W情報

今日は東京競馬場でライブ競馬です。
京都7R・8R・9R・10R・12R


7R
4歳上500万下 ダ1900m


事前情報ランクM



期待値65%
藤原英 厩舎
3枠4番
フランドル


去勢の効果でだいぶ精神的に常識に掛かってきたところはあるが、「使い込むと馬がヤメるクセがある」と、やはり使い込むより久々の方が良いタイプ。それだけに、年明け以来の一戦となる今回が値打ちと見る者は少なくない。中間の追い切りもシッカリ積んでおり、ジョッキー騎乗の最終追い切りも相手に遅れたとはいえ、動きは目立つものだった。
「まだ毛ヅヤに物足りなさが残る」と、一部スタッフから慎重な話も出ているだけに、全幅の信頼は置きづらいが、相手関係に恵まれたココ、もういい加減に500万は何とかしておきたいところ。「今の岩田なら動かすやろ」と、絶好調ジョッキーの腕に寄せる期待も大きいようだ。




期待値60%
吉村 厩舎
4枠7番
モンドバーグ


2週前に出走予定だったところ、トモに疲れが出てしまい一旦、予定は白紙に戻された。しかし、幸いなことにその後の過程は順調に来ており、「このまま出走できるでしょう」と、放牧に出さず厩舎で調整、状態が整ったということでココ出走が決まったという経緯がある。
まだ全体的に緩さは残っており、本当に良くなるのはもう少し先のことになりそうだが、「素質は間違いない。中央の500万でも好勝負になる」と、厩舎サイドは色気がある様子。南関で乗ったジョッキーも口を揃えて「地方競馬ではモノが違う。将来性が凄い」と絶賛したほどの素材。一発目からはどうかも、2~3戦は注目しておきたい存在。





8R
4歳上500万下 ダ1200m


事前情報ランクC



期待値65%
渡辺薫 厩舎
5枠10番
タテヤマ


坂のある阪神がベターではあるが、前走は新厩舎がそれを意識するがあまり焦って使ってしまったという裏話。「得意の舞台に間に合わせようと、1本足りない状態で使ってしまった」と、担当も悔しがる中途半端な状態。引退間際の柴田光厩舎にあって多少無理使いされたことも影響しており、それで2着ならもう現級最上位の能力は明らかと考えていい。
その前走より順調度で勝る今回は、当然、デキも前走以上。「この馬を手の内に入れている松山が続けて乗れるのも大きい」と、待望の2勝目に意気上がる陣営。




期待値65%
武幸 厩舎
6枠12番
ワイルドフォックス


抜群のスタートダッシュを決めながら、外から来た馬に譲るように控えてしまった前走について、関係者からは「あまりに消極的。突っ張っていればどうなったか」と、水口を責める話も出たそうだ。結果的に、強い勝ち馬がハナを切って後続を突き離した競馬。それを2番手で追い駆ける形はあまりに厳しいものである、ラストで差し馬に捕まってしまったのも仕方ない。
むしろ、あの敗戦で評価が落ちるようなら好都合。微妙な間隔が開いていた前走を叩き、デキも今回の方が数段イイ。今度は押し切りまである。





9R 鴨川特別
4歳上1000万下 芝2000m内


事前情報ランクM



期待値65%
鮫島 厩舎
3枠3番
ハギノアレス


3番人気ながら、「水曜想定で東京を使えると分かって大ラッキー!コレは勝負です」という勝負話が持ち上がっていた前走。当社でも本命公開から1点目的中をお届けしている。元より、関係者が「能力はオープン級。体がシッカリすれば一気に上までいける」と、高く評価しているこの馬。ミルコもお気に入りの1頭であり、昇級の今回も継続騎乗を二つ返事で受け入れたそうだ。
右回りは内にモタれる面があるため、理想を言えば左回りを使いたかったところだが、「馬場の良い京都は魅力的」と、厩舎サイドはあくまで前向き。抜けた馬もいないこのメンバー構成なら、連勝の可能性十分。先述の通り、まだまだ上のクラスでの活躍が見込まれている逸材、4歳馬ながら降級待ちのムードは一切ない。





10R パールS
4歳上1600万下牝 芝1800m外


事前情報ランクM



期待値65%
岡田 厩舎
5枠5番
テーオービクトリー


この馬に関しては、何よりミルコへの乗り替わりが大きい。そもそも、イメージ以上に脚の使いどころが難しい馬で、先約の関係でミルコが乗れず、松山のテン乗りとなった前走も、厩舎サイドはしきりに「弘平がどう乗るかだな」と、乗り役の心配をしていたという裏話。道中で多少リキんだ分、終いの伸びを欠く形になったレース後も、「やっぱり。この馬は乗り慣れたジョッキーじゃないと動かない」と、早めに今回はミルコを手配したそうだ。
そのミルコも、これはお気に入りの馬。結果的に先約だったメイズオブオナーを駆ってこの馬を破った形も、実は戦前の段階では「ミルコは本音ではこの馬に乗りたがっていました」という裏話があった。それだけに、戻ってきた手綱に期するものがある様子。本気乗りが見られることだろう。




期待値65%
鮫島 厩舎
8枠8番
カリビアンゴールド


小島太厩舎からの転厩緒戦となった前走。稽古に乗った川田も「乗り味はオープン級」としながら、「トビが大きくて少しワンペース。道悪もどうだろう」と半信半疑だったという裏話。それを考えれば4着でも上出来というもの。「これから良くなる一方の馬。それを考えれば収穫がありました」と、レース後の川田も一定以上の評価をしていたという。転厩2戦目は同時に長欠明け2戦目。この中間も型通りに上昇カーブを描いており、何より、良馬場でやれそうという点は大きい。かつてはGⅠでもイイ話が持ち上がったほどの馬。牝馬限定の自己条件なら前進あるのみだろう。





12R
4歳上1000万下 ダ1800m


事前情報ランクM



期待値65%
安田隆 厩舎
1枠1番
タイユール


前走後、ミルコは「次も乗りたい」と志願したそうだ。その前走といえば、水曜想定段階でたまたま体が空いていたから乗っただけという裏事情。ほとんど気がなかったらしい。そんな中でキッチリ2着、その着順のみならずレース振りにかなり進境を感じたという話。「これなら勝てる」と、冒頭の言葉に繋がったようだ。引き続き状態は安定しており、タイプ的に京都コースも合う。「稀に気の悪さを出す馬ですが、ミルコは手の内に入れていますからね。勝ち負けです」と、コレは厩舎サイドも星勘定しているそうだ。




期待値65%
五十嵐 厩舎
4枠7番
テイエムチューハイ


九州産ながら、一般馬相手でも差のない競馬を続けており、その能力は確かなものがある。休み明けの前走は、厩舎にとっては叩き台の意識が強かった一戦。加えて、かつてミルコも手こずったくらいの難しい馬であり、アンちゃんを乗せている時点で勝負度合いは低かった。その前走を叩いて型通りの良化を見せているこの中間。鞍上にも勝手知ったる国分恭を手配してきた。「ココでも十分ヤレる馬」と、話も前走とは違い一気に前向きなものになっており、ココは馬券圏内以上の走りまで視野に入る鞍。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する