待値65%
橋口 厩舎
4枠7番
ダノンシティ


関西馬ダノンシティは関係者の手応えが良好。橋口慎介師が「折り合いが付くし、追ってからの伸びがすごく良いので東京に連れて行く」と遠征デビューの意図を語れば、1週前追い切りに乗った武豊騎手も「すごい、良い動き。走りそう」と好感触。「跳びが綺麗なので今週のような馬場では動けなかった。何としても良馬場でやりたい」とのことで当日の天候は一つのカギになってくるが、能力を秘めていることは確か。





6R
3歳未勝利 ダ2100m


事前情報ランクM



期待値60%
鹿戸 厩舎
4枠8番
ウインドトレイル


骨折明けで半年振りの復帰戦という鹿戸雄一厩舎ウインドトレイルだが、「程度としては骨膜が剥がれた程度の軽症。牧場から戻ってきた時の雰囲気が良かったし、意識的に乗り込んでキッチリ仕上がっている」と陣営のトーンが高い。ダートは休養を挟んで2度目だが、前走で乗った横山典弘騎手が「ダートならすぐに勝てる」と話していたとのこと。一発がありそうな雰囲気が漂っている。




期待値60%
尾形和 厩舎
5枠9番
サノサン


「以前からダート向きという話はあった。大きく変わるなら今回じゃないか」という尾形和幸厩舎サノサンの反攻に期待。近走は折り合いの不安やローテのチグハグさが影響して成績を落としていたが、元々は芝の強い相手に善戦していた実力馬で、今回は「不安なく出走まで漕ぎ着けられた」とのこと。アッサリと巻き返してきて不思議ではない。





7R
3歳上500万下 ダ1400m


事前情報ランクC



期待値65%
藤沢和 厩舎
4枠7番
ストロボスコープ


先週はグランアレグリアの圧巻の新馬勝ちや、土曜最終、木幡育也騎手の手綱によるアルトリウスの勝利、安田記念のサトノアレスの惜しい4着などがあった藤沢和雄厩舎。今週使うのはこのレースのストロボスコープだけで、関係者によると「北海道に馬や人が動いてちょっと慌しかったからね。でも来週は結構いるよ」との話だった。藤沢和雄厩舎と言えば、夏場は北海道開催での大攻勢がお馴染み。来週以降が楽しみだ。ストロボスコープについては、「スピードがあるので距離短縮は歓迎。叩いて降級のココは狙っていたからね」とのこと。順当に勝ち負け。




期待値65%
小笠 厩舎
4枠7番
ペイシャエヴァー


3走前の東京で500万を勝ち上がった時に本命公開し、的中馬券をお届けしている小笠倫弘厩舎ペイシャエヴァー。そこから1000万でも崩れず走り、今回は「降級のこのレースまで待っていました」という待望の一戦になる。関西遠征かつ右回りの天王寺特別でも6着にまとめたのが地力強化の証で、2勝を挙げている東京コースで降級戦となれば文句無しの主役。





8R
3歳上500万下 芝1800m


事前情報ランクM



期待値65%
武藤 厩舎
3枠3番
ノーブルバルカン


3歳馬同士の500万ではワンパンチ足りない競馬が続いたが、今回は再び減量の武藤雅騎手を起用する点と、初ブリンカーが成績を上げる契機となりそうだ。「左回りの方が走りがスムーズだし、これくらいの距離なら崩れない。古馬相手にはなるけど、今まで戦ってきた相手も弱くはないしココは通用すると思います」と、関係者も今回は良いムード。




期待値65%
宗像 厩舎
7枠9番
ヒドゥンパラメータ


「こんなメンバーなら1週延ばして正解だった」とは、ヒドゥンパラメータの宗像義忠厩舎の関係者。レース後の状態がなかなか上向かず先週の出走予定を延ばすことになったが、このレースは降級馬が1頭もおらず、前走で3着内に入ったのもこの馬だけというメンバー構成。「デキに関しては本当に良かった前走には及びませんが、溜める競馬が板に付いてきたし東京は合うと思います」と陣営は勝ち負けに意欲を見せている。





9R 小金井特別
3歳上1000万下 ダ1400m


事前情報ランクC



期待値65%
国枝 厩舎
8枠16番
アンティノウス


前走は同条件の1000万を楽勝した国枝栄厩舎アンティノウス。降級して再びクラスも距離も鞍上も同じレースとなれば、連勝を期待していいところだろう。レース後の話は「まだ余裕があったし、1400mでリラックスしながら走れた。上のクラスでも通用する」というもので、この相手なら。ちなみに、この中間に弟のコズミックフォースがダービー3着馬に。路線は違うが兄もこの辺りでは止まっていられない。





『どこよりも早く!』
先乗りの函館滞在筋から
送られてきた衝撃スクープ!!
例えば函館3日目の※Rには…
≫≫コチラで無料公開中≪≪




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する